校正校閲のおすすめ本

校正記号を知りたいならこの本


日本エディタースクール:「校正記号の使い方」 

本のタイトル通り、ズバリ校正記号の使い方が載っています。校正者だけでなく、赤字を入れる赤字を見る人なら誰にでも役立つ一冊です。編集者、記者、ライター、デザイナー、DTPオペレータ、進行管理など職種は問いません。もちろん、Web校正者にもです。

タイトルは『校正記号の使い方』ですが、校正記号以外にも現場で必要な知識や情報が集約されています。じっくり読み込むというよりは、手元に置いといて分からないことがあればサッと調べる感じで使用するものです。

価格が500円ですので、必要とする情報をわざわざネットで調べたり、誰かに聞いたりするぐらいなら、この本を手元に置いておくことをおすすめします。

出版元は、編集・校正者の養成学校である『日本エディタースクール』ですので信頼のおける一冊です。

本の内容紹介

この本の内容と特長


【目次】
・縦組の校正記号
・縦組校正の記入例
・日本工業規格 校正記号表
・横組の校正記号
・横組校正の記入例
・欧文の校正記号
・欧文校正の記入例
   *
・本の各部の名称,本の大きさ表見返し
・ページの各部の名称,本の内容順序
・図版・写真の製版例裏見返し
・本の校正作業の流れ
・文献表示の方法
・ローマ字・ギリシャ字・ロシア字
・ワープロ原稿作成上の注意点
・印刷文字の書体,ケイ線類の名称と線の太さ
・文字の大きさ(ポイント・級数)
・ポイント・級数換算表
・記号・符号などの種類と使い方
・欧文の略語

【出典】日本エディタースクール:「校正記号の使い方」 


目次からもわかるように、「縦組み」・「横組み」の校正記号だけでなく、英文用の校正記号の使い方も載っています。

また、本やページの各部の名称から、書体・級数、記号・符号の名称まで網羅されていますので、印刷物に携わるなら誰にでも役立つ一冊です。

本の中身を一部紹介

1.校正記号一覧

2.縦組の校正記号

3.縦組校正の記入例

4.横組の校正記号

5.横組校正の記入例

6.欧文の校正記号

7.欧文校正の記入例

8.記号・符号などの種類と使い方

9.記号・符号・ポイント・級数換算表

10.ページの各部の名称・本の内容順序

 

【出典】日本エディタースクール:「校正記号の使い方」 

おわりに

世に出回っている校正記号は「JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)」を参考にされています。この『校正記号の使い方』もそうです。JISの印刷校正記号をもとに、わかりやすくまとめられたものになります。

たくさんのWebサイトや書籍で校正記号が紹介されていますが、この
1冊だけ持っていれば校正記号については十分です。

【関連記事校正記号の使い方を学ぶ前に知っておくべきこと

校正記号を知りたいならこの本

校正記号の使い方―タテ組・ヨコ組・欧文組

 ≫ 日本エディタースクール出版部
 ≫ Amazon

校正記号をもっと知りたいなら
 【関連記事校正校閲の勉強・研修におすすめの本【校正練習帳】