校正記号:ポイントとQ数の意味と使い方[文字サイズの変更]

「ポイント」と「Q数」について

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1:ポイントとQ数の意味

ポイントとは、文字の大きさの単位のことをいいます。校正記号では「」と表記します。

同じように、文字の大きさの単位を表すものに「Q 」があります。Qは、Q数(きゅうすう)の略で、校正記号では「Q」と表記されます。「Q数」は「級数」の簡易表記です。

「ポイント」も「Q」も文字の大きさの単位としては同じですが、サイズは違ってきます。

1ポイントは、
 DTPでは 、0.3528 mm
 JISでは、 0.3514mm (※校正ではこちらが一般的です)

1Qは、0.25mm
(0.25mmは、1mmの四分の一。四分の一は英語でQuarter。「Q」は「Quarter」の頭文字からきています)

2:ポイントとQ数の大きさの違い

ポイントとQ数の大きさを比較すると、約1.4倍、ポイントのほうが大きくなります。

ポイントとQ級の比較

校正記号のポイント


校正記号のポイント

3:ポイントとQ数の換算表

ポイントとQ数はサイズが異なるため、換算表というものがあります。

ポイント・級数換算表

ポイント・級数換算表

【出典:エディタースクール出版部 校正記号の使い方 第2版】

赤枠
が、ポイント。青枠が、Q数です。

緑の下線を見てみると、
5ポイントが 「7.03」 で、7Qに相当し、
7ポイントが 「9.84」 で、10Qに相当することがわかります。

ポイントと級数の詳細な数値を覚える必要はありません。
次の数値だけ何となくわかっておけば十分です。
----------------------------------------
1mmの4分の1の0.25mmが、1Q
1Qの約1.4倍が、1ポイント
----------------------------------------

4:ポイントとQ数の測り方

文字の大きさは「文字スケール」で測ります。ポイントも級数も測ることができます。

文字スケールは透明なフィルムで、四角のマス目が印字されています。その四角のマス目に、文字をあててサイズを測ります。

・文字スケール
級数表
> GE企画センター 写植割付スケール

・部分拡大
級数表

文字スケールは種類がたくさんあります。もし購入を考えているのであれば、実際に手に取って確認することをおすすめします。どれも同じように思えますが、(自分にとって)文字が見やすいもの、測りやすいものなど結構違いがあります。

・世界堂などの文房具専門店に行けば購入できます。
 > 世界堂の店舗情報

・日本エディタースクールでも購入できます。
 > 印刷文字スケールの販売

文字サイズを変更する1:
ポイントの上げ下げ・Q数の上げ下げ

文字サイズを変更する1
  ~ポイントの上げ下げ・Q数の上げ下げ~

文字のサイズを変更したいときは、前述の校正記号「」もしくは「Q」を使用します。

・文字サイズを大きくすることを、ポイント(Q数)を上げると言います。
・文字サイズを小さくすることを、ポイント(Q数)を下げると言います。

校正記号表には「」と「Q」の2つが記載されていますが、赤字を入れるときには混在しないよう、どちらかに統一しておきます。

赤字の入れ方

」を使った文字サイズの変更(=ポイントの上げ下げ)

変更したい範囲を線で示す、もしくは丸で囲んで指示します。
赤字を書き込むスペースがない場合は、引出し線を使用しても大丈夫です。

・例

(1)校正記号のポイント

(2)校正記号のポイント


(3)校正記号のポイント


(4)校正記号のポイント

Q」を使った文字サイズの変更(=Qの上げ下げ)

使い方は、ポイントと全く同じです。「」が「Q」に置き換わっただけです。

・例

(1)校正記号のポイント

(2)校正記号のポイント


(3)校正記号のポイント


(4)校正記号のポイント

文字サイズを変更する2:
ポイントやQ数がわからない場合

文字サイズを変更する2
  ~ポイントやQ数がわからない場合~

校正しているものに規定書があるなら、それに従い「7」「10Q」など数値で直接指示を入れます。ですが、規定書がない校正物も多いと思います。

文字のサイズは、フォントの種類や文字の線の太さによって、本来のサイズより若干大きく見えることがあります。そのため、文字スケールを使い慣れていない方は測り間違いがあるかもしれません。イレギュラーなフォントや太い線のフォントなどには注意が必要です。

■ 赤字の入れ方 ~ポイントやQ数がわからない場合~

 誌面内に文字サイズが一つしかない場合
 (※合わせるべき対象が明確なとき)

・例

  □=正しい文字サイズ ■=間違っている文字サイズ

校正記号のポイント

誌面内の文字サイズをすべて同じにするなら、合わせるべき対象は1つしかありません。わざわざ文字スケールで文字のサイズを測る必要もありません。

赤字の入れ方は、上の例以外にも「Q正ス」「他とポイント合ワセル」などいくつかあります。

異なる文字サイズが複数ある場合

・例

中央の□を、一番下の□のポイントに合わせたい場合

校正記号のポイント

※「Ⓐ」の文字は、補足指示なので鉛筆書きにします。青ペンでも構いません。

異なる文字サイズが混在する場合は、どこと同じにするのかを指示する必要があります。どこと同じにするかを明確にすることで、修正側が迷うこともありません。文字スケールで測って指示するよりも、簡単かつ明確で伝わりやすいです。

赤字の入れ方は、上の例以外にも「Ⓐと同じ級数ニ」「Ⓐとポイント合ワセル」などいくつかあります。

おわりに

校正者なら、ポイントよりもQ数のほうをよく耳にすると思います。校正側がQ数で赤字を入れて、DTP側がポイントに換算して修正するということもよくあります。

ポイントとQ数のどちらを使うのが適切かは、自分の置かれた制作環境によって違ってきますが、校正者ならまずはQ数に慣れ親しんでおくことをおすすめします。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索