これからの校正事情と勝ち残るための能力

これからの校正事情と勝ち残るための能力

1:校正を取り巻く環境

これからの校正を考えるにあたって、これまで校正が主戦場としてきた地盤である印刷産業の『出荷額・事業所数・従業員数推移』が2019年8月に発表されています。


【出典:一般社団法人 日本印刷産業連合会『印刷市場の動向』


印刷業界全体としては、下げ止まりの傾向が見られますが依然と右肩下がりにあると言えます。校正という職種も印刷業界に括られることが多く、その枠で見ると校正職も印刷業界と同様右肩下がりにあると考えられます。

また、印刷業界だけでなく、さらにその上位を取り巻く環境を考えると、日本経済自体が少子化や労働人口不足に直面するも、何も対処できずにいるという現状を念頭に入れて置かなくてはいけません。

少子化は、労働人口不足ばかりか購買層の縮小を招きます。高齢化による医療費問題なども加わり、経済成長を著しく低下させます。

現在行われている働き方改革の目的である「一億総活躍社会」に対しても、問題はもう目の前に来ているのに目を背けている状態に近いです。


より

2:転職サイトから校正の需要を知る

現在は、バブル期並みの求人で売り手市場だと言われています。大手転職サイトのトップ10に入る3つのサイトで校正の求人状況を検索してみました。

3つのサイトのうち2つのサイトはクリエイティブ系に強いといわれる転職サイトです。
調べた月は12月上旬で首都圏のみ(※12月は賞与月であるため、比較的求人が多くなる時期です)


・校正校閲の正社員(実務のみ)…2件
・編集と校正、ライターと校正など、校正が付属的な職としての求人…6件
・契約社員や紹介予定派遣(実務のみ)…9件
・派遣社員やアルバイト(短期・長期含め)…未計測

労働不足といわれる中でも、校正の実務のみの正社員の募集は多いとはいえない状況です。その反面、フリーランスの校正者の募集は多く見られます。

校正は非常に重要な仕事ですが、経営は数字で判断されます。利益を生み出しにくい、採算性が見合わないものは合理化の対象とされます。非生産的で価値を測りづらい校正が、外部委託に切り替えられても何ら不思議ではありません。

大切な職業だからといって、民間企業においては保護されるということは考えづらい状況にあります。

3:様々な要因

品質よりもスピードが要求される時代

大手サイトのニュース記事でも頻繁に誤字脱字が見られます。改善の傾向が窺えないのは、品質よりも記事を掲載するスピードに重きを置いているからでしょう。

例えば、記事内に「でkました。」という間違いが見られることもあり、校正どころか書いた本人すら見直しているかどうか疑うレベルです。

製造現場などの品質検査では、100%の完璧さを求めていたら相当な時間とコストがかかります。そのため、ある程度の許容範囲を持たせて品質検査を行います。

それと同様、ニュース記事でも、ある程度の品質は犠牲にして致命的な間違いさえなければ、多少の間違いには目を瞑ってスピードを優先させるというのも必然かもしれません。

時間が掛かれば、それだけ検索結果にも影響してきます。質よりスピードが優先されるのも当然かもしれません。



誤字に対する耐性

SNSなどのコミュニケーションツールでは、誤字脱字が散見されます。ビジネスでも私的な場面でもです。
スピードを要求されるものでは、多少間違いがあってもわざわざ指摘する人は、ごくわずかでしょう。社内のメール、知人からのLINEで誤字があっても、文意が伝われば流す人は多いはずです。これは、情報過多で、一つ一つの情報を精査できなくなっているのが原因の一つかもしれません。



文字を使わなくても伝達できる技術(3Dや動画)の普及

プレゼン資料や提案書などでは、このパターンが多いです。紙で印刷された資料を持ち歩くのではなく、iPad一つで、今では提案以上のことができます。

また、コミュニケーションの手段として、わかりやすく伝えることが重要視されるので、グラフや画像が多用されることも多く、その分文章が削ぎ落され、校正する部分も少なくなってきています。



紙からWebへのシフト

これが一番の要因ですが、電通公表による2018年の日本の広告費からも、この傾向が窺えます。

「新聞広告費」(前年比92.9%)
「雑誌広告費」(前年比91.0%)
「インターネット広告費」(前年比116.5%)

【出典:電通_2018年 日本の広告費:2018年(平成30年)の広告費の特徴から一部抜粋】

5年後10年後というスパンで考えたら、これから校正を始める人に『紙の校正だけに専念しておけばいい』と言える人はいないでしょう。

だからといって、悲観することはなく、こと校正者に関しては、そのスキルが流用できる場面は多いです。紙であろうが、Webであろうが、正しい情報を正確に伝えることに変わりないので主戦場を移せばいいだけです。

4:勝ち残るための術

Web校正

Web校正に関しては今後も需要が見込めるため、紙媒体だけに特化している校正者は、一度はWebの校正を経験しておくべきしょう。紙にないWeb独特のルールがあります。

例えば、基本中の基本ですが「パンくずリスト」というものがあります。下の画像のオレンジの矢印部分です。
赤と青の丸で繋いでいるところが連動する箇所です。

そのため、見出しが変更されると、パンくずリストも変更される必要があります。紙媒体で例えるなら、本文中の見出しが変更されると巻頭の目次も変更するといった感じです。

パンくず
その他にも、「サイトマップ」や「内部リンク」、「階層構造」という知識も必要になってきます。あくまで、考え方だけですので特殊な技術は必要としません。



SNSへの対応

SNSでのマーケティングも活発です。情報の正確性を担保するためにも校正は必要になっています。例えば、Twitterなら、文字数制限やハッシュタグを複数入れる場合はスペースでつなぐ(#校正 #校閲)という基本的な知識も必要です。



+αのスキル

今後、WordやExcelなどの最低限のPCスキルは必須といえます。文章を入力する、表計算ができるということでなく、それらで「何ができるのか?」を知っておく必要があります。文字情報が、紙(ゲラ)に落とし込まれる前に、ミスを食い止めることができます。

校正を紙だけでするという考え方は、もう時代遅れです。紙のほうがメリットとなることもありますが、校正ゲラとデータの両方を駆使して、校正のバランスを取っていく必要があります。

『校正に回す 校正が間違いを見つける オペレータが修正する 校正に回す』
というサイクルが、仮に3サイクル発生するなら、+αの知識で2サイクルに減らすことが可能になってきます。


■ これをなぜ校正がやったほうがいいか?

制作工程の上流の品質が上がればあがるほど、校正の負荷は少なくなります。校正の負荷が少なくなるということは、その分、校正の仕事がなくなるといういうことです。

そのため、校正者がその領域を先に押さえておくということです。仮にその領域を、編集やオペレーターがやり出したら、校正の仕事は少なくなるばかりです。



社内営業

もし、複数の部署がある企業で働いていて、部署間の風通しもよく、行動に移せるタイプなら、その企業が傾きさえしなければ仕事に困ることはないです。

校正者の特性を生かせる緻密で集中力を要し、正確性が求められる仕事は社内に山のように転がっているはずです。

ここで取り込む仕事というのは校正者の特性を生かせる仕事です。何でも屋になるということではありません。

おわりに

ニーズはあるけど、それに気づくか気づかないか、気づけてもその時に出来るか出来ないかは大きな分岐点になってきます。情報収集と準備は常にしておく必要があります。

情報収集といっても、セミナーなどに頻繁に行く必要はありません。セミナーのタイトルや講義の内容だけ見れば、どういった内容のものか大体わかります。わからなければ、それを調べればいいだけです。

これからは校正に限らず、どんな職種でも常にアンテナを張って準備しておかないと厳しい状況と言えます。逆に言えば、常にアンテナを張って準備している人が勝ち残っていくということです。