校正記号の詰める

詰める(ツメる)の使い方[字間・行間の詰め]

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1:文字間の空白(スペース)を詰める:基本編

詰める校正記号

横組みでは、文章の上につく場合「」を、文章の下につく場合「」を使用します。

文字間の空白(スペース)を詰める場合は「ツメ」でなく「ベタ」を使用します。ベタとは、文字間にアキがない状態のことをいいます。

「ベタ」は、文字間にアキのない状態を意味するので、
すなわち、文字間のアキを詰めるということになります。

※校正記号表に厳密にならうなら「ベタ」ですが、実際は「ツメ」でも十分伝わります。


横書きの場合

・詰める記号を上に付ける場合・下に付ける場合(※ベタの文字は省略可)
校正の詰める

・空白が何文字分あってもこの記号一つで大丈夫です。
校正の詰める

・複数個所を詰める場合
校正の詰める


縦書きの場合

・横書きと同様です。

校正の詰める

2:文字間の空白(スペース)を詰める:応用編

詰めるけれども、ある程度のアキを残したい場合

例えば、全角アキを二分(半角)アキにしたい場合などには、
○○アキニ」「アト〇〇」を使います。


横書きの場合

全角アキを二分アキにしたいときの例


(1)「〇〇アキニ」の指示は、どのようにしたいか修正結果を指示するものです。

・二分アキニの例


※「アキニ」の指示につられて「」としないように注意しましょう。


(2)「アト〇〇ツメ」の指示は、現状のアキから、あとどれだけ詰めるかの指示になります。

・アト二分ツメの例


※「アト〇〇ツメ」よりも、修正結果を明確に伝える「〇〇アキニ」の方が伝わりやすいです。


【補足】
 複数個所のアキを調整したい場合




縦書きの場合

・横書きと同様です。

3:行間を詰める:基本編

行間を詰める場合

行間に対しては、「ベタ」でなく「ツメ」を使用します。


横書きの場合

・指示は、基本左側に書きますが、見やすければ右側でも問題ありません。
・ベタの指示と同様、何行分あってもアキは全部なくなります。

縦書きの場合

・横書きと同様です。

4:行間を詰める:応用編

詰めるけれども、ある程度の行間を残したい場合

ツメ」や「アキニ」の指示を使用します。
※何行分詰めるかの「〇行ツメ」よりも、修正結果を伝える「〇行アキニ」の方が伝わりやすいです。


横書きの場合

・1行ツメと1行アキニの例




縦書きの場合

・横書きと同様です。


校正記号のまとめ 使いたい赤字を五十音検索

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの

PC