校正記号

明朝体とゴシック体について

明朝体

明朝体は、横の線が細く縦の線が太い書体で、「とめ」や「はらい」「うろこ」と呼ばれる三角のものがあるのが特徴です。

【例】

【BIZ UDP明朝Medium】

ゴシック体

ゴシック体は、線の太さが縦も横も均一なのが特徴です。

【例】

【BIZ UDPゴシック】

明朝体とゴシック体、校正するのに適したフォントは?

フォントの種類は明朝体やゴシック体以外にもありますが、一般的にはこの両者がよく使用されます。どちらも普段から見慣れていて馴染みのあるものなので、特に何も違和感がないと思います。

ですが、よくよく2つを見比べてみたら、校正に適したフォントがどちらなのかがわかってきます。

明朝体とゴシック体の比較一覧

フォントによって見分けづらい文字・記号の一覧です。
ゴシック体と明朝体を見比べてみてください。

【ゴシック体 … BIZ UDPゴシック /  明朝体 … BIZ UDP明朝Medium】


UD(ユニバーサルデザイン)フォントなので比較的区別がつきやすいですが、ゴシック体は線の太さが均一なため、文字同士で字形の差が出にくく見分けづらいものが多いです。

一方、明朝体になると、文字同士で字形の差が出てきて区別がつきやすくなります。とくに「うろこ」や横線に傾斜があるため見分けやすくなります。

※よく似た文字として「0(数字のゼロ)」と「O(アルファベットのオー)」もあげられますが、「0(ゼロ)」と「O(オー)」は、手書きの文字だと区別がつきづらいですが、フォントによっての違いは明確なのでここでは取りあげておりません。

明朝体とゴシック体の比較

ゴシック体は、線の太さや長さをよく見比べて区別するしかありません。明朝体は、「うろこ」や「とめ」の部分、横線の傾斜具合などからすぐに見分けることができます。

ダーシ「―」・音引き「ー」・漢数字の「一」



この3つは見分けづらいものの代表としてよくあげられます。特に、「ダーシ(全角)」と「音引き」の混在は、校正していてもよく見かけます。

ですが、下のように単語になると見分けやすくなります。 ダーシが音引きとして誤って使用されている場合、他の文字と比べて細く、隣り合う文字と詰まりすぎのように見えるのが特徴です。

エックス「x」・乗算記号「×」

漢字の「口(くち)」・カタカナの「ロ」・四角記号「□」

数字の「1」・アイ「 I 」・エル「 l 」



ここでは、UDフォントを使っているのでゴシック体でも見分けやすいですが、他のゴシック体では「アイ」と「エル」の区別のつかないものが多いです。

明朝体の「1(いち)」と「l(エル)」の区別は非常に難しいです。強いて違いをあげるなら、エルの方が少し横幅が狭いところと文字が上に位置しているところです。

ちなみに、教科書体になると、アルファベットの「アイ」と「エル」はほぼ見分けられません。

カタカナの「ニ」・漢数字の「二」

カタカナの「エ」・漢字の「工(こう)」

カタカナの「カ」・漢字の「力(ちから)」


ハイフン = マイナス

この2つの区別は難しいと思うかもしれませんが、それもそのはず。2つの文字コードは同じなので、全く同じものになります。使用される場面によって、名称が変わるだけです。

Wordの検索機能で「-(ハイフン)」を検索しても、「-(ハイフン)」と「-(マイナス)」の両方が検索されます。逆も同様です。

ハイフン = マイナス

漢数字の「〇(零)」・丸記号「○」



漢数字の「〇(零)」の方がやや線が太く見えるくらいですが、2つを横に並べてみると違いは分かります。

丸記号は、零よりも少し大きく、下に位置しています。

おわりに

結論は、校正するのに適したフォントは明朝系ということになります。明朝系のフォントの方がゴシック体よりも字形の差が明確になり、校正する際に見間違うことが少ないという理由です。

これをどのように実務に組み込むかというと。

校正で確認する資料や別紙類、テキスト原稿などのフォントを「明朝体」に置き換えて出力することです。

少し手間と感じるかもしれませんが、文字が見分けやすいということは、
見間違えることが少なくなり、考える時間も少なくなるということです。
これは、校正の品質や時間にも影響してきます。

この効果は、文字量が多くなるにつれて、よりはっきりと分かってきます。