校正・校閲とは?その意味と違い

校正・校閲とは?その意味と違い

1:校正と校閲の意味と違い

校正と校閲、現場レベルでは明確に区別されにくい作業になりますが、定義上は違うものになります。ですが、校正や校閲を専門職とする方は、一括りに「校正者」と呼ばれることが多いです。


校正と校閲を、大まかに定義するなら次のようになります。

校正とは、原稿や赤字の指示通りに制作されているかをゲラと見比べ確認すること
校閲とは、文章の内容が正しいかを見極めること

2:校正と校閲の作業上の違い

校正は、原稿とゲラを見比べる作業なので、例え文章に誤りがあったしても原稿通りであれば赤字を入れることはありません。その場合は、赤字でなく鉛筆で疑問出しをします。

校閲は、文章の内容が正しいものか確認していきますが、その範囲は、誤字脱字、表記統一、適切な文章表現か、事実確認などに加えて、フォーマット確認や表記ルールの確認なども含まれることがあります。


定義上は、校正と校閲の作業はわかれていますが、大抵はその垣根がなくなり、
校正といえば、校正と校閲の両方の作業をすることが多いです。


また、校正をするには、原稿とゲラのセットが必要となってきますが、校閲ゲラさえあれば作業ができます。そのため、校閲は制作現場でなく在宅でやられている方も多いです。

原稿やゲラのやり取りは、以前はバイク便でしたが、今ではPDFでやり取りすることが多いです。最近では、オンライン校正システムなどにより、クラウド上でデータのやり取りが可能です。メールと違いデータの容量制限もなく、セキュリティの観点からも安心して仕事ができる環境が整っています。こういった点も在宅での作業が進んでいる要因になります。

3:校正・校閲にどんな人が向いているのか

校正は、ある程度経験を積めば一定の技術水準に達します。そこから上を目指して行けば、いずれはベテランといわれるレベルに達するのも可能です。

校閲は、確認する項目も多く、時間も要するため、相当な根気と集中力が必要とされます。人によって向き不向きが、如実にあらわれます。


校閲は、その人が今まで培ったすべての要素(知識、読解力、バックボーンなど)が試されてきます。そのため、校閲に関しては、初心者でも研修の段階で既に一定のレベルに達しているという方もいます。


伸びる人の特徴

校正も校閲も目の前にある間違いを見つけるということだけではなく、そこから派生するであろう間違いも考えられる人が伸びていく傾向にあります。

そういう方の共通点
--------------------------
・よく質問する
・常にメモを取る
--------------------------

よく質問するのは、それだけ気づく点が多いということの証拠であり、
メモを取ることで、知識の固定・作業の振り返り・ノウハウの蓄積ができます。

最初は、校正・校閲どちらの作業も学ぶと思いますが、経験を積むにつれ自分が「校正向き」か「校閲向き」かがわかってくるものです。

4:校正と校閲作業の線引き

企業や媒体によって、校正と校閲の違いにどこで線引きするかは、かなりの差があります。

大手の出版社では、校正と校閲を完全に分業体制にし、それぞれの領域に特化させることで品質を保っているところもあります。


ですが、校正者が数人規模の会社ではそうはいきません。必然と、校正と校閲の両方の作業をやることになります。そのため「校正お願いします」と言われたとしても、校閲も込みという場合も多いです。

もし、ご自身が仕事を受ける立場であるなら、校正の作業内容(校閲も込みなのか?)はきちんと詰めておいたほうがいいでしょう。

校正・校閲は、一人で黙々と作業するイメージを持たれている方も多いですが、意外とコミュニケーションが必要とされる場面も多いです。


以下の記事で、校正・校閲の意味や違いをより詳しく例題を使って説明しています。