校正記号:半角スペースのアキ・ツメなど半角にする指示のポイント解説

半角スペースのアキ・ツメなど半角にする指示のポイント解説

半角は、横幅が全角の二分の一のサイズのため、校正では「二分(にぶん・にぶ)」と呼ばれます。校正記号表でも、半角スペースのアキ・ツメなどには、主に「二分」の指示が使用されます。

一方、全角文字を半角文字に直す場合は「半角」の指示が使用されます。
例えば、全角数字の「8」を半角数字の「8」に直す場合など(※「5」の項目参照)。

これらについて、赤字の入れ方を解説していきたいと思います。

全角アキ・二分アキ(半角アキ)・ベタの関係

 全角アキ  文 字 間 隔
二分アキ  文  字  間  隔
 ベタ    文字間隔

1:半角分のスペースを入れる

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1-1:一か所だけに半角スペースを入れる

赤字の入れ方

半角アキ・ツメの校正記号

結果

半角アキ・ツメの校正記号

※校正記号表では「二分」を使用していますが、実際は「半角」に置き換えても通じます。

1-2:複数箇所に半角スペースを入れる

赤字の入れ方

半角アキ・ツメの校正記号

結果

半角アキ・ツメの校正記号

2:アキを半角にする

ここでの指示は、既にスペースが空いているものを半角アキにする例になります。

・次のように「全角アキ」を「半角アキ」にする場合です。

半角アキ・ツメの校正記号

前述の「1」の項目と似ているようですが、「1」は字送りベタなものに半角スペースを入れる指示です。

※「1」の例
半角アキ・ツメの校正記号

2-1:既にスペースが空いてるものを半角アキにする

このときは「二分アキニ」の指示を使います。「〇〇アキニ」の指示は、「〇〇」の部分に空けたい分量を入れます。最終的に、どれぐらい空けたいかという修正結果を指示するものです。

赤字の入れ方_1
・「全角アキ」を「半角アキ」にする場合

半角アキ・ツメの校正記号

赤字の入れ方_2
・「全角2倍アキ」を「半角アキ」にする場合

半角アキ・ツメの校正記号

結果

半角アキ・ツメの校正記号

※ 「二分アキ」を「半角アキニ」としても通じます。

2-2:複数のスペースを半角アキにしたい場合

赤字の入れ方_1
・「四分アキ」を「半角アキ」にする場合

半角アキ・ツメの校正記号

赤字の入れ方_2
・「全角アキ」を「半角アキ」にする場合

半角アキ・ツメの校正記号

結果

半角アキ・ツメの校正記号

2-3:アキを微調整したい場合

赤字の入れ方_1
・現状のアキに加えて、あと半角分のスペースをアケル場合

半角アキ・ツメの校正記号

赤字の入れ方_2
・現状のアキから、あと半角分のスペースをツメル場合

半角アキ・ツメの校正記号

※「アト二分アケ」「アト二分ツメ」はアト半角アケ」「アト半角ツメ」としても通じます。

3:半角の記号・符号類を挿入・訂正

半角は、スペースだけでなく、半角の記号・符号類を入れる場合にも注意しなければいけません。半角のものに訂正する場合は、全角と区別がつくよう補足指示を入れる必要があります。

例えば、
中黒ならの大きさを変えることで、半角と全角を区別します。

半角アキ・ツメの校正記号

このように、四角の大きさだけで半角と全角を区別することもできますが、さらに半角であることを文字で補足します。そうすることで、全角と半角が混同されることを防ぎます。

3-1:半角の記号・符号を挿入する

赤字の入れ方
半角アキ・ツメの校正記号
※「二分」の位置は、見やすければ上下左右どこでも大丈夫です。

半角アキ・ツメの校正記号
※補足の指示は鉛筆書きでも大丈夫です。

結果

半角アキ・ツメの校正記号

※「二分」を「半角」にしても通じます。

3-2:半角の記号・符号を訂正する

赤字の入れ方
半角アキ・ツメの校正記号
※「二分」の位置は、見やすければ上下左右どこでも大丈夫です。

半角アキ・ツメの校正記号
※補足の指示は鉛筆書きでも大丈夫です

結果

半角アキ・ツメの校正記号

4:半角アキの実践的な使い方

校正記号表では、
--------------------------------------
・半角スペースを、入れる場合
・半角スペースを、調整する場合
--------------------------------------
複数の指示があります。

色々と迷うかもしれませんが、特に校正記号表にこだわらない環境であれば、次の指示に置き換えても十分通じます。

二分」や「二分アキニ」の指示を「半角アキニ」に統一する

校正記号の半角アキ・ツメ

こうすれば、半角に関する指示は、ほぼ「半角アキニ」で代用できます。
二分」でなく「半角」を使用するので、校正記号に詳しくない方にも指示内容が伝わりやすくなります。

5:半角の文字にする

▼ 「全角文字」を「半角文字」に直す場合

この場合は、「二分」でなく「半角」を使用します。

赤字の入れ方

半角アキ・ツメの校正記号

結果

半角アキ・ツメの校正記号


【補足】


1.
「半角カタカナ」を「全角カタカナ」に直す場合は、上の赤字例の「半角」の 文字を「全角」に変えます。

校正記号の全角


2.英語の全角「ABC」を半角「ABC」に直す場合は、「欧文」or「オウブン」を使います。

校正記号の欧文


6:半角は、三角の記号(△)で代用できる?

半角の指示では、「二分」や「半角」の文字の代わりに、小さな三角の記号()で代用されることがあります。

・次のように使用されます。

校正記号の半角

この三角の記号()は、以下の理由で使用するのは避けたほうがよいでしょう。

1.記号の意味を知らない人が多い
  → 相手に伝わらない可能性がある。
2.記号自体が小さいので見落とす可能性がある
  → ちゃんと文字で補足したほうが見落としを防げる。

ただ、関与者が記号の意味を知っていて見慣れたものであるなら、わざわざ使うのを止める必要はありません。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索