校正校閲のおすすめ本

文章が好きな人へ贈るおすすめの本

【講談社文庫】熟練校閲者が教える 間違えやすい日本語実例集


熟練校閲者が教える 間違えやすい日本語実例集(講談社文庫)

こちらの本、愛嬌のあるウサギ先生(?)が表紙を飾り、画像には映っていませんが、帯はピンク色になっていて、手元に置いておくだけでも和む本です。

著者は、講談社校閲部の方々です。

表紙のポップさにつられて、一見さらりと読めそうですが、考えさせられることが多く、何度も手が止まります。

ピンクの帯には、いきなり下のような問題が3つ書いてあります。

以下の文章の誤りを正してください。

Q1 県で一番の名門校に席をおく秀才。
Q2 彼女は過去を精算して、やり直すことにした。
Q3 私は包擁力のある上司になりたい。

 ※答えは、帯表4にあるので、実際に手に取って答え合わせをしてみてください。

校閲のプロの考えが学べる

おススメ理由

講談社校閲部の方々が書かれていますので、プロの校閲者の視点を学ぶことが出来ます。
また、掲載している用例が、実際の原稿やゲラで目にしたものを加工しているものなので生きた勉強材料から知識を得ることができます。

この値段で、この内容でしたら、コスパは非常にいいと思います。

講談社校閲部の方々が書かれているということで、おそらくターゲットは校正・校閲者向けの本なのかもしれませんが、文章に携わるすべての方に、勉強になる要素が詰まっています。

2007年刊行のものを文庫化したそうですが、10年以上経った今でも全く通用します。

こちらの本の流れは、実際に起こった間違いを問題文にし、その解説をするといった感じで進んでいきます、問題文は、一行か二行程度で、気軽に取り掛かれます。

ですが、解説文は豊富で明解で、非常に詳しく書かれています。内容も、よく耳にする日本語が多く、誰でも疑問に思ったり、陥りやすかったりする実例がたくさん紹介されています。

単純に間違いを解説しているだけでなく
・間違いに至る経緯
・なぜこのような間違いになったのか
・この間違いから派生しうる他の間違い
などなど、様々な視点でプロの校閲者の思考を知ることができます。

さらに、
各章の最後には、座談会形式でのトークがあり、校閲のプロの方々の生の声が聞けます。
感心させられることが多く、校正・校閲に携わる方なら、きっと頷く場面も多いでしょう。

文章に携わるライターなどの方にも参考になるとものだと思います。
シンプルに読んでも、熟考しながら読んでも楽しめる本です。

「amazonのKindle」だとスマホやPC向けの無料サンプルもあります。
文章問題が2つ見られ解説も読めますので、興味のある方は参考にしてみてください。