エクセル原稿の校正

編集・進行・校正で役立つエクセル原稿を効率化する小ネタ

ここで紹介するものは、普段のお仕事で原稿をエクセルで支給される、もしくは原稿をエクセルで作るという方に向けての小ネタです。

業務効率化するのに、高度な関数を覚える必要はありません。簡単な関数や演算子を覚えるだけで十分可能です。

簡単な関数や演算子でも、それらを組み合わせることで出来ることはたくさんあります。

重要なことは、基礎とその応用だけです。

文字数をカウントしてくれる関数⇒「LEN」

四回目は、文字数をカウントする関数です。
エクセルで文書作成する方には、簡単で便利な関数です。
ちなみに、1つのセルに入力できる文字数は、32,767 文字が限度になります。

1-1. LEN関数を入力します。
・「E4」のセルを選択
・「=」を入力
・「LEN( 」と入力
・「D4」のセルを選択
・「 ) 」と入力
  ⇒数式は「=LEN(D4)」となります。
※上の数式バーにも同じ「=LEN(D4)」が表示されています。
セルを選択してから、この部分に直接数式を入力してもOKです。



1-2.Enterを押します。
    E4のセルに「文字数」が表示されます。



1-3.E4のセルを選択し、下にドラッグすると他の文字数もカウントできます。



1-4.結果です。



1-5.英数字、ピリオド、カンマなどもちゃんとカウントしてくれます。

おわりに

このLEN関数、どのような場面で使うかといえば、文字数順にソートしたりする際や、CSV作成などにあたって、一セルに文字数制限がある場合などに使えます。

なかなか使いどころは難しいかもしれませんが、エクセルで文章を作成していて、「今、何文字かな?」と知りたいときには、すぐ出来ておススメです。

ユーキャンのマイクロソフト オフィス スペシャリスト(MOS)講座

PC