校正・校閲の練習問題:図表(円グラフ)でよくある間違い

図表(円グラフ)の校正[校正・校閲向け練習問題

今回は、円グラフでよく見られる間違いを練習問題にしています。円グラフはあらゆる媒体で見られるものです。一度は校正したことがあるという方も多いと思います。

グラフでは予期せぬ間違いが起こりやすいので、全体をくまなく確認する必要があります。

1:練習問題 問題

問題

【円グラフ作成用のデータをもとにして、作成した【制作物】があります。
おかしな点を指摘してください。

【円グラフ作成用のデータ
次のデータから、ABO式血液型割合の円グラフを作成。
ただし、Rh式は「+」と「-」をひとつにまとめる。

・日本のABO・Rh式血液型割合(人口比)

A+39.80%
B+19.90%
AB+ 9.90%
O+29.90%
A− 0.20%
B− 0.10%
AB− 0.05%
O− 0.15%

【出典元:Wikipedia Blood type distribution by country

【制作物】
  校正の練習問題

2:練習問題 解答

解答

1.「B」と「O」が逆になっている
2.
グラフ内の数値の合計が「100.1%」になっている
3.
円グラフの面積が数値と対応していない

3:練習問題 解説

解説

1.「B」と「O」が逆になっている


・Bの合計:20%

B+19.90%
B− 0.10%

・Oの合計:30.05%
(グラフでは、「30.1%」となっているため小数第2位で四捨五入していることがわかります)

O+29.90%
O− 0.15%

【赤字を入れるときの注意点】

【例1】のように、数値を入れ替えてしまうと、
・  グラフ内の数値が、時計回りで降順にならない
・「B」と「O」のグラフの面積も修正することになる

この2つの理由で、赤字を入れるのは血液型のほうにするのが適切です(【例2】参照)。


【例1】
校正の練習問題
【例2】
校正の練習問題

2.グラフ内の数値の合計が「100.1%」になっている


この0.1の誤差の原因は、元データのRh式「+」と「-」を合計する際、小数第2位を四捨五入したためです。

A+39.80%
B+19.90%
AB+ 9.90%
O+29.90%
A− 0.20%
B− 0.10%
AB− 0.05%
O− 0.15%


「AB− 0.05%」と「O− 0.15%」の2か所の「0.05」が「0.1」に繰り上がったため、誤差が生じたというわけです。

ただ、合計の数値が100を超えてしまうのは、特に間違いともいえません。

小数点以下を切り上げ/切り捨てしたことによって、数値の合計が100を越えたり割ったりしているグラフはよく見かけます。

これは、数値を丸め込むことによって、読み手にわかりやすくするという意図があります。

この場合、次のような注意書きをすることもあります。
構成比は小数点以下第2位を四捨五入しているため、合計しても必ずしも100とはならない。
【出典元:厚生労働省HP


数値を丸め込んだ場合も誤差が生じる場合も、その旨の注意書きをしておくほうが望ましいですが、特に決まりがあるというわけではありません。

ただ、数値を丸め込むことによって、意図せずとも、読み手の印象を操作してしまうケースがあるので注意が必要です。

あくまで例ですが、
「49%」と「51%」の2つに数値がわかれていた場合、
「50%」と「50%」に数値を丸め込むと印象がガラリと変わります。

結果としての正解は、各社・各媒体のルールによるということになります。ただ、数値を調整するよりも、注意書きを明記しておくほうが賢明です。

3.円グラフの面積が数値と対応していない

この手の間違いは、追加で修正したときによく起こるものです。

・左が誤り、右が正しいものです。

校正の練習問題
グラフの面積が違うと見た目の印象が、かなり変わってきます。特に誤】の「Aの40%」は、数値以上のインパクトを受けてしまいます。

おわりに

円グラフは、数値で示すよりも読み手にイメージが伝わりやすいので、媒体限らず色々な場面で見られます。ですが、間違いがあれば、読み手に誤解を与えるインパクトも大きいです。

円グラフを校正する際は、分度器さえあれば微妙な面積の違いもすぐにわかります。グラフ関係の校正を頻繁にするというなら、持っておきたい文具の一つです。

他の練習問題 > こちら