校正記号の大きく小さく

文字を大きく・文字を小さく+上付き・下付き

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1.文字を大きくする

文字を大きくしたい場合


【赤字の入れ方】

横書き

本則
校正記号の大きく・小さく

許容
校正記号の大きく・小さく



縦書き

本則     許容
校正記号の大きく・小さく   校正記号の大きく・小さく

2.文字を小さくする

文字を小さくしたい場合


【赤字の入れ方】

横書き

本則
校正記号の大きく・小さく

許容
校正記号の大きく・小さく


縦書き

本則     許容
校正記号の大きく・小さく  校正記号の大きく・小さく
【補足】
文字を大きくする・文字を小さくする、これらの記号ですが記号自体が小さいため見落とされやすくなるので、使用する際は、文字で補足しておく【許容】の方がよいでしょう。

3.上付き・下付きとの関係

「文字を大きくする」「文字を小さくする」は、「上付き」「下付き」の指示と似ているので、使い方を一緒に覚えておくと便利です。


文字を大きくする記号「」を使って「上付き」や「下付き」にしたい場合

」の指示だけでは、2回赤字を入れる必要があります。


(1)下付き文字を、上付き文字にする

下付き文字に「」の赤字を入れると、普通の大きさの文字になります。そこから、さらに「」の赤字を入れると上付き文字になります。

校正記号の大きく・小さく


(2)上付き文字を、下付き文字にする

※上記と同様の手順です。

校正記号の大きく・小さく



下(上)付き文字から、一気に上(下)付き文字にしたい場合


文字で補足する例】


(1)下付き文字を、上付き文字にする

・「上ツキニ」の文字を加えます。

校正記号の大きく・小さく



(2)上付き文字を、下付き文字にする

・「下ツキニ」の文字を加えます。

校正記号の大きく・小さく



下(上)付き文字から、一気に上(下)付き文字にしたい場合


校正記号で指示する例】


(1)下付き文字を、上付き文字にする

・文字を大きくする記号の「」を二重にして指示を入れます。

校正記号の大きく・小さく



(2)上付き文字を、下付き文字にする

・文字を小さくする記号の「」を二重にして指示を入れます。

校正記号の大きく・小さく

※「∨」や「∧」を二重する指示は目立たないので、文字を補足する指示の使用をおすすめします。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの