「場合」と「際」の使い分け基準

「場合」と「際」の使い分け

「場合」と「際(さい)」は似たような場面で使われることが多いです。「場合」でも「際」でもどちらを使用してもよい状況もあります。

そのため両者の使い分けが曖昧になるかもしれません。

「場合」と「際」どちらでも置き換え可能な文もありますが、一方で「場合」と「際」を置き換えられない文もあります。

この記事では「場合」が適切でないとき「際」が適切なとき、この使い分けを見ていきたいと思います。

 

「場合」と「際」の使い分け基準

場合」も「」も複数の意味を持つ言葉ですが、2つの使い分けで迷ったときには、次のの基準に注目してみるとわかりやすくなります。

使い分けの基準

場合」も「」も使える場面
  起こる可能性がある事態、もしくはその事態が起きたときに行うこと

場合」でなく「」が適切な場面
 すでに起こってしまったこと

次の文にはいずれも「」という語が含まれています。この中で1つだけ「場合」という語に置き換えられないものがあります

1. アスレチック使用中に怪我をしたは、係の者にすぐお知らせください。
2. 家に帰る、駅前で友人に会いました。
3. お待ちの間、何かお困りのはこちらのブザーを押してください。

<解説>

1. アスレチック使用中に怪我をしたは、係の者にすぐお知らせください。

この文は、「これからアスレチックを使う。まだ怪我をしていないが、怪我をする可能性がある。怪我をするという事態が起きたときには、係の者にすぐ声をかけてほしい」という意味になるので、Aに当てはまります。「場合」も「際」も使えます。

 アスレチック使用中に怪我をしたは、係の者にすぐお知らせください。
 
アスレチック使用中に怪我をした場合は、係の者にすぐお知らせください。

⇒ 「場合」も「」も両方使える

2. 家に帰る、駅前で友人に会いました。

この文は、「もう家に帰っている。家に帰る途中に駅前で友人に会った」という意味になるので、Bに当てはまります。すでに起こってしまった過去のことなので「場合」は使えません。

 家に帰る、駅前で友人に会いました。
   家に帰る場合、駅前で友人に会いました。

⇒ 「」の使用が適切

3. お待ちの間、何かお困りのはこちらのブザーを押してください。

ここでの「際」は、1つ目の文の「際」と同じです。「これから待ってもらう。まだ困ったことは起きていないが、困るシチュエーションがあるかもしれない」

困るという事態が起きたときにはブザーを押してほしいという意味になるので、Aに当てはまります。「場合」と置き換え可能です。

 お待ちの間、何かお困りのはこちらのブザーを押してください。
 お待ちの間、何かお困りの場合はこちらのブザーを押してください。

⇒ 「場合」も「」も両方使える

場合」と「」を使っていて何か違和感を覚えたときには、ABの基準を確認してみましょう。1~3に当てはまらない状況もありますが、多くはこの考え方で判断することができます。

「場合」と「際」の使い分けの練習

前述の例を踏まえて、次の文中の「際」の中で、「場合」に置き換えられないものはどれか考えてみてください。

Q
1. お食事中、席を離れるは、赤い札をテーブルに置いてください。
2.
先週の金曜日、本社に出向いたにこの書類を受け取った。
3.
先月のミーティングで部長にお会いした、新しいプロジェクトの相談をされた。

A
1つ目の文は「これから食事をする。まだ席を離れていないが、席を離れる可能性がある。席を離れるという事態が起きたときには、赤い札をテーブルに置いてほしい」という意味なので、使い分けのAに当てはまり「場合」と置き換え可能です。

 お食事中、席を離れるは、赤い札をテーブルに置いてください。
 お食事中、席を離れる場合は、赤い札をテーブルに置いてください。

⇒ 「場合」も「」も両方使える

2つ目は「先週の金曜日本社に出向いた。その時(=先週の金曜日)、この書類を受け取った」という意味なので、Bに当てはまります。

すでに起こってしまった過去のことになるため「場合」は使えません。

 先週の金曜日、本社に出向いたにこの書類を受け取った。
   先週の金曜日、本社に出向いた場合にこの書類を受け取った。

⇒ 「」の使用が適切

3つ目の文は、2つ目と同じです。「先月のミーティングで部長にお会いした。その時(=先月)、新しいプロジェクトの相談をされた」という意味なので、Bに当てはまります。

すでに起こってしまった過去のことなので「場合」は使えません。

 先月のミーティングで部長にお会いした、新しいプロジェクトの相談をされた。
   先月のミーティングで部長にお会いした場合、新しいプロジェクトの相談をされた。

⇒ 「」の使用が適切

以上のように「場合」と「」の使い分けで悩んだときは、まず起こった時間軸を考えてみるとわかりやすくなります。