画像から間違いを見つける[校正・校閲の練習問題]

画像から間違いを見つける[校正・校閲の練習問題]

今回の練習問題は、画像を中心に間違いを見つけていくことがポイントになります。

練習問題は、ファッション誌「InRed」からの出題ですが、文章と画像やイラストが対応しているかの確認はどんな媒体にでも起こりえる作業です。

1:練習問題 問題

※問題は、【A】【B】【C】と3つにわかれていますが、同一誌面で掲載されているものと考えてください。

【A】


 コットン混リネンのジャッケトとパンツを合わせたセットアップスタイル。風合いのあるベージュなら固苦しい印象にならず女らしさも保てる。

【B】


 陽射しが心地いい休日はトップスもきれいなピンク色が気分。くたり感のあるデニムと斜めがけバッグで軽快に歩ける。

【C】



 丹精な白シャツで勉強モードに。とろみスカートなら座ってもシワにならず安心。肩に掛けたニットはアクセント兼、空調たいさくになるv

2:練習問題 解答と解説

【A】の解答と解説


 コットン混リネンのジャッケトとパンツを合わせたセットアップスタイル。風合いのあるベージュなら苦しい印象にならず女らしさも保てる。

解答

 1. 3/3|Mon.| → 解説へ
 2. ジャケト  → ジャケ
 3. 苦しい   → 苦しい

解説

1.3/3|Mon.|

・3/2Mon.|と、日付だけに赤字を入れた人も、もう一歩です。
・3/3
Tue.|と 、曜日だけに赤字を入れた人は、もう一歩です。

日付だけに赤字を入れた人は、
仮に【B】の問題が「3/3」なら、【A】の問題と「3/3」がダブるので、「3/2」とするのも考えられます。ですが、Bの問題は「3/7」なので、「3/2」が正しいと言える根拠がありません。

この問題の情報だけでは、日付と曜日のどっちが正しいかは判断できません。そのため、どっちかに赤字を入れるのではなく、ここでは「日付と曜日が対応していない」という旨の赤字を入れるのが適切です。

このような日付と曜日が対応していない間違いはよくあります。校正では、基本中の基本と言える間違いです。一見、曜日が間違っているように思えますが、必ずしもそうとは言い切れないので注意しましょう。

2.ジャケト → ジャケ

カタカナ表記になると見落としやすくなるので注意が必要です。小さな文字は特に見落としやすいです。

3.苦しい → 苦しい

『固い/堅い/硬い』の使い分けは、業界問わず用いられるので覚えておきましょう。

【B】の解答と解説


 陽射しが心地いい休日はトップスもきれいなピンク色が気分。くたり感のあるデニムと斜めがけバッグで軽快に歩ける。

解答

ピンク  or   オレンジニット → 解説へ

解説

ピンク  or   オレンジニット

縦書きの見出しが「オレンジニット」となっているので、コピーの「ピンク色」を「オレンジ色」に変更だと判断するのは危険です。『本当に見出しのほうが正しいのか?』と考える必要があります。見出しが間違っていて、本当は見出しを「ピンクニット」にするという可能性もあります。

また、画像がオレンジに見えるからといって、オレンジだと判断するのも危険です。

通常の普通紙に印刷された校正ゲラでは、画像の色味まではわかりません。

特に今回のような「淡いオレンジ」や「薄いピンク」、他にも「ブラック」と「ダークネイビー」、「ホワイト」と「ベージュ」などもゲラでは非常にわかりづらい色です。

色に関しては、自分のゲラでそう見えたからといって、それが正しいとは限りません。

プリンターの設定、部屋の明かり、その他様々な要因で微妙に色の見え方は変化してきます。そのために、色校正といわれる色だけを確認する別工程があります。

※この問題もPCやスマホで見ていると思います。それらでも同様に色の見え方は微妙に違ってきます。

この問題の画像を見て「オレンジ」とも「薄いピンク」とも言い切れません。そのため「見出しの『オレンジニット』とコピーの『ピンク色』が不一致である」という旨の赤字を入れるのが適切です。

【C】の解答と解説

 丹精な白シャツで勉強モードに。とろみスカートなら座ってもシワにならず安心。肩に掛けたニットはアクセント兼、空調たいさくになるv。

解答

 1. 丹精    → 端正
 2. 肩に掛けた → 画像と不一致
 3. たいさく  → 対策(漢字にする)
 4. v       → トル
 5. 句点抜け  → 句点入れる

解説

1.丹精 → 端正

「丹精」…  真心を込めて行う
「端正」…(行い・姿勢が)正しく整う

2.肩に掛けた → 画像と不一致

腰に巻いているものを、肩に掛けたと明らかに違っています。ここから推測できることとしては、他に肩に掛けた画像のカットを撮影していて、それ用のコピーを間違って貼ってしまったという可能性があります。もしくは、画像が差し替わって、コピーと対応しなくなったなどとも考えられます。

4.v → トル

『なぜ v が入ってきたの?』と思えますが、これはオペレーターがコピペしようとした際の操作ミスで入った文字です。
制作環境がMacなら、コピペするのは【コマンド+c 】→【コマンド+v 】です。【コマンド+v 】を押すときにコマンドキーを押しきれなくて「 v 」が残ったということが推測できます。

3. 4. 5.

最後に間違いが集中しています。実際の制作現場でも修正の終わりが近づくにつれ、制作側の集中力が切れるのか、終わりが見え気が緩むのか、ミスが目立ちます。

校正作業でも、時間とともに集中力が落ちてきますが、それは制作側も同様です。そのため、終わりに近づくにつれ、さらに集中力を高めないといけません。
校正には、間違いを見つけるという能力だけでなく、集中力の持続も大切になってきます。


【問題A・B・C:InRed_3月号(宝島社)P.53の一部改変】

他の練習問題 > こちら