校正校閲の時間品質予算

校正の仕事から見る、お金の考え方[時間と品質のバランス]

校正は、時間をかければかけるだけ、品質も比例して上がるというものではありません。

下のグラフのように、時間を縦軸、品質を横軸にしたら、ある程度まで時間と品質は比例して伸びていきます。ですが、ある一定の時間が経ったところで伸び率は小さくなり、横ばいに近い状態になっていきます。

伸び率が小さくなる点で、ある程度間違いを洗い尽くしたということが言えるかもしれません。

どこまで時間をかけるか?

ここで問題になってくるのが、
『どこまで時間をかけるか?』

これは校正者に課せられたジレンマで、時間をかけすぎても割に合わなくなります。逆に、時間をかけないのも、品質が心配でたまらないです。

校正をボランティア、もしくはまだ研修の段階でしているというのなら時間を気にする必要はないです。ですが、仕事として対価をもらって校正をしているなら、この問題はいつも頭の中に入れておかなくてはいけません。

『どこまで時間をかけるか?』の基準は、
『予算』になってきます。

たとえば、予算10万円の仕事があるとすれば、
時間給2500円として、
10万÷2500円/時間=40時間

一日、8時間労働とすれば、
40時間÷8時間=5日間

予算10万の仕事なら、一日8時間労働で、5日間使えることになります。
(※実際には休憩等の時間も費用に含まれるので使える時間は減ってきます)

このように、まずは予算を軸に時間を決めていきます


ここで、品質の観点を加えると。
(1)その仕事を一人で作業するなら、5日間
(2)その仕事を二人で分担するなら、2.5日間

納期が3日しかないとしたら(2)を選ぶしかないですが、

仮に納期が7日あるなら、どっちを選ぶか?

仕事の回転率を上げたいなら(2)が妥当ですが、品質という点では(1)になります。

仕事の内容にもよりますが、手分けして作業したときの品質のバラつきのリスクを避けるためです。一人に任せる方が、作業の方向性もブレることもなく品質の安定が見込めます。
だから(1)を選択します。


で、予算10万円の段階に話は戻りますが、

予算10万といってもまるまる予算を使い切る訳にもいかず、
とりあえずとして10万のうちの10%ぐらい利益を残すとします。

10万-1万(利益10%)=9万円
9万÷時給2500円=36時間
なので、36時間を目途に、作業を終えられるように一旦線を引きます。

ここで重要なのが、その時間内でベストな品質を出せる作業設計をすることです。
ここでの設計とは、校正項目の選定です。
クライアントからの要望があればそれも考慮しなくてはいけません。

時間や残したい利益を先に考えず、グロスで考えてしまうと、
時間と利益をどんどん食いつぶしていくことになります

『あれもやった方がいいかも…?』
『こっちも気になる…』
『やっぱやってると間に合わない…』
など右往左往する状況に必ず陥ります。

ちなみに、ここではわかりやすくするために残す利益を10%としましたが、校正という労働集約型の業種で、利益10%残すのは至難の業です。
(※利益率は、会社や業界によって変わってきます)

時間と品質のバランスを取るのは、品質が重視される校正という仕事上、割り切れないところもあると思います。ですが、『どこまでか』の線引きを自分の中ではっきりしておかないと、後々自分で自分の首を絞めることになるだけです。

正社員か?派遣社員か

校正は、非生産的であるため、真っ先に企業のコストカットの対象になりやすいです。校正を、正社員に任せるのでなく、派遣社員をメインにお願いしている会社も多いです。

一般に正社員を雇うのに、企業は1.5~2.0倍ぐらいのコストが掛かっているといわれます。給料だけでなく、保険や福利厚生費等が加算されるためです。

ここでは、あいだを取って、仮に1.8倍とします。
そうすると、給料20万円の社員には、会社は36万円支払っていることになります。

その点、派遣社員なら、実際にかかったお金をお支払いするだけなので、会社はコストだけ見れば、正社員を採用するより派遣社員の方が割安なわけです。
これが、非正規雇用が増える原因の一つです。

単純にコストというだけの観点なので、ここに責任感とかモチベーションなど色々加わってくるとややこしくなりますので一旦省きます。

ちなみに、校正校閲に関しては、フリーランスの校正者の方が、色んな現場で揉まれているので経験値も高く、正社員以上に優秀な人材はゴロゴロいます。即戦力になる優秀な方は多いです。当然、その分時間給も高くなってきますが。

話しを戻すと、仮に100時間かかる仕事があるとして、
会社側が支払う給料を「x とすれば、どちらの方が時間単価が高いか?
(1)派遣費用:  x円÷100時間=x/100
(2)正社員 :1.8x円÷100時間=1.8x/100

当然、(2)の方が時間単価が、圧倒的に高くなります。
コストだけ見たら、スキルが同じで時間単価が高ければ、正社員でなく派遣社員を選ぶのは当然です。

実際は、このように単純な計算とはいきませんが、いいか悪いかは別として、この考え方に陥ってしまうことはよくあります。

会社の経営が芳しくないと、正社員の採用を抑制して派遣社員を増やす傾向にあります。

コストカットするためにはやむを得ない一つの手段だと思いますが、目の前のコスト(お金)にだけ囚われていると、将来の人的資産の目減りに繋がります。

社会に出るとわかると思いますが、意外と経営って複雑そうですが単純な考えで成り立っていることが多いです。いいか悪いかはわかりませんが…。