校正・校閲の筆記試験

その校正・校閲の筆記テスト、意味ある?[経験者採用を考えている方へ]

校正校閲の正社員・契約社員・アルバイトなどを採用する際、スキル判断の一つとして筆記テストはよく行われます。

経験者採用でしたら、どこの会社でも何らかの試験やテストはあると思います。これに加えて、適性試験があったりもします。

ですが、この校正の筆記テストの結果が、必ずしも校正者としての能力に比例するわけでもありません。場合によっては、筆記テストの点数だけを基準にしたがために、入社後にミスマッチが生じるというケースもあります。


これは、校正校閲だけでなくどの職種でもそうですが、ミスマッチの可能性を少しでも下げるのが採用担当者の重要な役割です。

そもそも、筆記テストの内容が校正者の能力を試せるものになっているのか改めて振り返ってみる必要があります。

試験時間は、大抵30分~60分ぐらいです。問題数も限られてきます。どういう基準で校正者の能力を測るのかは、採用担当者の能力が大きく問われてきます。

筆記テストを作成するにあたって

自社媒体が何を扱っているか、何系かでまず分類していきます。

自社媒体が、何か一つの業界やジャンルものを扱っている(例:アパレル業界、不動産業界、旅行系など)。これを『特化型』とします。逆に、複数の業界やジャンルを扱い、どれかに特定できない場合を『複数型』とします。

これで2つに分類します。

■ 自社媒体 … 特化型
■ 自社媒体 … 複数型

さらに、自社で扱う媒体が『校正系』か『校閲系』かで分類していきます。

■ 自社媒体 … 校正
■ 自社媒体 … 校閲

これで4つの組み合わせができるので、それぞれに応じた筆記テストが必要になってきます。

1.自社媒体:特化型 ― 校正
2.自社媒体:特化型 ― 校閲
3.自社媒体:複数型 ― 校正
4.自社媒体:複数型 ― 校閲

2.特化型 ― 校閲系 
複数型 ― 校閲系

[2]と[4]の筆記テストは、SPI問題(言語分野と構造的把握力)で十分です。テスト作成に余程の自信があるという以外は、下手にテスト問題を作るのはやめたほうが無難です。

2.「特化型―校閲系」の会社は、自社で使用される用語もおおよそカテゴライズ化されるので、自社に寄った問題を出題しがちです。ですが、これは大きな間違いです。

自社でよく使用される用語は、入社後の研修で教えればいいだけです。

自社の校正物に偏った内容を出題し、その採点で判断してしまうと偏った知識を持った校閲者が採用される可能性があります。たまたま、その知識を持っていた人が採用されるということです。

校閲の適性を測るのであれば、一般的な知識と思考法を問うのが一番です。
社内独自の用語や知識は、入ってから教えても十分間に合います。

4.「複数型―校閲系」は、複数あって絞れないため尚更SPIが最適です。これも[2]と同様、一般的な知識と思考法を問うのが大切です。


どうしても社内で問題を作りたい場合


「追求 ⇔追及 ⇔ 追究」、「移動 ⇔ 異動」、
「改訂 ⇔ 改定」、「指示 ⇔ 支持」

など、校閲者として知っておくべき基本的な言葉の使い分けである同音異義語などを長文内にちりばめ、そこに誤字脱字なども混ぜ合わせて作成すればよいと思います。問題文は、長文2つほどでいいと思います。

重箱の隅をつつくような問題を出しても、決していい結果は生まれません。これは、採用側・採用される側、両方にとってです。

[関連記事]
  > 着実に校正ミスを無くしていく、同音異義語の使い分け

1.特化型 ― 校正系

これは、職務経歴が自社媒体に合致しているかが一番重要です。そのため、職歴とこれまでやってきた校正内容を十分にヒアリングする面接を重視すべきです。

また、筆記テストよりも、実際の原稿とゲラを用意して実技試験の結果を重視したほうが効果的です。

校正の実技試験は、社内で実際に使用している原稿を参考に作成すれば大丈夫なので、日頃から準備しておくことが大切です。

3.複数型 ― 校正系

「複数型 ― 校正系」の場合のテストが、採用担当者を一番悩ませるかもしれません。

このような会社では、常に対応力とスピードが要求されてきます。この能力を面接やテストで測るのは至難の業です。

[1]と同様、このタイプの会社も面接重視になってきます。ですが、それ以上に実技試験も重要になってきます。面接では、自社の職務内容と応募者の前歴がどこまで合致するかを詰めていかなければいけません。

筆記テストはやめて、実技試験で色々な切り口の問題を出したほうが、ミスマッチのリスクを抑えいい結果につながる可能性が高いです。

実技試験には、違うジャンルの校正の実技試験を複数用意します。
問題数を多めに設定するか、試験時間を短めに設定するかして対応力とスピードを見極めます。


実技試験の例

━ 間違いが12個ある実技試験の作成と採用基準の例 ━

[A] 6個は、絶対に見落として欲しくない間違い
[B] 3個は、経験者なら見つけて当然という間違い
[C] 3個は、その間違いを見つけたら優秀という間違い

というように、レベル分けして間違いを作成します。

ここでの採用基準は、合計点ではありません。

[A][B]の全問正解が最低の合格ラインです。[C]を全問正解しても、[A][B]を見落としていたら不採用です。

校正という職種柄、致命的なミスは何が何でも見つけなければいけません。

おわりに

採用する側は、どんなテスト問題を作成して、何を採用基準にすればいいか迷うかもしれません。ですが、テストで問うのはあくまでも校正者としての適性です。

問題内容がそれを問えるものになっているか慎重に見極める必要があります。