Excelで絶対に知っておきたいCtrlキーの使い方

Excelで絶対に知っておきたいCtrlキーの使い方

Excelを使う機会が多いなら絶対に知っておきたいのが、Ctrlキーの使い方です。

Ctrlキーを使えば、任意の箇所の「列」や「行」を複数選択することが可能です。離れた位置にある「セル」も複数選ぶことができます。効率化できる場面は多くあります。

このCtrlキーの効果的な使用方法を色々と紹介したいと思います。誰でも簡単にでき、汎用性のあるものなので是非業務に活かしてみてください。

1. Ctrlキーで列を複数挿入

表内の任意の箇所に列を挿入する例です。

複数列の挿入例

ExcelのCtrlキー


普通に列を選択して挿入しただけでは、次の[結果]のように一部に固まって列が挿入されます。

[結果]

ExcelのCtrlキー

Ctrlキーを使用

Ctrlキーを押しながら「C列」「D列」「E列」を選択します。

見た目は普通に列を選択した状態と変わりませんが、
よく見ると列と列との間にすき間が入ります。

・普通に列を選択した場合(すき間なし

 

・Ctrlキーで列を選択した場合(すき間あり

[挿入結果]
・選択した各列の前に、新たな列が挿入されます。

ExcelのCtrlキー

少しの列の挿入だけなら大して効果は実感できませんが、挿入箇所が多いときや任意の箇所に列を複数挿入したいときは、Ctrlキーの威力が発揮されます。

2. Ctrlキーで行を複数挿入

前述の列の挿入と同様に、行も任意の箇所に挿入が可能です。

複数行の挿入例

ExcelのCtrlキー


Ctrlキーを押しながら「行4」「行5」…「行9」の各行を選択します。

[挿入結果]
・選択した各行の前に、新たな行が挿入されます。

ExcelのCtrlキー

3. Ctrlキーでセルを複数選択

Ctrlキーを使えば任意のセルを複数選択することできます。

複数のセルを選択して、一括で色を付けたり文字の体裁を変更したりすることができます。

セルを複数選択

Ctrlキーを押しながら任意のセルを選択します。

グレーの部分が選択されたセルです。
この状態で色々と修正を加えることができます。

1.セルに色を付ける

2.セル情報の体裁を変更する(赤字に変更)

3.セル情報を削除する

4.罫線を太い赤枠に変更する

5.取り消し線を入れる

Ctrlキーを使った複数セルの選択は、かなり応用が利きます。列や行単位で選択するよりもセル単位のほうが役立つ場面が多いかもしれません。

4. Ctrlキーで複数の列や行を削除

列を複数削除

Ctrlキーを押しながら削除したい列を選択します。
※C列とG列を選択した状態です。

ExcelのCtrlキー

[削除結果]

ExcelのCtrlキー

行を複数削除

列の削除と手順は同様です。

Ctrlキーを押しながら削除したい行を選択します。
※行4・8・12を選択した状態です。

ExcelのCtrlキー

[削除結果]

ExcelのCtrlキー

おわりに

Excelを頻繁に使うなら、Ctrlキーの使い方を知っていると役立つ場面は多いです。単純にCtrlキーを押すだけで、できることが広がってきます。

他にもCtrlキーをShiftキーと組み合わせることで、さらに使用用途が広がってきます。ワークシートを複製したいときや行や列を任意の場所に複製したいときにも使えます。

Ctrlキーは、Excelだけでなく他のソフトでもよく使用されます。使い慣れておけば、業務に活かせるシーンが多く出てくるはずです。