校正記号のトルツメ

トルツメのピンポイント解説

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

トルツメは、取って詰める。
トルツメと似たものに「トル」という校正記号もありますが、

トルも、取って詰める。
なので、トルツメトル になります。

どちらを使用するかは、校正の現場判断なので自由になりますが、使う場合は必ずどちらかに統一しておきましょう。

1.トルツメ(基本形)

 1文字の場合


2文字以上の場合

※修正結果はいずれも「校正記号」となります。

2.トルツメ(実例)

複数の赤字の入れ方があると、どれを使っていいか迷うと思います。
その場合は、修正範囲が明確な指示の使用をおすすめします。

 1文字の場合はこれ

2文字以上の場合はこれ


※両端の縦棒は文字の高さよりも長めにし、文字と文字の間にハッキリと書きます。
※文字量が多い場合は、トル範囲をグルっと囲むとわかりやすくなります(実例参照)。

実例

【補足】
空白(スペース)に対しては、トルツメの指示を使いません。使用しても間違いとは言い切れませんが、空白にはトルツメの指示でなく、ツメルの校正記号を使った方が適切です。

使用を避けたい
 

ツメル指示を使う

3.トルツメ と トルアキ(=トルママ)

トルツメとセットで覚えておきたいものに、トルアキ(=トルママ)という校正記号があります。
トルアキは、取ってそのまま空いた状態にしておく指示です。




※赤字の入れ方は、トルツメと同様です。

トルツメとトルアキは使用頻度の高い校正記号です。
同じようなものも何個かあるため混同されがちです。

混同しないように注意しておきましょう。
------------------------------
トルツメ=トル
トルアキ=トルママ
------------------------------


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの