校閲ガール

放送当時を振り返る

第1話 地味にスゴイ!校閲ガール・河野悦子「なんで私が校閲に?オシャレ校閲ガールが大暴れ!」

「校閲」の仕事に関わることになった河野悦子(石原さとみ)が、持ち前の探究心でさまざまな騒動を巻き起こす。ファッション誌の編集者を目指して景凡社の採用試験を受けた悦子は、7回目の試験でようやく採用される。意気揚々と出社した悦子だが、配属されたのは文章の誤りなどをチェックする校閲部だった。

出典元:ザテレビジョン

校閲ガールは、今から約三年前の2016年10月からの放送でしたが、当時は全く観ることがありませんでした。ですが、年末年始に持て余した時間と第一話が無料だったという単純な理由で、三年以上経った今、このドラマを観たわけです。

放送当時、一応ドラマの存在は知っていましたが、
現場の校正者からの評判が悪いというネット上の噂と、
放送時期が自分の仕事の繁忙期だったこと、
そもそもドラマを観る習慣がなかったこと(これが一番大きな要因)、
という理由が重なり観ることはなかったわけです。

今改めて、ネットでドラマの評判を検索してみると、
“石原さとみの洋服がかわいい”
“ファッションの参考になる”
“校閲っていう仕事があったんだ”
などのポジティブな意見が結構あります。

一方、校正業界も、ドラマ終了時から三年以上経った今でも、校正の求人広告を観ると『あのドラマで有名な~』とか『地味な~』とかの言葉が使用されています。意外と校正界隈は、校閲ガールの恩恵に与かっており、校正にもかなり影響力があったのだと思います。

ドラマを観た感想を先に言うと、
ああいう校正の現場もあってもいいのかなということ。
主人公みたいなキャラの校正者も、今後は必要なのかもしれないということ。
自分だったら、ああいうキャラの後輩がいたらどう教えるだろうか?
など、いち校正者として、実際の仕事に落とし込み色々と考えさせられるドラマでした。

感想とツッコミどころ

1.新入社員が、いきなり校閲部へ

希望と異なる部署への配属はよくあることです。校閲の仕事も新人採用を行なっている会社もあり、新入社員が配属されることは、特に問題はありません。

ただ、ネット上で話題になっていたのが、簡単な漢字も知らないという人が校閲者としての適性があるかどうかということです。

正直、今の時代、漢字や言葉の言い回しなんかは、後から勉強しても十分挽回できます。それだけデジタルツールが進化しています。要は、違和感を抱けるかどうかが校正者としてまず大切な適性です。

主人公の石原さとみの面接時、面接官の一人であった校閲部長の岸谷五朗は、ネクタイピンのくだりで、石原さとみにその適性があることを見抜いたのでしょう。

キラリと光るその洞察力で採用を決めたということは、人事において別に不思議なことではありません。面接や筆記試験でその人の能力など測れないのは人事が一番よく知っています。

また、面接の際の発言で、かなり業界の事情もよく知っていたので、今後を見据えた人材として欲しかったのではないかと思いました。

もしかしたら、岸谷五朗自身の後継者にでも育成しようと考えていたのではないかと思ったりもしましたが、第一話だけしか観ていないので、そこは定かではありません。

2.大御所作家の校閲をいきなり新人に任せるのか?

これは、校閲部長の岸谷五朗が、重ね読み(ダブルチェック)すると言っていたので、経験を積ませるという意図があるなら全然問題ないでしょう。

かなり荒っぽい新人教育ですが、実際の校正現場では、もっと雑な新人教育方法もあるので、このような現場があっても、あまりおかしいとは思えません。

3.編集が作家のもとへ校閲者を連れていく

これはよくあります。校閲した人が、一番その内容を詳しく知っており、明確に説明できるわけですから、校閲者が出向くのがむしろ当然かもしれません。

実際に、作家専属の校閲者もいるわけで、何もおかしなことはないです。校正の現場でも、作家だけでなく、クライアントのもとに校正者が行くことも、プレゼンすることもあります。

4.事実確認のために、わざわざ現場まで行くか?

この場面は、実際の校閲者から、かなりツッコミが入ったところでしょう。ドラマを観ていない当時の自分もこのシーンだけは知っていました。

個人的には、予算と納期、他の案件とのスケジュールの折り合いがつけば、これは問題ないのかなと思います。特に、現場に実際に足を運ぶということは、時間の融通の利く新人時代にしかできないことですから、貴重な体験だとも思えます。

仕事の内容は違いますが、自分も実際に現場まで足を運んで、校正をした経験が二度あります。他にも、実際にやっている人も知っていますので、自分の経験からは、この現場まで行くやり方を完全に否定はできないです。

ただ、毎回毎回、何か引っかかるたびに逐一現場に行くのは問題でしょう。

余談

【余談】
校閲の指摘に対し、クライアント(このドラマでは作家)が、“ママ”と言ったら“ママ”にするのは、業界では当然のことです。黒でも、クライアントが白と言ったものは白になりえます。ですが、校閲の指摘をジャッジする人も人間なわけなので、そのジャッジに間違いはあります。校閲も赤字を入れ間違うことや、疑問出しを書き間違うこともあります。

石原さとみは、そこに疑問を抱き、猪突猛進になってしまったではないかと、少し擁護してあげたいところです。

※ドラマをもう一度見直したら、ベストセラー作家の本に誤植があると、回りまわって校閲の責任になるのかもしれないという、石原さとみ自身の保身であっただけでした…。

5.一番ビックリしたこと

あの出版社の規模で、校閲部のあの人数(6人ぐらい)は少なすぎです。

もしかして、書籍専属なの校閲部? それにしても少なすぎ…。
校閲は、ほとんど外注してるのかな?
と、色々疑問が湧いてきて驚いたのはここぐらいだけでした。

まぁ、ドラマだから、あのぐらいの人数がちょうどいいんでしょうけど。

おわりに

あくまで第一話だけ観た感想ですが、ネット上の悪評は単なる噂でしかなかったのかなと思います。

第二話以降は有料だったので観ていませんが、テレビで再放送があれば、続きを観てみたいといった感じです。今さらですが。


【追記】
校閲部が地下の暗い部屋にあったり、校閲者が眼鏡を掛けて几帳面な人だという古いイメージは、ちょっとやめて欲しいかなと思いました。海外の人が日本人を、忍者、侍とイメージするぐらい滑稽でしかありません。