校正記号:赤字の取り消し・書き間違えたときの訂正の仕方とポイント

赤字の取り消し・書き間違いの訂正の仕方とポイント

1:赤字の取り消し・書き間違いを直す

赤字の取り消し・書き間違いを直すときに使う指示は、2つです。


1.書き込んだ赤字を部分的に取り消す

 校正記号の取り消し線
取り消し線(打ち消し線)を使用します。
(※取り消す部分を線で塗り潰さないようにします)

取り消し線は、見え消し線とも言われます。元の状態を見えるようにして修正前後を比較できるようにしておきます。【参考:実用日本語表現辞典】

2.書き込んだ赤字をすべて取り消す

 校正記号のイキ
校正では、赤字を書き間違えたとき、修正液や修正テープなどは基本使いません。書き間違えた場合は、赤字で指示を入れ直します。

ただ、修正液や修正テープを絶対に使ってはいけないということではないです。各校正の現場の判断によって使うこともあります。使う場面によっては、赤字で指示を入れ直すよりも便利なときがあります。

赤字の取り消し・書き間違いは、なるべく赤字で対処して、これ以上赤字を書くとわかりづらくなる場合に修正液や修正テープを使うとよいと思います。

誰でも書き間違いをすることはあるので、ルール決めをしておくと安心です。

2:引出し線の位置を直す

▼  引出し線を訂正する


1.書き間違えた引出し線に、二重の取り消し線を引きます。そして、新たに正しい位置を書き加えます。

校正記号の書き間違い


2.目立たないようであれば、2箇所に取り消し線を入れるなどします。

校正記号の書き間違い


3.赤ペンが目立たないようなら、青ペンで書いたほうがわかりやすいときもあります。

校正記号の書き間違い

【気をつけたいところ】

他にも赤字の直し方は色々ありますが、直し方の基準は修正側がわかりやすいようにすることです
第三者目線で見て、何が一番伝わりやすいかで対処します。

上の挿入例の「」でいうと、取り消し線が見えにくいと、2箇所に中黒が挿入される可能性があります。

3:文字を書き直す

▼  文字を訂正する


・引出し線同様、文字に二重の取り消し線を引き、新たに正しい文字を書き込みます。

校正記号の書き間違い

【気をつけたいところ】

・文字数が少ない場合や一つの単語などは、1文字だけ訂正するよりも、すべて書き直したほうがわかりやすくなることも多いです。

校正記号の書き間違い

4:書いた赤字を取り消す

イキ」は、書き込んだ赤字を無効にするものです。

校正記号の書き間違い
【関連記事】> 校正記号:イキ(=ママ)の正しい使い方

イキ」を取り消して、もう一度赤字を入れたい場合


基本的に、赤字の書き間違いをした場合は、もう一度赤字を入れ直します。

ですが、赤字がごちゃごちゃしてわかりづらくなることがあります。こういう場合に、修正液や修正テープを使うことが多いと思います。

ただ、赤字でなく青字で書けば、スッキリしてわかりやすいときがあります。

次のように、赤字の「イキ」を青字で消すことで、「赤字青字」という時系列がわかりやすくなるので、万一取り消し線がわかりづらくても、どちらが最新の指示か判断できます。

校正記号の書き間違い

【気をつけたいところ】

取り消し線は、その赤字を取り消すということなので、
「取り消してどうするか?」の指示を加える必要があります。
---------------------------------------------
・取り消して、イキにするのか?
・取り消して、別の指示を入れるのか?
---------------------------------------------
赤字を見る側に、誤解を与えないようにすることが大切です。

次のように取り消し線だけの指示を入れた場合


校正記号の書き間違い
この指示からは、
「イキなのか?」
「次の指示を入れ忘れたのか?」
どちらとも解釈できます。


2.元の文字を生かしたいなら「イキ」にします。

校正記号の書き間違い


3.違う指示に直したいなら、新たに指示を入れます。

校正記号の書き間違い

5:修正液や修正テープで注意すること

赤字を書き間違えるたびに、修正液や修正テープを使うのはよい判断とはいえませんが、赤字がわかりづらくなるようなら使ったほうがよいです。

ただ、修正液や修正テープを入れた上に直接文字を書く場合は注意が必要です。
これは、少しの力で剥がれてしまう恐れがあるからです。

使う側(校正者)は、どこに使ったかわかっているので自分で剥がすことはないと思います。

ですが、校正ゲラは校正者だけなく、他の職種の何人もが目を通します。当然、他の方は修正液や修正テープが使われていることを知りません。校正ゲラを捲ったときや掴んだとき、コピーを取ったときなど、様々な場面で剥がれる可能性があります。

そのため、なるべく修正液や修正テープの上に文字を書くことは避けたほうがよいです。どうしてもそこにしか書けない場合は、書いた赤字の上からテープを貼って保護しておくことです。テープは、セロハンテープでなく、メンディングテープ(※)のほうが使い勝手がよくおすすめです。

他の注意点としては、修正液で赤字を消した場合、液が乾くのを待っている間に別の作業を進めてしまい、赤字を入れ忘れてしまうことです。このミスは意外と多いので注意しましょう。

※メンディングテープ
・湿気や紫外線に強く、長期的な使用が可能
・貼るとほとんど見えなくなり、コピーをとっても影が出にくい
・テープの上から鉛筆で文字を書き込むことができる

校正の道具

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索