校正ゲラを見たときにチェックするポイント

校正ゲラを見たときにチェックするポイント

経験則からくる違和感

何となくの違和感。
注意していなくても、ふと何かに気づいてしまうという経験を誰もが一度はしたことがあると思います。

原稿やゲラを見た瞬間に『何かおかしい……』と眉をひそめた、
という違和感です。

まず違和感が起こり、よく見てみたらやっぱり違うという具合です。

おそらく、この違和感は、校正・校閲以外の職種、編集、デザイナー、オペレーターにも共通するかもしれません。もしくは、それぞれの職種で独自の視点で起こる違和感があるのかもしれません。

視野を「全体」から「部分」へ

この違和感は、普段からページを俯瞰する感覚を持っておかないと養われてきません。
ポイントとしては、視野を「全体」から「部分」に狭めるといった感じです。

例えば、次のようなゲラを手に取ったとき。

校正のチェックの仕方


まずは、ページ周りから見ていきます。

校正のチェックの仕方
[チェックポイント]

 ❶ 色アミの塗り足しが足りているか。
 ❷ ~ 適切な余白が確保されているか。余計なものが入り込んでいないか。


次に、ブロック単位(ここでは段落単位)で見ていきます。
校正のチェックの仕方  
[チェックポイント]

 ❶
 ~
 ・段落間のアキは均等か。
 ・行頭・行末は揃っているか。
 ・行間は均等か。


以上のように
ページ周り】
  ↓
【段落単位】
  ↓
【文単位】
と視線を移動していくように確認していきます。

1.余白・アキ

余白は、適切な距離感と言い換えたほうがいいかもしれません。この余白がちゃんと確保されていない場合、違和感を覚えます。

ページ周りの余白

通常の印刷物は、ページ周りに余白を持たせています。印刷物として、余白が多くても少なくても読みづらくなります。

規定書でアキの幅が決まっているなら、物差しやゲージで確認する必要があります。

ただ、デザインとして意図的に文字を誌面いっぱいに大きくし、あえて誌面内に収まらせないようにすることでインパクトや迫力を狙っていることがあります。絶対に余白がないとダメというわけでもありません。


キャプションと画像とのアキ

画像などにつくキャプション(図版部分に付け加えられた説明文)のアキが不揃いなこともあります。
画像とキャプションが離れすぎていると、文字が誌面上に浮いているように感じ、すぐ違和感を覚えます。


行間・文字間のアキ

行間や文字間の詰まり過ぎ・開きすぎなどもすぐにわかります。
これらは、可読性を考慮して設定されているため「見づらい = 読みづらい」につながるので、すぐに気づくのも当然です。

2.書体・級数

書体・級数の違いは、目が慣れたら一目瞭然でわかります。
書体が変わるだけで、誌面のイメージがガラッと変ってきます。
真っ先に違和感を覚える人もいるかもしれません。

規定書がある場合、誌面で使用する書体や級数などはあらかじめ決められています。そのため、すぐに違いに気づくことも多いです。

ただ、雑誌やカタログなどは、読者を飽きさせないように数年ごとにフォーマットをリニューアルしていくものです。リニューアルの際、目が慣れないうちは間違いにも気づきにくいので注意が必要です。

3.段落の一字下げ、末揃え

段落の文頭が一字下げになっていないのもすぐに気づきます。
文末が揃っていないのも同様です。

【例】

1.一字下げ

 一字下げ

2.一字下げでない

 一字下げ


3.文末が揃っている

 文末揃え  

4.文末が揃っていない

 文末揃え

   
最近では、一字下げにしていない段落も多く見られます。
一字下げはあくまで形式的なものなので、一字げになっていなくても間違いというわけではありません。

また、文末が揃っていないものでも、文の区切りがいい位置で改行し、意図的に文末を揃えていない場合があります。

一方で、文末が揃っていないくて、文の区切りが悪いものは、意図的でない可能性があります。校正としては、指摘しておいたほうがいいでしょう。

※文末に関して、Web媒体などはこの限りではありません。Web校正をメインにやられている方は、文末が不揃いであっても、特に違和感が起きることもないでしょう。

体裁の間違いを潰してから、素読みへ

ゲラを見てパッとわかる間違いなので、レイアウトや体裁的なものが多いです。最初に、そのようなわかりやすい間違いを潰しておくと、後で校正するのもラクになります。

まずは、体裁系の間違いを見つけてから、後で素読み作業に入るほうが集中できます。素読みしている際に、文章以外の間違いが目に入ると、集中力を削がれてしまうからです。

校正・校閲業務は、切り分けできない連続した作業のように思えますが、作業ごとに区切れる部分もあります。作業ごとに頭を切り替えて校正するほうが、効果的という場面も多いです。