校正・校閲の派遣会社

普及し続けるコワーキングスペース

最近では、オフィス街だけでなく、色々な場所に見られるコワーキングスペース。どこもオシャレなスペースで、フリードリンクはもちろん、本格的なコーヒー、中には軽食をサービスしてくれるところもあります。

働き方改革の後押しもあり、最も重宝されているのが、単発利用者向けのドロップインというサービス。

ドロップインは、一時利用のことをいい、数時間単位もしくは一日単位で、コワーキングスペースを利用できるというものです。

席はフリーアドレスなので、自分の気に入った席で仕事が出来るのも魅力の一つです。眺めのいい窓際もあれば、集中したい方向けに個室が用意されているコワーキングスペースも多数あります。

自分の身一つとPCさえあれば、全国どこででも働けるという理想的な環境を生み出しています。

コワーキングスペースの用途は様々

コワーキングスペースには、レンタルオフィスやプライベートスペースなども備えているところもあります。サテライトオフィスやフリーランスの方々のための事務所としてのニーズもあることから、法人登記も可能なところもあります。起業時の事務所設立の初期費用を抑えられるというメリットがあります。

このようなコワーキングスペースは、働き方改革の波に乗り、あちこちで見られるようになりました。企業がひしめく東京だけでなく、他の都道府県にもたくさん展開されています。

利用者層も様々です。在宅ワークの方も家で集中できないというときに、自分の気に入ったコワーキングスペースを利用されたりもします。「ここぞ!」という集中したいときには、もってこいの場所です。

また、コワーキングスペースは、単なる場所を提供しているだけでなく、その場所に集まる様々な業種の方々との横のつながりを生み出す可能性のある場でもあります。それを支援するため、イベントやセミナー、ワークショップも開催されたりもしています。

こういったイベントが開催されているかも、コワーキングスペース選びには欠かせません。

また、色々な業種の方が見られますが、単に黙々とPCに向かって仕事しているばかりではありません。

・英会話やパソコンの個人レッスンでの利用
・打ち合わせ、会議、商談での利用
・数人単位での小さな勉強会
・面接 etc.

利用方法は多種多様です。
休日には、お母さんが子どもに勉強を教えているといった場面に遭遇することもあります。
オフィス街付近のコワーキングスペースでは、打ち合わせで利用されている方が多く見られます。

コワーキングスペースの利用方法

利用するにはまず、電話かHPで初めて利用する旨を伝えることをおススメします。
直接行って申し込むことも可能ですが、場所によっては、受付の方が不在の時間帯があったり、そもそも受付の方がいないというところもあります。

受付の方がいないところは、事前登録が必要になるため、せっかく足を運んでも入れないということもあります。前もって確認しておくことが必要です。

はじめて利用する際は、身分証明書が必要になってきます。これは、長期利用でもドロップイン(一時利用)の場合も同じです。不特定多数の方が出入りするわけですから、その方が安心できます。

利用料金は、一日1,000円というところもあれば、一時間1,000円というところもあり、かなりバラつきがあります。これは、立地条件や利用時間(土日や夜)、設備、サービス内容が異ってくるからです。

設備やサービスが充実していても、自分が必要としないものであれば意味がないため、あらかじめHPで確認しておきましょう。

また、人気のコワーキングスペースや利便性のよいところは、席がほとんど埋まっている場合があります。自分の気に入った席で仕事ができないということもしばしば。あらかじめ、混雑状況を聞いておくことも忘れないようにしましょう。

選ぶ時のポイント

・利用料金
 長期利用だと、料金は多少抑えることができます。

・利用時間
 18時迄など、仕事帰りでは間に合わないところもあります。

・休日利用
 土日祝は、長期利用者向けであったり、休日のところが多めです。

・セキュリティ面

 入退室時のセキュリティカードの有無(※最近ではアプリで入退室管理をしているところも多いです)

・受付担当が常時いるか
 万一の場合に、すぐに相談できる方がいるのは安心です。

・設備
 個室・プロジェクター・プリンター・ディスプレイ・スキャナー・ホワイトボードなどの有無。

・自宅からの距離

・オプションサービス
 フリードリンク
 セミナー・イベント、ワークショップの開催
 本や新聞、雑誌が置いてあるか

利用しないとわからないデメリット

実際に利用してみて初めて気づくことも多くあります。そのため、最低でも3~5カ所のコワーキングスペースを体験利用してみることをおすすめします。

【利用しないと分からないこと】
・椅子が座りにくい
・デスクのスペースが狭い
・打ち合わせが多くてうるさい
・冷暖房がきいていない
・いつも混んでいて、好きな席に座れない
 etc.

これらは、HPで確認するだけではわかりませんので事前に調べておく必要があります。

注意事項

【盗難・事故・情報漏洩】

不特定多数の利用者がいるため、ちょっとした休憩やトイレなどのときにも、自分の貴重品は持って行く必要があります。利用規約にも、そう書かれていることがほとんどです。

利用時に皆が身分証明書を提示しているからといって、万一に備えてのリスクマネジメントはする必要があります。デスクには、ノートPCの盗難防止用ワイヤーを付ける場所もありません。

仕事で利用しているなら、パソコンのメールも個人情報になります。PCの画面が覗かれる可能性もリスクの一つです。

不慮の事故などの場合には、全て自己責任になってきます。誰かとぶつかって、自分のPCが床に落ちて壊れてしまうことも考えられます。

また、会話にも注意が必要です。打ち合わせ利用時もそうですが、電話で話していると、ついつい声が大きくなることがあります。電話の内容が丸聞こえということもあります。仕事に集中していたり、得意先からの電話などでは、そうなりがちです。

今まで、そういう場面には何度も遭遇してきました。

誰でも知っているような大手の貿易会社の方が、〇〇社の〇〇ですがと名乗り、案件や金額のことを話していたり、電話インタビューをしている方が、確認のために相手の住所や名前まで言っていることもあります。

声を抑えているつもりでも、知らず知らずのうちに大きくなってしまうこともありますので、注意しておくべきところです。

コワーキングスペース・オフィス探しなら

全国から、詳細な条件設定で、自分にあったコワーキングを検索できます。

【BIZ comfort】

【公式サイト】BIZcomfort

おわりに

き方改革の目的の一つである働く多様性(人・時間・場所)を、コワーキングスペースが叶えてくれるかもしれません。

選択肢を多く持つことは、ビジネスでは優位に立てる条件の一つです。働く場所の選択肢が増えることで、雇用や業務の改善にもつながり、人と時間の面においても良い影響を与えてくれる可能性は高いです。