校正記号:下線・圏点(傍点)[縦書き・横書きで文字を強調する記号]

下線・圏点(傍点)[文字を強調する記号]

下線や圏点(けんてん)は、文字を強調したいときなどに使われる記号です。圏点は、傍点(ぼうてん)とも呼ばれます。

・例文

 圏点と下線


・例文内の「圏点(傍点)」と「下線」は次の部分に当たります。

 圏点と下線

圏点(傍点)とは?

注意をひいたり強調したりするため文字のわきに付ける点。「、」「・」「◦」など。

【出典:三省堂 大辞林 第三版】

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。
※記事内の例文は、青空文庫:谷崎潤一郎の『細雪』の一文を使用いたしました。

1:下線と圏点(傍点)の校正記号横書き」

「下線」と「圏点(傍点)」の校正記号【横書き】

下線の校正記号

校正記号の下線

圏点(傍点)の校正記号

(1)文字数が少ないとき

校正記号の圏点・傍点

(2)文字数が多いとき

校正記号の圏点・傍点

2:下線と圏点(傍点)の赤字の入れ方

「下線」と「圏点(傍点)」の使い方

【赤字例1】
・圏点(傍点)を個別に指示

校正記号の下線・圏点・傍点

【赤字例2】
・圏点(傍点)を複数に指示

校正記号の下線・圏点・傍点

【結果】
校正記号の下線・圏点・傍点

【気をつけたいところ】

・下線の指示は、線の位置が曖昧にならないように注意します。

【良い例】 校正記号の下線


【悪い例】 校正記号の下線

3:下線と圏点(傍点)の応用編

下線と圏点(傍点)の指示は、行間が狭いとき指示を書き込むスペースがないこともあります。

無理に指示を入れても、文字が小さくなったり、文字がつぶれたりすることがあります。その場合は、引出し線で指示するほうがわかりやすいです。

行間が狭くて赤字を書くスペースがないとき


校正記号の下線・傍点

下線の指示は、文字で「下線」と入れれば意味が通じやすいですが、「圏点」という語は使用頻度も高くないので、知らない方も多いと思います。

上の赤字で「圏点」でなく「傍点」を使っているのは、Wordでは「傍点」が使われているため、比較的意味が通じやすいからです。さらに「傍点」自体も意味が通じない恐れもあるので、念のため「・・・・」の記号も入れています。

どの指示を使うかは、第三者が見て伝わりやすいものを第一に選択することです。ご自身の制作環境に合わせてください。

Wordの傍点の設定画面

校正記号の圏点・傍点

4:下線と圏点(傍点)の校正記号縦書き」

縦書きの場合は、横書きと名称や記号が違ってきます。

下線の校正記号

・横書き「下線」 ⇒  縦書き「傍線

校正記号の下線

圏点(傍点)の校正記号

・横書き「」  ⇒  縦書き「

校正記号の圏点・傍点 

※一般的な使用例です。縦書きでも「」を使用することがあります。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索