校正・校閲の仕事がなくなる

校正・校閲の仕事はAIによってなくなるのか?

数年前に話題になった、AIの台頭でなくなる職業。
その可能性が高いものとして、多くの職業があげられています。

 一般事務、受付、銀行窓口、警備員、検収・検品係、スーパーの店員、配達員、データ入力、 保険事務員、レジ係、タクシー運転者、バス運転者…… etc.

完全に置き換わるというよりも、その仕事の大部分がAIで代替可能というものです。


校正・校閲にも数年前からAIの導入が見込まれてきていますが、
校正・校閲がAIに置き換わる基準として、まずは表記揺れがその一つになると思います。

日本語のどんな文章の表記揺れに対しても100%に近い精度でAIが発見できる日がくれば、校正・校閲がAIに置き換わるときが近いかもしれません。

AIの進化の度合いは計り知れませんが、現状ではそんな日がくるのはまだまだ先でしょう。

1:世界最高レベルの日本語の難解さ

AIの英語学習に関しての精度は飛躍的に向上しています。翻訳サイトの進化も目覚ましいものです。

英語に関しては、単語を入力するだけで文章を作成してくれるサイトもあります。
参考サイト > Articoolo


ですが、こと日本語に関してはまだまだです。文章を作るどころか間違いさえ指摘できないのが現状です。現状市販されているデジタル校正ソフトも、あくまで校正支援を目的としているものです。そこには、日本語の習得の難易度が大きく関係していると思われます。


以下は、英語圏の外交官が語学習得する難易度を表しているものです。
日本語はもっとも難しいレベルに位置しています。

校正

校正

日本語はしばしば主語が省略されることがあります。曖昧な表現も多く、前後の文脈を考慮しないと意味が理解できない文も多いです。

逆に言えば、主語-述語の関係を明確にし修飾語や副詞はなるべく避け、AIが理解できるような文章を心掛ければ、高い精度で間違いを検出してくれるかもしれません。

これは、現在市販されているデジタル校正ソフトでも同様です。文章の構造や語句を簡単なものにすれば、間違いの発見率も上がります。

ただ、文章表現に制限を掛ければありきたりな文章になってしまう恐れがあため、そこまでして導入しようと考える人は現段階では少ないでしょう。

2:費用対効果

AIの導入費用 >>> 人件費

経営的には、これが一番大きいでしょう。仮に、校正・校閲をAIに置き換えることができても、制作工程全体のフローも改善する必要があります。

その導入費用はかなり大きなものになってきます。
それだけのコストや労力をかけて校正・校閲を自動化する必要があるのか。

仮に、AIが日本語をマスターして、導入コストも人件費と比べ妥当なものとなっている日が来たとすれば、そのときには、なくなっている職業は山ほどあるはずです。

そのような中で、職業として「校正・校閲」が存在しているかはちょっと疑問です。校正・校閲の仕事がなくなるとか言っている次元ではないでしょう。

3:校正・校閲という仕事の重要性が不明確

「そもそも置き換える必要があるのか?」ということです。

校正・校閲の重要性や難しさがわかっていないため「誰でもできる仕事」と思われていることは多いです。
(※これは、校正者が自分達の職種の重要性や価値を発信できていないことが大きいので、校正者の責任でもありますが)


現に、専門の校正者がいない会社は非常に多いです。
編集や進行管理など他の職種の方が校正・校閲を兼務していることもあります。

誰もができると思われている状態では、わざわざAIに置き換えようという考えには及ばないはずです。

AIの台頭よりも先になくなる?

校正・校閲の仕事は AI によってなくなるのか?」の問いに対して、現段階での答えは「No」です。

でも、校正という仕事は、AIに置き換わる前になくなっているかもしれません。

現在でも完全消滅までには程遠いですが、システム化により校正者の負担を軽減している会社はあります。それには、上流工程での品質管理がカギとなっています。

間違いを見つける から
間違いのもとを見つける への変化です。

言い換えれば、
起こった間違いを校正者が見つけるのではなく、
間違いが起こらないようにする(もしくは事前に間違いを見つける)、
にシフトしています。

オンライン校正の目的がこれに近い考え方です。


今まで制作工程の下流にあった校正は、最後の砦として品質を支えてきましたが、現在では制作の上流工程で、システムやデジタルツールを用いて品質を支えていることも珍しくありません。

校正・校閲だけに限らず、決まりきった作業で正確性・スピードを要求する仕事は、機械の得意とする分野です。そういう分野は着々と置き換わられつつあります。

既に、システムを構築したりデジタル化されていたりすることは多く、その有効性を実感している人も多いでしょう。

校正者一人がどんなにスキルアップを図ったところで機械には敵い部分があります。


出版・印刷業界が華やかだった時代と違い、コスト圧縮 ・人材不足が続く今のような状況では、人の手に頼るアナログな方法では限界があります。

文字情報がデータ化された時代に、出力された紙だけで校正者にすべての間違いを見つけてもらうなんて考える人はもうほとんどいないでしょう。

校正・校閲の仕事がなくなる……

校正・校閲の仕事がなくなる……

そんな時代が来るのかどうかわかりませんが、その時には校正の職域も大きく変わっているはずです。現在でも、紙で校正するのではなくパソコンを使いこなす校正者は増えています。

これは決して、Webの校正が増えてきたからパソコンを使わなければいけない状況になってきたというわけではなく、紙とかWebとか関係なく、パソコンを使ったほうが校正・校閲の仕事が効率化できる(ラクできる)時代になってきたからです。


最後に。
AIやデジタル校正ソフトの進歩の度合いはわかりませんが、校正・校閲という仕事は、紙・Web・動画など媒体関係なく、正しい日本語を発信するための重要な媒介となる職種です。また、ヒューマンエラーがある以上は、そう簡単になくなる仕事ではありません。

ただ、パソコンを駆使した校正・校閲の効率化は必須です。

『これからも紙だけで校正していく』と考えている人は、仕事が先細りしていく可能性は高いでしょう。