校正記号:全角・半角スペースを入れる指示のポイント解説

全角・半角スペースを入れる指示

「全角スペース」は、「全角アキ」「一字あけ」「1マス空ける」などと同じです。
「半角スペース」は、「半角アキ」「二分アキ」などと同じです。

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

スペースを入れる校正記号の基本形

基本形

1.基本は、文字の上にアケル記号の「」を入れます。
文字の上に書くスペースがない場合は、文字の下に「」を入れます。

2.あとは「〇〇」の部分に、どれだけスペースを空けたいか文字で指示するだけです。

1:全角スペースを入れる

全角スペースを入れる

全角を表す四角の記号「」を入れる、もしくは文字で「全角」と入れます。

1.全角(一文字分)スペースを入れる

2.全角(一文字分)スペースを複数箇所に入れる


【注意点】

全角を表す四角の記号「」は、漢字のくち(口)やカタカナのろ(ロ)と混同される恐れがあります。それぞれの使い分けを覚えておきましょう。

3.二文字分以上のスペースを入れる


※2倍、3倍は、2文字分、3文字分という意味になります。全角1文字分のスペースに対して何倍のスペースを入れるかということです。

2:半角スペースを入れる

半角スペースを入れる

二分(=半角)」と文字で入れます。
※二分は、全角の二分の一を表します。読みは「にぶ」もしくは「にぶん」になります。

校正記号表では、「二分」が本則ですが「半角」としたほうが伝わりやすいことも多いです。校正記号表を第一とするなら「二分」、誰にでも伝わることを第一とするなら「半角」としたほうがよいです。

1.二分(=半角)スペースを入れる

2.二分(=半角)スペースを複数箇所に入れる

3.二分(=半角)以下のスペースを入れる
※三分は全角の三分の一・四分は、全角の四分の一のこと

【注意点】

二分(=半角)を、小さな三角の記号「」で代用していることがあります。
例えば、次のような使われ方をよく見かけます。

ただ、この三角の記号「」が半角を表す記号だと知らない方も多いです。
※ちなみに、校正記号表では、三角の記号「」は「複数箇所を同一文字に直す指示」として使用されます。


」の指示は、
----------------------------------------------------
・人によって意味が伝わらないことがある
・記号自体が小さいので見落とす可能性がある
----------------------------------------------------
この2点の理由で、使用するのは避けたほうがよいでしょう。

3:スペースを調整する

スペースの調整

空いている・詰まっているスペースをさらに調整したい場合は、以下のような指示を使います。

〇〇アキニ
アト〇〇ツメ
アト〇〇アケ

1.二分(=半角)アキのものを、全角アキにしたい場合

2.全角アキのものを、二分(=半角)アキにしたい場合


・現状のスペースを広げる場合は、「」、
・現状のスペースを狭める場合は、「」を使用します。
アキニ」の文字に惑わされて、「」を使用しないように注意しましょう。

3.全角アキのものを、二分(=半角)アキにしたい場合


訂正結果は「2」と同じになります。
2の指示は、訂正結果を指示しています。
3の指示は、訂正結果にするためにどうするのかを指示しています。

4.全角アキのものを、1.5倍アキにしたい場合


全角アキのものに対して、さらにあと半角アケルということです。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索