紙のサイズ

紙のサイズの覚え方【覚えるのはA3・A4/B4・B5だけ】

コピーをとる時など、A3、A4など紙のサイズをよく耳にするかと思います。
サイズは、何となくの感覚で分かると思いますが、数値まで言える人は少ないのではないでしょうか。

こと紙に向き合う仕事の方に関しては、覚えておいて損はないです。
ふいにサイズを聞かれたときや、判型が違うなどといったときに役立ちます。

A3、A4…

よく目にするA3、A4などのサイズも、A0~A10まで11サイズあります。
でも、覚える数値は基準になるものだけで、あとは簡単に分かります。

A列(単位:mm)
A0  841×1189
A1  594×841
A2  420×594
A3  297×420
A4  210×297
A5  148×210
A6  105×148
A7  74×105
A8  52×74
A9  37×52
A10   26×37

Aの後ろにつく数字が大きくなるにつれて(A0、A1…A10)紙のサイズは小さくなっていきます。

数字を覚える前に、サイズのイメージを頭の中に入れましょう。
「A0、A1、A2、A3…」は、「縦、横、縦、横…」というように規則的に変化しているだけです。

覚え方のポイントは2つ

「A3」や「A4」などの普段よく使うものの数値だけ覚えておけば、後は法則で導き出せます。

ポイント1  右斜め下の数値は、同じ


ポイント2  左斜め下の数値は、約1/2

B4、B5…

A列よりも、大きいサイズのB列にも、B4、B5などよく耳にする紙のサイズがあります。

数値が違うだけで、法則はA列と同じです。

これも、B4とB5などの基準になるものだけ覚えていれば、あとは簡単に導き出せます。

B列(単位:mm)
B0  1000×1414
B1  707×1000
B2  500×707
B3  353×500
B4  250×353
B5  176×250
B6  125×176
B7  88×125
B8  63×88
B9  44×63
B10   31×44

ポイント1  右斜め下の数値は、同じ


ポイント2  左斜め下の数値は、約1/2