目次(コンテンツ)の校正ポイント

目次(コンテンツ)の校正ポイント

目次(コンテンツ)があるものは、雑誌、カタログ、書籍などの紙媒体だけに限らず、Webなどでも見られます。

もし、近くに雑誌でも書籍でもあれば何でもいいので手に取ってみてください。数ページ開くと目次が掲載されているはずです。Webでしたら、サイトマップという目次に代わるものがあったりします。

この目次のページが間違っていると、読者はお目当てのページに辿り着けなくなります。そのため、校正は細心の注意を払う必要があります。

 宝島社『InRed』のP.7では、このような目次が入っています。

『InRed』2020年4月号(宝島社)

目次(コンテンツ)の校正箇所

今回紹介するのは、のところの校正方法です。ノンブル(ページ数)が入っているため、中面の本文と対応しているか確認していく必要があります。




(1)目次の掲載情報
目次は、本文のノンブルと見出しを抜粋していることがほとんどですが、どこまで情報を載せるかは各媒体によって異なります。
シンプルに最低限の情報である「ノンブルと見出し」だけの場合、サブタイトルや本文中の文章を一部掲載したり、画像やイラストも載せたりする場合もあります。

何の情報を載せるかは媒体により違いますが、何を載せるかの基準は明確にしておかなくてはいけません。


(2)校正するときに準備するもの

「目次の校正ゲラ」と「本文の校正ゲラ全ページ」が必要となります。前回号があるのなら、体裁の参考に前号も用意しておきましょう。
本文を正として校正していきますので、赤字や疑問出しを入れるのは、当然目次の校正ゲラになります。


(3)校正する段階

目次の校正は、本文が完成してからになります。完成していなくても、ある程度本文の情報が固まってから校正することもあります。
ただ、あまり先走ってやってしまうと、掲載情報やページの変更などがあった場合に、もう一度校正し直さないといけないため、二度手間になる恐れがあります。そのため、校正のタイミングは重要になってきます。

※台割で、どのページに何を掲載するか、ガチガチに決まっているのであれば、それと校正すればいいわけですが、実際はそう上手くいきません。制作途中で、ページの入れ替えや見出しが変わったりすることは頻繁に起こるからです。


【校正時の注意点】
目次の校正ゲラを見て、単純に本文ページのノンブルと見出しを確認していくという作業ではありません。本文中の全ての見出しが目次に掲載されているかという確認も必要です。
そのために、本文の全ページのゲラを用意してもらうわけです。

目次に掲載するべき情報を入れ忘れていることはよくあります。
たとえば、P.38にも見出しがあるのに、目次に載っていないというケースです。

目次(コンテンツ)の校正の実例

目次の一部分


本文 P.68(上の目次に対応するページ)

(1)カテゴリーのタイトル(赤枠)
「BEAUTY」のカテゴリータイトルは、P.68の本文から確認できませんが、誌面情報や前号からみて「BEAUTY」のカテゴリーであることが確認できます(※ここだけの情報では判断ができませんが)。
誌面を見ても分からないという場合もあるので、その時は前後のページの内容や前号を参考にする必要があります。


(2)ノンブル(黄枠)
見えづらいですが、ページ右下から確認できます。
隠しノンブルの場合は、ページが記載されていないので前後のページから判断する必要があります。

【ここでの注意点】
一番上の目次の画像を見ていただけると分かりますが、目次のノンブル表示は『3桁表示』になっています。
仮に、赤字で「25」と修正が入ってきても、他と体裁を揃えて「025」と3桁表示にしてあげる必要があります。


(3)見出し
見出しは、読者にそのページを見てもらうよう、興味を抱かせる文章にする必要があります。そのため、制作の最終工程まで細かな赤字が入ってくる場合があります。
最終段階では、記事内容はある程度固まっているため、見出しの大幅な変更とはなりませんが、些細な言い回しなどの修正が入ることはよくあります。そのせいで、目次との微妙な違いも出てくるため、細かな点にも気を付けて校正する必要があります。


(4)画像
上の画像の例では、女性の画像は一目瞭然ですが、その横にあるファンデーションの画像もしっかり確認しておきましょう。よく似た商品もあるので、画像の細部まで確認する必要があります。

【ここでの注意点】
画像は差し変わることも多いので、本文と目次とで不一致になっていることがあります。
読者としては、目次の商品画像を見て、そのページを開いたのにお目当ての商品がないと困惑してしまいます。校正は、文字情報だけにとらわれず、画像にも注意しましょう。

目次の校正が終えた後も、目次の校正は続いている

目次の校正が終ったあとに、本文に追加訂正などが入ることはしばしばあります。

そこで注意しておきたいことは、目次と連動する本文のカ所に赤字が入った場合です。
上記の例でいうなら「ページ・見出し・画像」に変更があった場合です。

・本文の見出しに追加訂正が入った場合は、目次も変更する必要があります。
・本文の画像が差し変わった(削除された)場合は、目次の画像も変更する必要があります。
・左右のページが入れ替えなどになった場合は、目次のページも変更する必要があります。

※ただ、目次の校正を終えてから、ページの変更が起こるということはあまりありません。というか、最終の段階でページの変更をするのは控えるのが普通です。

全体を把握する

今回は目次の例でしたが、これは索引(INDEX)などでも同様です。

何かと何かを付け合わせる校正は、そう難しいことではありません。
どことどこが連動しているかを常に考えながら校正していくのが難しいわけです。

校正は、校正ゲラだけ見とけばいいというものではありません。校正も制作過程の一工程なので、全体を把握しておく必要があります。

はじめに、台割(ページネーション)で全体の誌面構成を確認しておくことも大事です。
また、前回号があるなら、事前にどことどこが連動しているのかを確認しておくのも大切です。こういった考え方は、目次だけに限らず、索引や他の校正物にも応用できます。

目次だけではありませんが、常に本文と紐づいている箇所があるということを常に心掛けて校正していきましょう。


『InRed』2020年4月号(宝島社)

  2020年3月6日 (金) 発売
   【公式サイト≫ InRed 

≫ ファッション雑誌No.1 宝島社公式通販サイト『宝島チャンネル』