校正の素読み(すよみ)とは?

校正・校閲の素読み(すよみ)とは?

1:素読みの意味・辞書での定義

素読みとは、ゲラだけを読み、文章の間違いを見つけることをいいます。

「素」の漢字が付くことからわかるように、素の状態=そのままの状態=原稿も何もないゲラ刷りだけの状態で文章を読むということです。

 ▼ 辞書では次のように定義されています。


1.書物に書かれた意味・内容を考えずに音読すること。
2.原稿と引き合わせずに、ゲラ刷りだけを読んで校正すること。
【出典:小学館_デジタル大辞泉】

・原稿から離れて校正刷を読みながら、誤りを発見、訂正をする校正方法。
【出典:ダヴィッド社_編集校正小辞典】

平たく言えば、校正用のゲラだけを渡されて、
「これを読んでおかしな箇所を見つけてください」
と言われる感じです。

 依頼する側に立てば、
「素読みお願いします」というように使います。
もしくは、
「文章を読んでおかしな箇所があれば指摘してください」と言っても同じことです。

素読みは、校正者の特殊な作業のことを指しているわけではなく、誰もが普段から行っていることです。

2:素読みで必要なもの・範囲

素読みで必要なもの

素読みは、辞書の定義にもあるように基本は校正ゲラのみでするものです。なので、素読みをするときに必要なものは校正ゲラだけになります。

ですが、文章を読んでいくうえで不明な点があれば、辞書で調べたり、場合によっては原稿・規定書・表記ルール・別紙資料などで確認したりすることも多いです。

結果的に、校正ゲラだけでなく原稿や規定書に頼ることもありますが、前提としては校正ゲラだけになります。

素読みの範囲

素読みの定義は同じでも、素読みでどこまで確認するか(素読みの範囲)は環境によって変わってきます。

これは素読みだけではありませんが、依頼者の意向や作業方針に左右されます。校正者だけで判断できるものではありません。

・校正ゲラだけを読んでわかる間違いやおかしな点だけ指摘すればいいのか?
 (誤字脱字、文章の言い回し、表記ゆれだけ etc.)

・固有名詞や専門用語などがあれば、それらが正しいか別の資料を使って調べる必要があるのか?

その他、様々な状況で素読みの範囲は変わってきます。そのため、依頼する側と依頼される側で作業内容を詰めておく必要があります。

3:素読みの意味は環境によって変わる

どこの会社にもハウスルールが存在し、特殊な用語が存在します。

中でも、校正の仕事は作業が属人化されやすいので、使用される用語も特定の環境に依存した使われ方をすることが多いです。時代にそぐわない用語が使用されていることもあります。

「素読み」もその一つで、辞書での定義では『校正ゲラだけを読む』ですが、今では、紙に出力された校正ゲラでなく、パソコンやタブレットなどのディスプレイ上で文章の確認をすることも多いです。

現在の校正は、紙から離れたやり方も広がっています。

そのため、素読みは、
校正ゲラだけを読んでというよりも、
文章だけを読んでと言い換えたほうが適切かもしれません。

4:素読み作業での確認項目

以下は、日本エディタースクール出版部「実例 校正教室」_素読みの注意点を参考にしています。
編集・校正の本をお探しの方(日本エディタースクール公式サイト)

素読み作業での確認項目

1.文章に矛盾や不整合の部分はないか、文脈が乱れていないか。

2.漢字の字体、仮名遣い、送り仮名がルールに沿っているか、不統一や誤用はないか。

3.数字の表記や固有名詞に不統一がないか。

4.年号(西暦・和暦)の確認。

5.数表や百分比(百分率)があれば、その合計を計算して、不整合がないか。

6.引用文などは、必要に応じて原典にあたる。

7.注と本文との照合および挿入位置が統一されているか。参照ページと本文とを照合し、文献のあげ方や形式を確認。

8.図・表のキャプションと本文とに内容上の不整合がないか。

9.ルビ(振り仮名)のつけ方に不統一がないか。

10.ページの欄外にある柱やノンブルの確認。

11.柱と見出しの照合。

12.目次と本文の見出しやページ数が正しいか照合。

13.索引があれば、配列方法や各項目が本文の該当するページにあるか照合。

14.その他、見出しの組み方、柱の組み方などの体裁上の不統一がないか。