企業側から見た校正の派遣会社の選び方と上手くいくコツ

校正の派遣会社の選び方と上手くいくコツ

1.何を基準に派遣会社を選ぶか?

(1) 登録者数

まず基準となるのが、登録者数です。数が多いほど、それだけ優秀な人材とも出会う可能性は高いです。ただ、ここで気を付けたいところが、登録者数は全国の総数で記載されていることが多いですので、募集する地域の登録者数が基準となります。

(2) 登録者の校正経験

登録者の校正経験年数の平均です。校正は他業種に比べ、年齢層が高めです。だからといって、経験年数が豊富とも限りません。遅くに校正を始めた方も多いです。40代で校正初心者ということも珍しくありません。
また、編集者やライターをやっていて、その合間に校正をやっていたという方も、校正者として多く派遣登録されています。そのため、純粋に校正だけをやっていた期間の年数を聞いておくと、おおよそのスキルが判断できます。

(3) 校正の派遣実績

その派遣会社から、これまでどのような会社や媒体への派遣実績があるか?
自社と同様の会社に対して派遣実績があると、ミスマッチの可能性も少なくなります。

※ 時間給
これは、一番大事なことですが、時間給はどこもほぼ似たようなものですので、あまり基準にはなりません。

2.派遣会社との契約は、2社だけで十分

ーなぜ2社か?
派遣社員の方は、複数の派遣会社に登録されていることが多いです。そのため、数多くの派遣会社をあたるよりも2~3社ほど募集をかければ、大抵の仕事を探している校正者の目に留まります。

※何十人という単位で校正者を募集するなら、3社以上でも構いませんが、数人程度の採用を考えているなら、1~2社で十分です。また、2社以上となると管理する側も手一杯になりますので、社に絞って募集をかけた方が効率はいいです。

3.募集後は?

あとは、運に任せるしかありません。何事もタイミングですので、募集後すぐに見つかることもあれば、数カ月経ってもなかなか優秀な人材に出会えないこともあります。

なぜなら、優秀な人材はどこの会社も手放したくはないので、長期雇用に切り替えています。
ただ、会社の様々な事情により継続できなくなる場合があります。たとえ優秀な人材でも手放さざるを得ないときがきます。そのタイミングで応募してきてくれるかもしれませんので、諦めず根気強く待ちましょう。そのため、継続的に募集をかけておくことをおすすめします。

4.やっておくべきこと

派遣会社の営業担当とは仲良くしておきましょう。

「仲良く」とは、ビジネスパートナーとして、お互いに気持ちよくお仕事ができる関係を作り上げておくことです。そういう関係を構築できれば「こういう人材がいるんですけど」と派遣会社の方から紹介してくれることもあります。

5.派遣会社との打ち合わせの流れ

派遣会社との最初の打ち合わせの場面では、丁寧に会社説明をしてくれますが、事前に、その派遣会社のHPである程度の情報を知っておくのがマナーです。とりあえず会ってから話を聞くというのはNGです。

質問内容もあらかじめ用意しておきましょう。聞きたいことをピンポイントで聞いて、30分~45分を目途に打ち合わせを終了しましょう。

6.校正・校閲にに強い派遣会社

ここで紹介する会社は、数ある派遣会社の中でもクリエイティブ系全般に強みを持ち、校正校閲の募集も多く、実績・求人数ともに優れた会社になります。

出版・広告・印刷に専門特化した特化型の派遣会社
編集・校正校閲・ライター・進行管理・DTPに強い
  ≫ マスメディアン
  ≫ エキスパートスタッフ

幅広い求人、各業界に実績のあるオールラウンド型の派遣会社
  ≫ マイナビスタッフ
  ≫ リクナビ派遣
  ≫ マンパワーグループ

1.マスメディアン

【 広告・Web・マスコミ職種に専門特化 】


マスメディアンは、宣伝会議のグループ会社になり、宣伝会議グループのネットワークを活かし、専門分野での圧倒的求人数・非公開求人を多数有しています。転職支援も行っており、派遣から正社員へのノウハウもあり、広告・Web・マスコミ職種に特化した転職支援実績No.1クラスを誇っている会社です。

【強みのある分野】
出版・新聞関連
 ・編集者(雑誌・書籍)
 ・記者、ライター
 ・校正・校閲
 ・広告営業
 ・販売営業
 ・進行管理
 ・宣伝担当
 ・インターネット推進
 ・イベント推進      etc.

【公式サイト】マスメディアン


2.エキスパートスタッフ

【 出版・印刷に専門特化したスペシャリスト 】


エキスパートスタッフは、30年以上の実績があり、大手広告代理店やデザイン事務所・出版社・印刷会社・Web制作会社との取引実績が多数あります。そのため、出版・広告業界のデザイナーやDTPオペレーターをはじめとしたクリエイティブ職種のスペシャリストが多数登録しているところに強みがあります.

【強みのある分野】
出版・印刷関連
 ・編集・校正
 ・進行管理
 ・DTPオペレーター
 ・アートディレクター
 ・グラフィックデザイナー etc.

【公式サイト】 エキスパートスタッフ


3.マイナビスタッフ

【 編集・DTPなどのクリエイティブ職が多数 】

マイナビスタッフは、派遣から紹介予定、人材紹介サービスまで幅広くカバーしており知名度も実績も申し分ないです。編集・DTP・Webデザイナーなどのクリエイティブ系の職種にも強みがあります。

拠点も全国をカバーしており、運営元のマイナビに新卒・中途採用情の実績があるため、大手・有名・優良企業の求人が豊富です。

マイナビが発行している「Mac Fan」などのパソコン誌・書籍も有名なため、出版業のノウハウもあるため、マスコミ業界の求人を多数抱えています。

【公式サイト】 マイナビスタッフ


4.リクナビ派遣

【 求人数・実績ともに最大手 】


リクナビ派遣は、実績・求人数ともトップクラスです。拠点も日本全国をカバーしており、常に安定した求人数を誇ります。どの派遣会社か迷ったら、とりあえずはココです。

【公式サイト】リクナビ派遣


5.マンパワーグループ

【 満足度No.1で世界最大級 】

マンパワーグループは、満足度No.1で世界最大級の人材派遣会社になります。高時給・好条件の求人を軸に、福利厚生も充実しています。実績・規模ともトップクラスで、大手企業や優良企業を中心とした求人に強みを持っています。

【公式サイト】マンパワーグループ


校正に強い派遣会社のまとめ

【A】 出版・広告・印刷に専門特化した特化型
マスメディアン
 エキスパートスタッフ

【B】 各業界に実績のあるオールラウンド型
マイナビスタッフ
リクナビ派遣
マンパワーグループ

・1社だけ選ぶなら、【A】の特化型から1社を選択。
・2社選ぶなら、【A】【B】からそれぞれ1社ずつ。特化型とオールラウンド型の組み合わせがおすすめです。

2社選ぶ際に、【A】の特化型の2社を選択するのはありですが、【B】のオールラウンド型の2社を選択するのは避けたほうが無難です。【B】は2社とも知名度・実績があります。それゆえに登録している
スタッフが重複している可能性が高いです。

そのため、(校正に限っては)一見登録スタッフが多いように見えても、実際は少ないことも考えられます。2社選ぶ際は、特化型のどちらかの会社を押さえておくほうが、いい人材と巡り合える可能性は広がります。