校正・校閲で使えるエクセルスキル:校(くら)べる演算子「=」

編集・進行・校正で役立つエクセル原稿を効率化する小ネタ

ここで紹介するものは、普段のお仕事で原稿をエクセルで支給される、もしくは原稿をエクセルで作るという方に向けての小ネタです。

業務を効率化するのに、高度な関数を覚える必要はありません。簡単な関数や演算子を覚えるだけで十分可能です。

簡単な関数や演算子でも、それらを組み合わせることでできることはたくさんあります。

重要なことは、基礎とその応用だけです。

校(くら)べてくれる演算子「=」

今回は、セルとセルとの比較です。
前回に続いて、すごく簡単です。1分で覚えられます。

「=」は名前の通り、セルとセルがイコール(同じ)かを教えてくれます。

同じ(真)であれば ⇒ 『 TRUE 』が表示されます。
違って(偽)いれば ⇒ 『 FALSE 』が表示されます

注意

「=」は、セル内の文字情報のみを比較してくれます。
なので、色やフォント・級数などの情報は比較してくれません。

1:「=」の使い方(TRUEの場合)

1. TRUE(同じ)の例

C列とD列のアルファベットの比較をしたい場合。

エクセルの比較校正

2.結果を表示したいセルを選択(ここではE4)
(※行番号が見切れてしまっていて、申し訳ありません……)

・「=」を入力
・「C4」のセルを選択
・「=」を入力
・「D4」のセルを選択

→ 数式は「=C4=D4」となります。

エクセルの比較校正

3.数式を入力後は、Enterボタンを押すだけです。

E4のセルに、比較結果が表示されます。
ここでは「TRUE」が表示されたので、セルの情報は同じということになります。

エクセルの比較校正

2:「=」の使い方(FALSEの場合)

1. FALSE(違う)の例
※わかりやすいように、違う箇所に赤色を付けています。

エクセルの比較校正

2. 数式を入力(「1の2」と同様です)

エクセルの比較校正

3.数式を入力後、Enterを押せば比較結果が表示されます。

FALSE」が表示されたので、セルの情報は違うということになります。

エクセルの比較校正

こんなときに便利

文字数が大量にあるときや、行数が多いときなどは、「=」を使ったほうが正確かつ効率化できます。

例えば、次のように、
文字数も行数も多く、目視で確認するのが大変なとき。
※わかりやすいように、違う箇所に色を付けています。

エクセルの比較校正

3:「=」の使い方(応用編)

応用例

例えば、クライアントから同じようなデータが2つ送られてきた場合、
どのセルが違うのかを探るときに便利です。

1.ここでは、演算子の「&」も使って、比較していきたいと思います。
【関連記事】> 結合する演算子⇒「&」

まずは、2つのデータを横に並べます。
便宜上、「旧データ」「新データ」と名付けています。

エクセルの比較校正

2.データが2列にわかれているため、まずは「&」を使って一つに結合します。

エクセルの比較校正

3.下へドラッグした状態です。

エクセルの比較校正

4.同様の手順で、新データも結合してドラッグします。

5.ここで「=」の登場です。

「1の2」の手順を参考に、結合された「F列」と「H列」を比較します。

エクセルの比較校正

6.下へドラッグします。

エクセルの比較校正

7.「FALSE」と表示された行に、旧データと新データとで、情報が違っている箇所があることがわかります。

エクセルの比較校正

おわりに

デメリットとしては、セルの情報が違うのはわかりますが、どの部分までかは特定できないことです。

ただ、違っているということだけでもわかれば、大分効率化できます。

二つのExcelデータを簡単に比較できるソフトに、フリーですが非常に優秀な「WinMerge」というものがあります。操作も簡単ですので、是非お試しください。