校正記号の挿入

挿入の使い方[文字を入れる指示]

文字を挿入する指示はこのようになります。

【例1】

 

文字を訂正する指示はこうです。

【例2】



入れ方は似ていますが、挿入は二股線で挿入する文字を挟むのが特徴です。




挿入指示の入れ方:もう一つの例


引き出し線の先端に青丸部分の「」を付け、挿入箇所を明確にするパターンもあります。
※先端に「」を付けたほうが、挿入箇所が目立ってわかりやすくなります。

校正記号表では、この付きが本則になります。
【例1】は許容です(※JIS Z 8208:2007より)。


【挿入指示で起こるよくある間違い】

・挿入指示でよく起こる間違いは、挿入箇所の入れ間違いです。


そのため引き出し線の先端には「」を入れて、どことどこの間に文字を挿入するかを明確にした方がよいでしょう。

もし、挿入と訂正の指示を、前述の【例1】【例2】で使い分けて入れている校正の現場があるなら、挿入と訂正の見間違いによるオペレータの修正ミスは高いはずです。

話しが少しずれますが、文字を訂正する指示のパターンも色々あります。
【1】      

【2】  

【3】   

【4】  

これらのうち【4】のパターンを採用している人は多いのではないでしょうか?
丸で囲むことで、修正すべき対象が明確になるので分かりやすくなります。

「挿入」と「訂正」は以下のように使い分けるとわかりやすいでしょう。

・挿入
校正記号の挿入


・訂正
校正記号の訂正

※修正すべき位置や対象を明確にするようにします。

修正する側の視点

校正者からすれば、二股線を見れば挿入の指示だとわかります。ですが、それを見る修正側が意味を知っておかなければ何の意味もありません。

そのため引き出し線の先端には「」を入れて、
・訂正の指示とは違うということ、
・挿入位置を明確にしておくことが賢明です。

単に校正記号表に載っているからという理由で、そのまま校正記号を使うのは避けたほうがよいです。置かれている環境によって、赤字の使い方や疑問の出し方は変えていく必要があります。

修正する側のオペレータは、一日に何百個もの赤字を見て修正しています。校正とは比較にならないほどスピードが要求される仕事です。

修正する側が、赤字を一目見て迷わないように入れ方を工夫していくのも校正の仕事の一つです。

挿入指示の使用例のまとめ

挿入指示の使用例(※JIS Z 8208:2007より)

-------------------------------------------------------------
1.挿入する文字を、
二股線で挟む
2.「」を入れて、挿入箇所を明確にする(※本則)
-------------------------------------------------------------

【1】 

【2】 


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの