PDCA

PDCAサイクルを回す前に考えるべきこと

PDCAが、Plan(計画)→Do(実行)→Check(振り返り)→Action(改善)

だということぐらいは、社会人でなくても誰もが知っていることと思います。

また、「PDCAとは?」と聞かれても、大抵の人が答えられると思います。聞けば簡単そうですけど、実際やってみるとできない…。

できないというより、
途中で諦める…
途中で忘れる…
途中で放置される…(←このパターンが多いかもしれません)

 「なぜか?」と問われると、
・成果が見えにくいから…
・可視化するのが大変な労力だから…
・いつもPDCAを考えている余裕なんてない…
 などと理由はたくさんでてくると思います。

実際にやってみて、効果が見えにくいものや効果の表れるのが先になるものは、実感がわかずモチベーションが低下し、PDCAサイクルを維持していくのが難しくなってくるものです。

例題で考える

例題

1
Plan

あなたは、明日、高校生活の初日を迎えます。学校までは、自転車通学。学校までの道のりをよく分っていません。自転車なので、スマホも見られません。そのため、Googleマップを見ながら家から高校までの道順を覚えます。頭に地図を描き、明日の通学経路を想定します。

" 一旦大通りまで出て、あのコンビニを右に曲がって… 大きなスーパーの次の道を右に行って… 15分か… "

⇒ これが、Plan(計画)

2
Do

翌日、計画通り自転車で高校まで向かう。

⇒ これが、Do(実行)

3
Check

学校に到着し、時計を見ると計画通り15分で到着できた。

" でも、あのスーパーの横に脇道があったな…。あそこの道を行けば信号が少ないから、もっと早くに着けるかも " と仮説を立てる。

家に帰ってもう一度詳しく調べてみよう!

⇒ 振り返り、仮説を立てるのが、Check(振り返り)

4
Action

翌日、近道を通って学校へ行く。

⇒ これが、Action(改善)



このような例で、向いている人・向いていない人を考えていきたいと思います。

向いている人

向いている人は、Doと同時にCheckを考えている人です。

例題でいうと、計画通り通学しながらも、周りに目を配り近道を探しているかどうかです。

『もし〇〇ならば、改善できるかも』と仮説を立て、いつも考えているかです。

もし、この道を通れば、近道(改善点)できるかもと、常にアンテナを張って改善点を見つけようとしている感じです。考えながら行動することが大切になってきます。

▼ 向いていない

(1) Dの実行が終えて、15分で満足してしまう人
計画通りにいったからそこで終わりでは、C・Aには辿り着けません。P・D(現状)で満足している人は、C・A(一つ上のステップ)が見えてこないので向いていません。

他にも、リスクを恐れる人、指示された通りにだけやる人には不向きかもしれません。


(2)Cの段階で、振り返りや仮説を立てることを疎かにしている人

P→D→P→D→P→Dをひたすら繰り返し、ふとした時にCに気づく人(改善意識が低い)

PDを繰り返して、その実体験の積み重ねでしか、Cができない人(仮説構築力が弱い)

考えながら行動する

考えながら行動するのは、PDCAでなくとも大事なことです。

PDCAはフレームワークの一つにすぎません。PDCA以外にも、ジャンルの垣根を取り除けば、フレームワークは使い切れないくらいあります。

向いている人・向いてない人は、出来る人・出来ない人ではなくて、
自分にあったフレームワークに、出会えたか、出会えていないかの違いだけです。

PDCAは、組織やチーム単位で回すことが多いですが、皆が納得感を持っていないと、途中で必ず挫折してしまいます。

PDCAの目的を「改善」とするなら「改善」を目的とするフレームワークは、他にもたくさんあります。

" PDCAを回せない… " と困ってしまう前に、PDCA自体が、自分の所属する組織やチームに合っているかどうかを再考してみる必要があります。