校正・校閲の練習問題:校正のやり方を考える

校正・校閲の練習問題:校正のやり方を考える

今回の練習問題は「校正内容を考える」という問題です。

「校正(校閲含む)してください」と言われた場合、
自分なら「どういう手順で、どこに気を付けて校正していくか?」というものです。

人によって、見るポイントややり方は違ってきます。正解は一つではありません。

【宝島社 InRed(インレッド)3月号_P.44の一部を改変しての出題になります】

1:練習問題 問題

問題どういう手順で校正するか考えてみてください。

校正のチェックポイント

2:練習問題 解答例

解答例

便宜上、解答例としていますが『こういう考え方もある』という目線でご覧ください。

 校正手順

いきなり『素読みからする』という人は少ないかと思います。まずは体裁面やお決まりの確認項目から潰して、その後、素読みに入るほうが集中できると思います。

素読みから先にすると、文章以外の間違い(体裁など)があったときに、そこに気を取られてしまうからです。極力、素読みは後回しにしたほうがいいです。

確認項目

校正のチェックポイント

人名の確認

公式のプロフィールページで漢字が正しいかを調べます。

QRコードの読み込みチェック

QRコードの入れ間違いはよくあります。小さすぎたり、適度な余白が周りにないと読み込めない場合があります。

リンクチェック

リンクが多いなら、校正ゲラのPDFをもらい、それで検索したほうが早いです。

次号の内容がこれでいいのか

・ここに入っている文章を正とするのか?
・次号の内容を確認できる材料を用意してもらうのか?

5.体裁の確認

・パッと見て、見出し系の文字は赤色になっていることがわかります。
 文字色もちゃんと区別されているので問題ありません。
・フォントの一部は明朝系ですが、それ以外はゴシック系で統一されています。
・級数や太字の設定も違和感のあるものは特にありません。
・左の段と右の段で、高さ(位置)も揃っています。
・文も左ソロエで統一されています。

6.素読み

全体の確認を終えてから素読みに入ります。「NEXT ISSUE」などの簡単な単語も辞書で必ずチェックします。

3:練習問題:ポイント

実際、このような内容の校正は、前述した校正項目をすべてやる必要はありません。文章を読めばわかると思いますが、次月号の説明文で定型文だとわかります。

ということは、過去号にも同じ文章が掲載されているはずです。定期物件だと、過去号からの流用ということはよくあります。なので、過去号を入手して、それと照合するほうが手っ取り早いです。

注意しておくこと

校正の依頼者が、すべての校正材料を用意してくれているとは限りません。
依頼者にも、モレは必ずあります。言われた通りのことを鵜呑みにして、校正しているだけではいけません。校正者側からもアラートを出す必要があります。

「ここの原稿が足りていないようなので用意してもらえますか?」
「ここも校正したほうがいいですか?」
 などの確認は、仕事上当然のことです。

ですが、この手の確認ができない人は意外と多いです。
また、依頼する側も校正任せにしている人が非常に多いです。手配の際のヌケモレ確認は、徹底しておきましょう。

他の練習問題 > こちら