三点リーダー・二点リーダーの意味と使い方[校正記号]

三点リーダー(…)・二点リーダー(‥)の意味と使い方

1.三点リーダー・二点リーダーについて

三点リーダー、二点リーダーともに約物の一つになります。JIS X 0208では、「三点リーダ」「二点リーダ」と表記され、語の後ろに音引きはつきません。
(※約物とは、文字・数字以外の記号・符号の総称。句読点や括弧なども約物になります)

両者ともリーダーの一つの種類になり、リーダーには「点々」や「点線」などの呼称があることから、三点リーダーや二点リーダーもそう呼ばれることがあります。

一般的な書籍やカタログ、雑誌などで、二点リーダーを見る機会は少ないですが、三点リーダーは多くの媒体で使用され、文章内での使用頻度も高いものです。

2.三点リーダー・二点リーダーの使用方法

三点リーダーは、基本2倍「……」(2つセット)で使用するとされますが、あくまでも2つでの使用が望ましいというだけで、全角「…」や3倍「………」での使用が間違いというわけではありません。

使用ルールは、企業や媒体、個人によって違ってきます。どの使用でも問題もありませんが、特に決まりがないようであれば、2倍「……」の使用が推奨です。

また和文の場合、三点リーダーや二点リーダーの代わりに、中黒の半角や全角が使用されることがあります。

三点リーダー
・・・半角中黒が3つ
・・・全角中黒が3つ
二点リーダー
・・半角中黒が2つ
・・全角中黒が2つ

これらは誤用というよりも、くだけた文章などで見た目を考慮して意図的に使用しているケースが多くみられます。

3.三点リーダー・二点リーダーの文章中での使用例

リーダーの使い方は特に限定されていませんが、文章中では主に次のような場面で使用されます。

1.会話の間/無言の状態を表す
2.余韻を残す
3.文章の省略
4.関連する語や項目をつなぐ など

リーダーの具体的使用例

1.会話の間/無言の状態を表す

三点リーダーの使用例

2.文末につけて余韻を残す

三点リーダーの使用例

3.引用など文を省略する

三点リーダーの使用例

4.関連する語や項目をつなげる(※単に点線の記号として使用)

・例1

三点リーダーの使用例

・例2

三点リーダーの使用例

三点リーダー・二点リーダーの校正記号

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

 リーダーの校正記号 

「三点リーダー」と「二点リーダー」には、校正記号が2種類あります。どちらを使用しても問題ありません。

 三点リーダー

 三点リーダー

二点リーダー

 二点リーダー

・二点リーダーは、文字で「2点」と補足する必要があります。

補足の文字は、丸囲みでもパーレンでもどちらでも大丈夫ですが、見やすさを考えればパーレンのほうがいいと思います。

 二点リーダー

2倍の三点リーダー
(※2倍は、全角の2倍という意味で2文字分を表します。2倍ドリともいいます)

 三点リーダー

 三点リーダー

2倍の二点リーダー

 二点リーダーの使用例

 二点リーダーの使用例

三点リーダーの赤字の入れ方

三点リーダー

訂正の赤字の入れ方

 1. 三点リーダー

 2. 3点リーダー

 挿入の赤字の入れ方

 1. 3点リーダー

 2. 3点リーダー

挿入のの指示を使うときは、点がわかるように大き目に書く必要があります。
挿入の二股線に点が近すぎると、パッと見ただけでは「□□」にしか見えません。を2つ入れる指示に解釈できます。

二点リーダーの赤字の入れ方

二点リーダーの赤字の入れ方は、三点リーダーと同様です。

二点リーダー

訂正の赤字の入れ方

 1. 二点リーダー

 2. 二点リーダー

 挿入の赤字の入れ方

 1. 二点リーダー

 2. 二点リーダー

校正記号一覧 使いたい赤字を五十音検索

[リーダーについては、以下の辞書・サイトを参考にしています]

・編集校正小辞典_ダヴィッド社
・日本エディタースクール_校正技術

・IT用語辞典バイナリ
・Wikipedia_リーダー記号

※リーダーの使い方で使用している例文は、青空文庫:谷崎潤一郎の『細雪』より一部抜粋・改変したものになります。