ホームページアドレス

ホームページアドレスとメールアドレス、間違うと怖いのは…

下の体裁は、カタログや雑誌などでよく見られるものです。
メールの署名欄でしたら、こちらに部署名や役職、氏名が入ってくると思います。

------------------------------------------------
株式会社 校正視点
〒123-4567 東京都新宿区〇〇〇-1-2-3
https://kousei.club
Mail:kousei@shiten.com
Tel:03-3333-〇〇〇〇
------------------------------------------------

これらの情報は、全てが重要項目で、どれも間違えれば致命的なものですが、今回は、その中でも「ホームページアドレス」と「メールアドレス」に絞って考えてみます。

この二つはいつも仲良くセットで掲載されていることが多く、雑誌やカタログなどでもよく見かけます。

間違った場合、どっちが怖いか…

もちろん、どちらも間違えないことが前提ですが、大きなクレームになる可能性があるのは、もちろん…。

ホームページアドレス

ホームページアドレスは、クライアントから支給される原稿をもとに作成することがあります。また、実際にその会社のホームページを開いて、アドレスをコピペして作成することもあったりします。

頻度は少ないですが、手入力でホームページアドレスを打ち込み作成することもあります。

アドレス内には、企業名などが英語で表記されていることが多いです。

このブログのアドレス、https://kousei.clubで例えると、ヘボン式で表記するなら、このブログのアドレスは「u」を入れず「kosei」となりますが、諸事情で「kousei」としております。

ですが「kosei」でも「kousei」でも、どちらの表記もよく見られるパターンで、特に表記ルールが無ければ違和感を抱く人も少ないかと思います。

そのせいもあり、アルファベットを打ち間違えたり、ハイフンが入っていたり(原因は後述)することがあります。

ですが、クレームにはなっておらず、そのまま誰も気づかずスルーされていることがあります。

恐らく、この原因は、ホームページアドレスを直接入力する人が少ないために、間違いが発覚することがないのでしょう。

ご自身の体験に置き換えてみてください。
雑誌やカタログを見ていて、もっと知りたいと思った企業や店の検索をするとき、ホームページアドレスが載っていても、googleやyahooで「企業名」や「店名」を入力して検索することが多いのではないでしょうか?

グルメ雑誌なら『店名』と『地域』などで絞れば、大抵は上位に出てきます。わざわざ、ホームページアドレスを入力して検索するのは手間がかかります。

そのため、間違って掲載されているホームページアドレスを何度か見つけたこともありますが、間違っていてクレームになったという事例は、過去に自分の周りでは聞いたことがありません。

また、ホームページアドレスは、スマホだと直接入力が面倒なため、QRコードが添えられていることも多いです。それも、間違いに気づきにくい原因になっていると思われます。

ホームページアドレスにハイフンが入る訳

英語には、単語をハイフンで繋ぐ複合語があります。

例えば、
editor-in-chief(編集主任)
のようなものです。

これはこれで問題ないのですが、「複合語のハイフン」と「自動ハイフネーションのハイフン」が、混同されているケースがあります。

自動ハイフネーションは、Wordのような文章ソフトに備わっている機能です。

これは、行末の単語が長すぎて区切りが悪くなり、行末がガタついて見えるのを防ぐために、一つの単語を分け、その間をハイフンで自動で繋いでくれるというものです。

例えば、
atmosphere という単語が行末に来て、行末が揃わなくなった場合には、
-------------------
atmosp-
here
-------------------
というように自動で見栄えがいいようにハイフンを入れて改行してくれます。ちなみに、任意の設定もできます。

ただ、行末にホームページアドレスが来た場合は注意が必要です。

https://kousei.clubは、下のようになります。
-------------------
https://kous-
ei.club
-------------------

これだと、読者がホームページアドレスを直接入力する場合、ホームページアドレスの一部と誤解させてしまいます。

自動ハイフネーションのハイフンだと気づける方は、まずいないでしょう。

このような場合は、自動ハイフネーションでなく、任意設定にして、ハイフンを入れない方が、読者に誤解を与えません。

メールアドレス

これもホームページアドレスと同様に、作成する際はクライアントから支給される原稿を使います。

会社の代表のメールアドレスでしたら、実際にその会社のホームページを開いて、会社概要などのページからメールアドレスをコピペして作成することもあります。

上記で述べた理由で、ホームページアドレスの場合は、直接入力する人が少なく、間違っていても別の検索方法があります。

ですが、メールアドレスは直接入力する方が多いです。

kousei@shiten.com」が「kosei@shiten.com」と間違っていれば、もちろん届きません。
まだ、届かないのは不幸中の幸い。
エラーで返ってくるから間違いに気づきます。

最悪は、間違ったアドレスが誰かに届いてしまった場合。
これは大問題です。

送ってしまった相手に個人情報を知られる可能性もありますし、コンポライアンス的にも問題です。

おわりに

セットのようにいつも扱われる「ホームページアドレス」と「メールアドレス」ですが、少しでも間違うと大きな損害をもたらすのはメールアドレスです。反面、ホームページアドレスのミスは見つかりづらく、間違ったままずっと掲載されているものもよく見ます。

両方のクレームになる可能性は違いますが、両方とも重要項目にあたるため、ダブルチェックは必須といえるでしょう。