校正の時間コスト品質

時間×予算×品質 どれが一番大事?

って、質問されたらどうでしょう。

クライアント(発注側)「もちろん、全部でしょ」
現場サイド「品質第一でしょ。そのためなら残業だってするよ」
板挟みになる営業「…そうですねぇ(う~ん、予算かなぁ…)」

どれも正しいと思います。
その人の置かれているポジションによって答えは様々。
誰でも、高品質、短納期、低コストで仕上げられる方がいいに決まっています。

しかし、「働き方改革」が叫ばれる中で、残業も制限され、品質のために多大な時間を費やすということも難しい状況です。残業したくても出来ないということもしばしばあると思います。また、予算が潤沢といえる仕事も、ほとんど無いでしょうから難しい状況です。
予算を念頭に置かない品質管理は、過剰品質となり、いずれ企業経営を圧迫します。

校正がかかわる業界も、紙媒体からWEBへと大きくシフトし、10年前と比べれば、紙からWEBの校正が急激に増え、それにつれコストも圧縮されています。

困ったものですが、立ち止まっていても仕方ありません。

3つのバランス

ここでは、3つのバランスを保ち、最善手を見つけるのが得策です。

まず、この中で、基準となるものを見つけましょう。
これだけは、企業努力ではどうしようもないもの

そう、【時間】です。
納期が曖昧という仕事もたまにありますが、その場合、予算を基準に考えればいいと思います。
ただ、期限を区切らないというのは、仕事としてはあまりいい条件とはいえません。

「学生症候群」参考

【時間】を軸にしたら、
次は、【予算】【品質】か?
予算内で丸く収まればいいのですが、そうはいかない場合は、
クライアントの意思を尊重しないといけません。

・予算に応じた品質なのか?
・品質重視で、多少の予算オーバーなら止むを得ないのか?

経験則からいうと、95%以上のクライアントは前者を取ります。
予算に応じた品質です。
そのため、校正側も予算に応じた校正のメニューを用意しておく必要があります。ここでの校正のメニューは、品質のレベルと考えてもいいです。

例えば、
この期間なら、誤字脱字だけの校閲で、表記統一までは不可、
この予算なら、原稿との付け合わせのみで、校閲までは不可 など、
段階的なメニューのことです。
実際に提案するときは、ネガティブワードは相応しくないので、 この予算でしたらここまで出来ます! というようにポジティブな表現で提案しましょう。

 

整理すると、プロセスマネジメントの視点では、

時間を基準に、予算内で最高の品質を目指すといったところです。
最高の品質は、あいまいな表現になりますので、
言い換えると、予算内で出来うる限りの最善の企業努力を果たした品質するということです。
ですので、日々、予算感覚を培うことと品質向上の努力はしておかなければいけません。

どんなことでもそうですが、判断に迷った際は、最優先事項を見つけ基準を作る(軸を作る)。
また、日々の仕事の中で、自分の業務を細分化しておく。
細分化することで、各タスクが明確になってきます。
タスクが明確になると、作業の段階が見えてきます。
段階が分かると、ここまでなら対応可能といった領域がわかります。
それが、上記で説明したメニューとなります。

理想と現実

理想的なことを語ってきましたが、
当然、全てがうまくいくわけがなく、
場合によっては…
「予算がないから、校正なんてしなくていいよ。自分でやるから」
「品質? 間違っていても、誰も気にしないから」
「WEBだから、間違いがあってもすぐ直せるから、納期厳守で」
ってことを、面と向かって言われて、
悲しい気持ちになったことは幾度もあります…。

何か判断に迷われた際は、「時間・予算・品質」の中で、唯一不可変の「時間」を基準として、突破口を見つけていくのもよいかもしれません。