校正記号:Q(級数=ポイント)・H(歯)・ℓ(Line=行)の意味

Q(級数=ポイント)・H(歯)・ℓ(Line=行)の意味

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1:Q(級数)= ポ(ポイント)

 Qとは?

Q 」は、級数のことをいい、文字の大きさの単位のことです。同じように、文字の大きさの単位を表すものに、ポイント()があります。

2つとも文字の大きさの単位のことですが、サイズは違ってきます。

・1Qは、0.25mm
・1ポイントは、DTPでは 0.3528 mm(JISでは 0.3514mm)

(※1Qの0.25mmは、1mmの四分の一。四分の一は英語でQuarter。「Q」は「Quarter」の頭文字からきています)

級数とポイントのサイズを比較すると、約1.4倍、ポイントのほうが級数より大きくなります。

 級数とポイントの大きさのイメージ

 校正記号の級数ポイント

1-1:赤字の入れ方(基本形)

校正記号の級数ポイント

1-2:赤字の入れ方(実践編)

校正しているものに規定書があるなら、級数の間違いには数値で指示します。

規定書(フォーマット)があり、級数がわかっているなら
    10Q or 7ポ というように正すべき数値で赤字を入れます。

ですが、すべての媒体で規定書が存在していることもありません。

級数がわからない場合、級数表で測るのも一つの手ですが、フォントや太字の影響で文字が大きく見えることがあります。級数表をあまり使い慣れていない人は、測り間違いがあるかもしれないので避けたほうがいいです。

また、実際の現場では、わざわざ級数表で測って指示を入れることもあまりないです。(※規定書がない場合)

文字の級数がわからない場合の赤字の入れ方

1.級数がすべて同じ場合

他にも「上の行と同Qに」など入れ方はいくつかあります。誌面内の級数がすべて同じでなら、合わせるべき級数は1つしかないので「Q正ス」でも問題ありません。

2.異なる級数が複数混在している場合

上の行と同Qに」「Telの行とQアワセル」などの入れ方でも大丈夫です。異なる級数が混在する場合は、どこと同じにするのかを明確に指示しないと、修正する側が迷うことになります。


【注意点】
の例の場合は「Q正ス」でも通じますが、級数が複数混在しているときは、どこと級数を合わせるかの指示もしておいたほうが、修正する側に対して親切です。

2:H(歯)

 Hとは?

「 H 」は、歯(は)の簡易表記で、字送り・行送りのことをいいます。

・1H=0.25㎜で、1Qと同じです。

2-1:字送り

字送り(→)

字送りは、字間と混同されがちですが、字間とは計測する基準点が違います。

校正記号の字間と字送り

【例】

字送りベタから、H(歯)の数値を高くしていったもの。一番上が字送りベタ。

校正記号の字送り

2-2:行送り

行送り(↓)

行送りは、行間と同じと誤解されがちですが、計測する基準点が違います。

校正記号の行送りと行間
※ Wordの行間は、DTPでの行送りのことを示しています。混同しないようご注意ください。「Wordの行間 = DTPの字送り」


【例】

行送りベタから、H(歯)の数値を高くしていったもの。一番上が行送りベタ。

校正記号の行間

級数やポイント、字送りや行送りについては、校正者よりもオペレーターやデザイナーのほうが詳しいです。もっと詳しく知りたいという方は、オペレーターやデザイナーに聞いたほうが詳しく教えてくれると思います。

3:ℓ(Line

「 ℓ 」は、「Line」の頭文字を取ったもので、「行」のことをいいます。
「行」と書くのが手間なので「ℓ」で代用します。


【例】

校正記号のアケル

「 ℓ 」と同じようなものに、「 w 」があります。
1wアケル」というような赤字をたまに見かけます。


この「w」は、
「 w 」⇒「 word 」⇒「文字」⇒「全角」となります。
1wアケル」の指示は、「全角アキ」と同じ意味になります。
 

「 ℓ 」や「 w 」の指示ですが、周りでこの記号を誰も使っていないのであれば、使用するのは避けたほうがいいです。

あまり一般的でないのと、筆記体を習っていない世代もこれからは増えてくると思うので、単に書くのがラクだからという理由での使用はおすすめしません。

※校正記号表では「ℓ」の使用も許容とされていますが、「行」としておくほうが誰が見ても迷わずにすみます。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索