校正記号のダーシ

ダーシ(ダッシュ)の使い方

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1.ダーシ(ダッシュ)の意味とよく似た記号


ダーシ【dash】とは、
活字で長い横棒「―」をいう。ダッシュ。

1.全力で走ること。突進すること。 
2.句と句との間に入れ、接続することを示す「―」の符号。ダーシ。
3.数字・文字などの右肩につける符号。「 A' 」「 1' 」のように用いる。

【出典:三省堂 大辞林 第三版

ダーシ(ダッシュ)

 —  全角ダーシ(ダッシュ)
 –   半角ダーシ(ダッシュ)


ダーシ(ダッシュ)と似た記号

 -  全角ハイフン
 -    ハイフン
 −   マイナス
 ー  音引き(伸ばし棒・長音)
 ー    半角カナの音引き
 一  漢数字のいち
 ─  罫線


ダーシとよく似た横線で表すものは、他にもいくつかあります。フォントによっては、ほぼ同じに見えることもあり、ゲラ上では区別が付かないことも多いです。

「ダーシ」や「音引き」、「漢数字のいち」は、校正するなら頻繁に出てくるものですので、これらを軸に覚えていくのが効率的です。

また、似たものが多いので間違いが起こりやすいということを頭に入れておきましょう。

2.ダーシ(ダッシュ)の校正記号

ダーシの校正記号 


本則


・全角ダーシ
 ⇒ ダーシを、全角を表す四角で囲みます。

校正記号のダーシ


・二分ダーシ
 ⇒ 全角ダーシの横幅を狭めたものを使用します。

校正記号のダーシ

 ⇒ で囲んで表すこともできます。

校正記号のダーシ


許容

・全角ダーシ

校正記号のダーシ


・二分ダーシ

校正記号のダーシ

※「二分」は「半角」に置き換えても通じます。

3.ダーシ(ダッシュ)の赤字の入れ方

訂正指示


・全角ダーシ

校正記号のダーシ


・二分ダーシ

校正記号のダーシ

基本はこのようになりますが、この指示だけだと、ダーシかどうか判断が付かないと思います。ただ、校正記号表では「横線の符号=ダーシ」となります。

そのため、ダーシと見間違いそうなものに対してだけ文字を補足するようにしています。

ですが、実際に赤字を入れるときは、修正側がわかりやすいように文字を補足しておきましょう。


・全角ダーシ

校正記号のダーシ


・二分ダーシ

校正記号のダーシ


※「二分」は「半角」に置き換えても通じます。


また、丸囲みでなくパーレンにした方が、文字が見やすいこともあるので、適宜使い分けが必要です。

校正記号のダーシ



挿入指示

・補足の文字はわかりやすい位置であればどこでも大丈夫です。
※基本は上下のどちらかに決めておき、わかりにくければその都度位置を調整する方がよいです。

校正記号のダーシ


・赤字がごちゃごちゃして見えにくくなる場合は、鉛筆書きでも大丈夫です。

校正記号のダーシ

4.ダーシ(ダッシュ)と見間違えそうなもの

校正記号表に載っているダーシと混同しそうなものです


・マイナス

校正記号のマイナス


・音引き(おんびき)
校正記号の音引き        


・漢数字のいち
校正記号の漢数字


・ハイフン
校正記号のハイフン


【注意点】

漢数字のいちは、単に横線で指示するだけでなく、意識してとめの部分を強調するようにします。
また、ハイフンなども意識的に短く書くようにしましょう。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの