校正記号の追い込みと前の行へ

校正記号:追い込み(=文を前の行に送る・追い込む)

「追い込み」は、「文を前の行に送る」「改行の取り消し(改行しない)」と同じ意味として使用されます。「追い込む」とも呼ばれます。

改行を取り消したい場合など、文と文をつなげるときに使用される校正記号です。

校正をしていると、文の改行位置が原稿の指示と違っていたり、文の途中で意図せず改行されていたりすることはよくあります。そのため、追い込み指示の使用頻度も高いです。

1:追い込み(=文を前の行に送る)

校正記号は非常に簡単で、続けたい文と文の間に赤線を入れるだけです。

横書きの例

校正記号の追い込みと前の行へ


縦書きの例

校正記号の追い込みと前の行へ
※JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)より

2:追い込み指示の使い方

・使用例

校正記号の追い込みと前の行へ


・修正結果

校正記号の追い込みと前の行へ

3:追い込み指示の応用-

例文3行目の「■■■■■■。」だけを、2行目に追い込んで修正のようにしたい場合


・例文

校正記号の追い込みと前の行へ


・修正結果

校正記号の追い込みと前の行へ


この場合は、追い込み指示に加えて、改行指示も入れます。

校正記号の追い込みと前の行へ


ただ、ここで注意しておきたいのが、
「改行」の校正記号は、" 改行して、行頭を一字下げにする " ということです。

---------------------------------------------
・使用例
校正記号の追い込みと前の行へ

・修正結果
校正記号の追い込みと前の行へ
----------------------------------------------
※JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)より


ですが、この改行指示だけでは、行頭を一字下げにすることまで通じない場合があります。

・よくある間違い例

校正記号の追い込みと前の行へ
 ※改行だけされて、天ツキになっている。


そのため、改行指示だけではなく「一字下げ」の文字も補足しておくと、修正間違いを防ぐことができます。

校正記号の改行の追い込み

4:追い込み指示の応用-2

追い込み指示が小さくて目立たない場合


・指示が目立たない例

校正記号の追い込みと前の行へ
※このように、追い込みの指示が小さくなってしまう場合は、あえて文字を補足して目立たせることなどして、修正漏れを防ぐ工夫が必要です。


・文字を補足する例

(1)「追い込み」と文字で補足する

校正記号の追い込みと前の行へ


(2)「前の行へ」と文字で補足する

校正記号の追い込みと前の行へ

校正記号のまとめ > 使いたい赤字を五十音検索

【関連記事】
 > 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 > 校正記号:よく使う基本的なもの