校正記号はコミュニケーションの一つ

求められるコミュニケーション能力

社会に出れば、コミュニケーション能力というものが重要視されます。

巷には、コミュニケーション能力の開発本やセミナーなどが溢れています。その手の本を読んだりセミナーに行ったりすれば、その時はわかったつもりになっても、時間が経てば忘れてしまうということは多いのではないでしょうか。

このコミュニケーション能力というのは、実態が見えにくく先天的なモノなのか後天的なモノなのか、努力して身に付けられるモノなのか、未だに答えがわかりません。

就職の際でも、企業の採用要件を見れば、どこかしらに「コミュニケーション能力重視」などの文言が見られます。ですが、何をもって採用基準としているかは、企業によってそれぞれです。正しいコミュニケーション能力とはどんなものか明確に説明できるものではありません。

非言語コミュニケーションと相手との距離感

そもそも、このコミュニケーション能力というものは、場面場面によって変化させないといけないものなので、

『まずは、その場の空気感を察する能力のほうが先なのでは?』
と思いますが、これもコミュニケーションの一つです。

そういう場面が自分に与える情報(非言語コミュニケーション)も広義のコミュニケーションです。

コミュニケーションは発せられる言葉だけではなく、表情や身振り手振りなども含まれます。

発言の多い人や流暢に話す人が、コミュニケーション能力が高いとは言い難く、基本的にコミュニケーション能力があるといわれる人は、相手との距離感を上手く測れる人だと考えられます。

校正の仕事においても、優秀な校正者になるほど非言語コミュニケーション相手との距離感を意識している方が多いです。

校正記号は誰のためのものか?

校正指示で入れる赤字は、明瞭で簡潔に相手に伝えなければいけません。
そのための決まりとして校正記号があります。

ですが、校正記号を知らない人も多いため、場合によっては校正記号に文を補足して伝えることもあります。校正者間では周知の校正記号も、相手によっては通じない場面もあります。

自分が入れる赤字や疑問出しは、誰が見るのかを考える必要があります。

伝わらなければ意味がないので、<誰に向けて>を意識することがコミュニケーションを上手く成功させるためのコツです。

対象がわかれば、必然的にコミュニケーションをとる方法も変わってきます。

  • 校正記号だけで伝わるのか?
  • 文章を補足したほうがいいのか?
  • 絵や図で示したほうがいいのか?

伝達対象によって色々と工夫していく必要があります。

校正は一人作業ではない

校正の仕事は一般的なイメージとして、一人で黙々とする作業だと思われていることが多いです。ですが、企業に属している校正者はチームで仕事をすることがほとんどです。

他の校正者と相談したり、作業内容を共有したりとコミュニケーションを取る場面は結構多いです。他部署との連携も必須です。場合によっては、クライアントへ校正の提案をすることもあります。

また社内勉強会などの場面では、皆で起こりやすい間違いなどを共有することもあるので、活発にコミュニケーションを取っていく必要があります。

特にフリーランスの校正者は、自分一人で仕事の受け渡しなどをすべて行い、発注者(企業担当者など)と密なコミュニケーションが必要になってきます。

おわりに

校正作業では、訂正指示を記号や文字で伝えるため、相手に伝わらなかったり誤解を与えたりすることがあります。それが校正ミスへと繋がるケースもあります。

校正指示を入れるときは、まずは誰に向けて発するかを思い浮かべて、適切なコミュニケーション手段(=赤字の入れ方)を選択することが大切になってきます。