校正記号の太字とボールド

太字(ボールド)にする・太字を普通の文字に戻す

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1.太字(ボールド)にする

太字(ボールド)にしたい場合


本則
⇒ 修正したい文字に、波線を入れます。


【使用例】

校正記号の太字


許容
⇒ 文字で指示することも可能です。

校正記号の太字



【使用例】

校正記号の太字

2.太字(ボールド)を普通の文字に戻す

太字(ボールド)を普通の文字に戻す

⇒ 修正したい文字に、「ナミ」と指示を入れます。

※「ナミ」は、並字(ナミジ)の略
並字とは、印刷で特殊でない書体や大きさの活字。一般に明朝体の全角のものをいいます。
校正では、正体と同じような意味で使われます。
【出典:日本国語大辞典より一部引用】


【使用例】

校正記号の太字

3.赤字の入れ方のパターン

ボールド」「ナミ」などの文字の体裁を修正する指示は、下の「■■」に文字を当てはめて赤字を入れます。


赤字の入れ方のパターン(基本)

校正記号の太字


校正記号の太字

4.太字(ボールド)の指示での注意点

太字にする校正記号は波線になりますが、実際の校正ゲラでは、他の赤字や疑問出しもたくさん入ってきます。その中で、波線の記号だけでは指示が埋もれてしまい、見逃される可能性が非常に高くなります。

そのため、目立たない校正記号の使用は避け、文字で指示するようにしましょう。波線の記号でなく「ボールド」で指示すれば、赤字を見逃されるリスクは確実に下げられます。

5.「ボールド」「ナミ」を伝わりやすく変換

校正記号は、修正指示を相手に伝える一つの手段でしかありません。相手に意味が伝わらなけば、意味不明な単なる記号でしかありません。

また、誰もが校正記号を知っているわけではありません。むしろ、校正記号に詳しくない人の方が圧倒的に多いです。

そのため、校正記号表には記載されていませんが「ボールド」と「ナミ」の指示は、以下のように言い換えればわかりやすくなります。そうすれば、校正記号を全く知らない人、他の業界の人、新人のオペレータやデザイナー関係なく誰にでも伝わります。


太字の指示

ボールド」でなく「太字」で十分伝わります。
※「太字ニ」や「太字にスル」などとすれば、より親切です。

・赤字例

校正記号の太字



太字を普通の文字に戻す

ナミ」は意味を知らない人が多いので、なるべく使用は避けた方がいいです。
※「正体ニ」「正体にスル」などでも「ナミ」よりは断然通じやすいはずです。


・赤字例

校正記号の太字


太字」と「太字トル」、これらの指示の方が覚えやすいですし、第三者にもほぼ100%伝わります。

おわりに

自分が置かれている環境にもよりますが、校正記号表に縛られるよりも、校正記号表のルールは踏まえつつも、より相手に伝わりやすい校正記号の使用を工夫していくことが大切です。

そうすれば、
・指示が伝わらない
・指示が誤解される
・指示が見逃される

などという、初歩的なミスもなくなるはずです。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの