校正記号の三点リーダー

三点リーダー・二点リーダーの意味と使い方

リーダーには、主に三点リーダーと二点リーダーがあります。二点リーダーはあまり見る機会がありませんが、三点リーダーは多くの媒体で使用され、文章内での使用頻度も高いです。

三点リーダーは、基本2倍「……」で使用するものです。ですが、媒体によってはそのルールが絶対というわけではありません。全角「…」や3倍「………」で使用されているのもよく見かけます。

基本は媒体のルールに沿い、特に決まりがなければ2倍「……」の使用が推奨です。

1:リーダーの意味や使用される場面

リーダーの意味

(1)リーダー(leader;lead(導く)から派生)は約物のひとつである。点々や点線などと呼ばれることもある。活字や写植・フォント等では、二点リーダー(‥)と三点リーダー(…)などがある。JISでは二点リーダと三点リーダと表記する。
【出典:Wikipedia


リーダーの使い方

(2)3点リーダーは、省略の意味を持つ記号として、あるいは、視線を導かせる点線などとして、用いられる。具体的には、文章中で沈黙の状態や文の省略を表したり、文末で余韻を残したりするために用いられる。また、箇条書きで項目名と内容をつなげる点線として用いられる。
【出典:IT用語辞典バイナリ

2:三点リーダー・二点リーダーの校正記号

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

 リーダーの校正記号 

「三点リーダー」と「二点リーダー」には、校正記号が2種類あります。どちらを使用しても問題ありません。


三点リーダー

校正記号の三点リーダー


二点リーダー

校正記号の三点リーダー
・2点リーダーは、文字で「2点」と補足する必要があります。


補足の文字は、丸囲みでもパーレンでもどちらでも大丈夫ですが、見やすさを考えればパーレンの方がいいと思います。
校正記号の三点リーダー



2倍の三点リーダー
(※2倍は、全角の2倍ということで2文字分になります。2倍ドリとも言います)

校正記号の三点リーダー

校正記号の三点リーダー


2倍の二点リーダー

校正記号の三点リーダー

校正記号の三点リーダー

三点リーダーの赤字の入れ方

三点リーダー


・修正

(1)校正記号の三点リーダー

(2)校正記号の三点リーダー



・挿入

(1)校正記号の三点リーダー

(2)校正記号の三点リーダー
※挿入の(2)の指示を実際に使うときは、点がわかるように大き目に書いておくことです。
挿入の二股線に点が近すぎると、パッと見「□□」にしか見えません。

二点リーダーの赤字の入れ方

二点リーダーの赤字の入れ方です。基本は三点リーダーと同じです。

二点リーダー


・修正

(1)校正記号の三点リーダー

(2)校正記号の三点リーダー



・挿入

(1)校正記号の三点リーダー

(2)校正記号の三点リーダー

校正記号のまとめ 使いたい赤字を五十音検索

【関連記事】
 > 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 > 校正記号:よく使う基本的なもの