校正の英単語・カタカナ

英単語は難しい……

1:見慣れた英単語ほど要注意

中学や高校で習う誰もが知っているような英単語。
社会人になったら、辞書でわざわざ調べる人は少ないと思います。

簡単でよく見慣れた英単語ほどうっかりミスをしてしまうことは多いです。『間違うはずがない』という思い込みが、さらに間違いを見つけにくくさせてしまいます。


英単語でよくある間違いとしては、
・発音に惑わされてスペルを間違ってしまう
・スペルが似ていて混同してしまう

というものがほとんどです。

中には、
・知識として持っておかないと間違えてしまう
というものもあります。


例えば
spring
summer
autumn(英)= fall(米)」
winter

この四季を表す単語は「ファッション雑誌」「旅行雑誌」などでよく見かけます。
季節ごとのファッションアイテムや、観光シーズンの旅行紹介などの場面でよく目にします。

「spring」や「summer」の間違いはあまり見かけませんが、「autumn」のスペルミスは非常に多いです。「winter」の間違いは、たまにあるという程度です。

「autumn」は、スペルミスのバリエーションも多く、
「autum」「autam」「autamn」などの間違いがよく見られます。
発音に惑わされてスペルミスをしてしまう例です。

「winter」も、発音から「wintar」
になっているケースがあります。


[補足]

季節もそうですが、月の英単語も色々な媒体で見られます。頻出する英単語(季節や月、曜日など)は、すぐに確認できるよう一つにまとめてデスクに貼っておくと便利です。


その他(よく見る英単語の間違い例)

・カレンダー
Calender ⇒ Calendar

・デザイン
Desighn  ⇒ Design

・アンドロイド
Andoroid ⇒ Android

・デジタル
degital  ⇒ digital

・コピーライト
copylight ⇒ copyright  etc.

2:英語の月の短縮

カレンダーの校正などでは、英語の月名が省略されて入っていることがあります。

「 Jan. 」「 Feb. 」……は、単語が省略されているので、それを意味するピリオドが必要です。ですが、5月は省略形でないため「 May. 」となることはありません。

カレンダーは、どの媒体でも目にするものなので特に注意が必要です。

1月JanuaryJan.
2月FebruaryFeb.
3月MarchMar.
4月AprilApr.
5月MayMay(そのまま)
6月JuneJun.    or  June(そのまま)
7月JulyJul.     or  July(そのまま)
8月AugustAug.
9月SeptemberSep.    or  Sept.(4文字で省略)
10月OctoberOct.
11月NovemberNov.
12月DecemberDec.

3:英単語の使い分け・ジャンル毎でよくある間違い

英単語の使い分けは、スペルが間違っているわけではないので、校正者の目で見て文脈から判断するしかありません。Wordのスペルチェックでも見つけることができません。


ファッション誌などでよく見られる間違い

単数複数単数所有格複数所有格
ladyladieslady'sladies'
manmenman'smen's
womanwomenwoman'swomen's

※「ladies'」のアポストロフィーの位置に注意。
レディーズウェアのスペルは「ladies' wear」が正。
「ladie's wear」になっていることが多い。


・混同
hanger(洋服に使うハンガー) ⇔ hangar(格納庫)
wear(身につけている、着用している) ⇔ ware(製品)


・要注意の単語
「Jacquard(ジャカード)」…生地の模様や柄の名称

1.Jacguard → Jacquard(スペルミス)
2.読みは、「ジャード」でなく「ジャード」が適切
3.手書きの赤字だと「」を「g」と見間違えやすい

スペルミス、読み間違い、赤字の入れ方の3つで間違えやすいので要注意です。



会社案内や会社概要でよく見られる間違い

・スペルミス
campany    ⇒  company(カンパニー)
pablish    ⇒  publish(パブリッシュ)
prodact      ⇒  product(プロダクツ)
manegement  ⇒  management(マネージメント)


・混同
corporation(会社)  ⇔ cooperation(協力)



その他

date(日付)   ⇔  data(データ) 
week(週)   ⇔  weak(弱い)
wear(衣服)  ⇔  ware(製品)
sheet(図面) ⇔  seat(座席) etc.

カタカナ表記のルールは難しい…

カタカナ表記は非常に難しく、表記のバラつきをよく目にします。

例えば、
・ウンド ⇔ ウンド
・ウア  ⇔ ウ
などのように、小さい字と普通の大きさの文字で表記揺れを起こしていることがあります。


一昔前までは「シュミレーション」の表記が当たり前だったものが、今では「シミュレーション」が正しいとされています。外来語は、使用された当初と表記が違っているものもあります。古い雑誌を見れば、今とは表記が違っているものも意外と多く見られます。


よくあるカタカナ表記の混在でも、
・デュー  ⇔ デュー
イオリン ⇔ ヴァイオリン
などの表記揺れをよく目にするかと思います。

一般的に「ヴァ、ヴィ、ヴ、ヴェ、ヴォ、ヴュ」は、
「バ、ビ、ブ、ベ、ボ、ビュ」に置き換えます。

そのため、一般的な表記ルールにならうなら
・デュー   ⇒ デュー 
ヴァイオリン ⇒ イオリン 

「デビュー」「バイオリン」が表記としては相応しい表記になります。


また、英単語から表記を判断することもあります。
「hybrid」なら「d」で終わっているので、
・ハイブリッ でなく ハイブリッド が相応しい表記になります。

ファッション雑誌でよく見られる「織物」を表す単語で、
ジャ」と「ジャ」という表記が混在しています。

これも英単語が「Jacquard(織物)」で「q」「d」なので、
・ジャ
 でなく ジャド が相応しいです。


以上のように、カタカナ表記の扱いは非常に難しいです。特に新しい外来語の表記は何を正解にしていいか基準がない場合があります。ネットで検索して、多くヒットするからといってそれが正しいとも限りません。


既存の外来語表記は、無難に共同通信社の『記者ハンドブック』を参考するのがいいと思います。お好みの本があれば『記者ハンドブック』でなくとも問題ありませんが、カタカナ表記に関しては何かを軸をしておかないと基準がブレブレになってしまうので、一冊は手元に持っておいたほうがいいです。


共同通信社
 「記者ハンドブック 第13版 新聞用字用語集」

記者ハンドブック
> amazonで詳細を見る

日本エディタースクール出版部
「日本語表記ルールブック」

日本語表記ルールブック
> 日本エディタースクール出版部で詳細を見る
> amazonで詳細を見る

校正のカタカナ表記校正のカタカナ表記

「日本語表記ルールブック」の中に『外来語の表記』に関して5ページほどだけですが解説されています。
 例えば、グラビア ⇔ グラビヤ、イタリア ⇔ イタリヤ etc.

これから編集や校正の勉強をしていきたいという人は、日本語全般の表記に関して体系的にまとめられている「日本語表記ルールブック」のほうがわかりやすいかと思います。

【関連記事】> 文章を書く・文章を大切にする人のための本[日本語表記ルールブック]

理想と現実:効果的な勉強方法

理想的には「間違えそうな英単語を知っておく」「カタカナ表記の正しいものを覚える」ですが、無数にある英単語やカタカナ表記をすべて覚えるのは不可能ですし非効率的です。

校正者として他にもすべきことがたくさんあります。

そのため、まずやるべきこととしては、
英単語なら、実際にスペルミスが起こった単語を蓄積していくことです。

実際に起こった間違いは、同じ環境であるなら次にも起こる可能性が非常に高いです。それらを少しずつ潰していくことが一番効率的なやり方です。


また、カタカナ表記の場合は、自分の携わる媒体でよく使われるものをピックアップして表記を確認していくことです。

間違っても、辞書に載っているからという理由で、使う可能性のない単語まで覚えることはやめましょう。そこに使われる非効率な労力と時間のせいで、他のミスを誘発させてしまうかもしれません。


【関連記事】> 英語の校正校閲・翻訳・添削が依頼できるサイト