校正記号の行送り

行送り[次ページへ行を送る・前ページへ行を送る]

前後のページへ行を送る指示は、字送りの指示とよく似ています。使い方もほぼ同じです。行送りは、字送りと同様にDTP側で自動調整されることが多いので、校正者の使用頻度は少ないかもしれません。

1.行送りの校正記号

行送りの校正記号


・次のページへ行を送る指示

校正記号の改ページ


・前のページへ行を送る指示


校正記号の改ページ

2.行送りの校正記号の使い方 1

■ 次のページへ行を送る

・左ページ(P.2)の最終行「■■■……」を右ページ(P.3)に送る例

校正記号の改ページ


【結果】

校正記号の改ページ



■ 前のページへ行を送る

・右ページ(P.3)の先頭行「■■■……」を左ページ(P.2)に送る例

校正記号の改ページ


【結果】

校正記号の改ページ

3.行送りの校正記号の使い方 2

行送りの校正記号は、横組みの場合、ページの上下に書かれるため目立たないことがあります。そのため、校正記号だけでなく、文字も補足しておく方がよいです。


■ 次のページへ行を送る(校正記号+文字で補足)

補足する文字の表現は色々ありますが、ここでは「次ページへ送ル」を使用しています。
次ページ」の代わりに、具体的なページ数(P.3)で指示してもわかりやすいです。

校正記号の改ページ



■ 前のページへ行を送る(校正記号+文字で補足)

ここでは「前ページへ送ル」を使用しています。
P.2へ送ル」でもわかりやすいです。

 校正記号の改ページ

4.行送りの校正記号の使い方 3

前後のページへの行送りの指示は、修正範囲が必ず2ページにわたります。そのため、赤字は1ページだけに書くのではなく、修正される2ページそれぞれに入れておくことが最善です。
ページが見開きであっても、単ページであっても同様です。

・見開き
校正記号の改ページ


・単ページ
校正記号の改ページ



ページごとに赤字を入れる例


■ 次のページへ行を送る(校正記号+文字で補足+2か所)

行を送る側のページ(左)の赤字は、前述した通りです。
行を送られる側のページ(右)には「前ページから1行入レル」と入れています。

文字の補足は、他の表現でも大丈夫です。赤字のポイントとしては、右ページ左ページどちらか片一方の赤字だけを見たとしても指示内容が伝わるようにしておくことです。

校正記号の改ページ

実際に校正作業をするときは単ページで見る方が多いです。修正が発生するページには赤字を入れるということを癖付けておくといいです。


・単ページずつ見ると次のようになります。


▼ 単ページで、1ページだけに赤字を入れた例

校正記号の改ページ

校正記号の改ページ



▼ 単ページで、2ページに赤字を入れた例

校正記号の改ページ


校正記号の改ページ   

どちらの指示がいいかは現場判断になりますが、ページごとに赤字を入れておく方が見落としのリスクを軽減できます。赤字を見る側に対しても親切です。


[補足]
・ページが見開きなら、単純に矢印で示した方がわかりやすいです。

校正記号の改ページ



■ 前のページへ行を送る(校正記号+文字で補足+2か所)

行を送る側のページ(右)の赤字は、前述した通りです。
行を送られる側のページ(左)には「次ページから1行入レル」と指示しています。

校正記号の改ページ

5.行送りの赤字が入ってくる例

行送りの赤字が入ってくるのは、次のようなときが多いです。

-----------------------------------------------------
・左右ページの文字量のバランスが悪いとき
・段落の区切りが悪いとき
・先頭行の文字数が少なく見栄えが悪いとき
-----------------------------------------------------


【例1】

校正記号の改ページ

【例2】

校正記号の改ページ

※例文は『Wikipedia:ドラえもん』の一文を使用させていただきました。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの