校正記号のビジネス文書

よく使う基本的な校正記号と使い方

基本的な校正記号をイラスト付きでまとめています。

校正記号は、第三者に修正内容を簡潔明瞭に伝えるために生まれたものです。その使用のルールとして定められているのが「JIS印刷校正記号」です。

ここでは、そのJIS印刷校正記号を踏まえつつ、伝わりやすさ・使いやすさを考慮して、一部アレンジしています。

1:文字の修正

修正指示

校正記号の訂正

訂正の指示は、最もよく使う校正記号です。

他の校正記号にも共通しますが、使用で気を付けておきたいことは次の3点です。

・どこを修正するのか?
 ⇒ 修正範囲を明確にする

・どうするのか?
 ⇒ 修正結果をイメージする
 ※その指示だけでイメージした修正結果になるか? 指示に不足がないか?

・指示は丁寧に書く
 ⇒ 相手に誤解を与えないような乱雑な字や略字などは使わない

2:文字の挿入(追加)

挿入指示

校正記号の挿入

訂正の指示と似ていますが、挿入指示は、挿入したい文字を2股の線で挟むのがポイントです。また、引き出し線の先端に「」を付けて、挿入位置を明確にします。

2股の線にしなくても意味は通じますが、挿入指示だとハッキリさせるために「」は付けておきましょう。

3:文字の削除(トル・トルアキ)

削除指示

・「トルトルツメ
 ⇒ 文字を取ってツメル

校正記号のトル


・「トルアキトルママ
 ⇒ 文字を取って空いたママにしておく

校正記号のトル

トル」に関する指示は4つあるように思えますが、実質は2つだけです。

校正記号表では、基本「トル」と「トルアキ」を使用し、「トルツメ」と「トルアキ」は許容とされています。ですが、「トルツメ」と「トルアキ」の方が、「ツメ」と「アキ」が対比の関係にあるので覚えやすいかもしれません。

どの赤字を使うかは自由ですが、使う赤字は周りの校正者と統一しておきましょう。

4:赤字の取り消し(イキ・ママ)

 赤字を取り消す指示

校正記号のイキ
イキ」の文字は、生かしたい元の文章の近くに書きます。

・間違った使い方
 校正記号のイキ
※イキを入れるのは、赤字の近くではありません。

ママ」「モトイキ」「モトママ」も同じように使われますが、簡潔・明瞭を基準とするなら「イキ」や「ママ」のどちらかを使用しましょう。

5:改行する + 改行をやめる

 改行指示

校正記号の改行


改行指示は、『改行後、文頭を一字下げするという指示』です。ですが、この意味を知らない方も多いです。

そのため、改行指示を使うときは、改行後に文頭をどうするか文字を添えておくことです。そうすれば、修正側に誤解を与えることもありません。

-------------------------------------
・改行後、一字下げするなら、
改行記号」+「一字下ゲ

・改行後、一字下げしないなら、
改行記号」+「一字下ゲズ
-------------------------------------

※校正記号だけでは伝えきれないことも多いので、誤解を与えそうだと思ったら文字で補足しておくことです。補足の指示は鉛筆でします(青ペンでも大丈夫です)。


 改行をやめる指示

校正記号の追い込む

6:文字の入れ替え

入れ替え指示

隣接する文字

校正記号の入れ替え
入れ替え指示の記号は、S字でも逆S字でもどちらでも大丈夫です。


離れた文字

校正記号の入れ替え

7:字下げ 文字の移動

字下げの指示

校正記号の字下げ
段落の文頭を一字下げするときに使用にします。どこまで下げるかの記号は不要です。


文字の移動の指示

校正記号の字下げ
どの位置まで下げるかは、明確に指示しなければいけません。

8:アキ ツメ

アキとツメの指示

校正記号表から少しアレンジした指示になります。わかりやすく簡潔な使い方を紹介します。


アキ

校正記号の全角アキ


校正記号の半角アキ
アケル場合は、どれだけアケルのかを指示します。


ツメ

校正記号のツメ


校正記号のツメ
アケル指示とは違い「ツメ」の指示だけで、アキがどれだけあってもすべて詰まります。
※校正記号表では「ツメ」でなく「ベタ」ですが、意味が伝わりやすいので「ツメ」を使用しています。


仮に、全角アキを半角分だけツメたいなら「アト半角ツメ」という指示があります。ですが、これも下の指示の方がわかりやすいです。どの状態にするか結果を述べた指示です。これは校正記号表通りの指示です。


校正記号の半角アキ
※「アキニ」の指示につられて、アケル記号「」にしないように注意しましょう。

おわりに

校正の現場で起こるすべての間違いを、校正記号だけでは伝えきれません。そのため、校正記号だけでなく相手に伝わるように、文字で補足して伝える工夫も必要になってきます。

校正記号の第一は、相手に修正内容を明確に伝えることです。くれぐれも、校正記号表に載っているからという理由で、あまり知られていない校正記号を使うのは避けましょう。


校正記号のまとめ > 使いたい赤字を五十音検索

【関連記事】
 > 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 > 校正記号:よく使う基本的なもの