校正記号の線

間違えやすい校正記号:線を使って表す記号・文字

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

一本線、二本線、三本線など線を使って表す、混同しがちな校正記号や文字をまとめてみました。線で表す記号類は複数あるため、個々で覚えるよりも一括で覚えた方が効果的だと思われます。

1.一本線 ⇒ イタリック・斜体

本線」は、イタリック(斜体)にする指示


記号で指示
校正記号のイタリック

 文字で「イタ」と指示
校正記号のイタリック


【補足】
・下線を入れる指示はこのようになります。これも、一本線なので混同しないようにしましょう。校正記号の下線

2.一本線の変形 ⇒ 立体

本線の変形(部首の冠のような形状)」は、立体にする指示


記号で指示

校正記号の立体

 文字で「丸付きの」と指示(※「ローマン」でも可)
校正記号の立体

3.波線 ⇒ ボールド(太字)

「波は、ボールド(太字)にする指示


記号で指示

校正記号のボールド

 文字で「ボールド」と指示
  校正記号のボールド
【関連記事】≫ 校正記号:太字(ボールド)にする・太字を普通の文字に戻す

4.一本線と波線 ⇒ イタリック&ボールド

一本線とは、ボールドイタリック(太字の斜体)にする指示


記号で指示

校正記号のイタボールド

 文字で「イタボールド」と指示
校正記号のイタボールド

5.二重線 ⇒ スモールキャピタル

「二重は、スモールキャピタルにする指示
※スモールキャピタルは、小文字の大きさのまま大文字にすることです。


記号で指示

校正記号のスモールキャピタル

 文字で「小キャップ」と指示
校正記号のスモールキャピタル

6.三本線 ⇒ 大文字

「三本は、大文字にする指示


記号で指示

校正記号の大文字

 文字で「丸付きの」と指示
校正記号の大文字



【補足1】
小文字にする指示

・小文字にする指示には、下線を入れる指示はありません。文字の指示のみです。
校正記号の小文字

【補足2】組み合わせも可能
・大文字のイタリックにする場合
校正記号のイタボールド

7.点線 ⇒ リーダー

「点線は、リーダーのこと


・3つの点線(三点リーダー)

三点リーダーの記号
校正の三点リーダー

・2つの点線(二点リーダー)
点リーダーの記号
校正の二点リーダー
※二点リーダーの場合は、文字で「2点」と添えておく方が無難です。


【補足1】
以下のように、全角記号の下に点線を書いてもよいです。
三点リーダーの記号
校正の三点リーダー
▼ 二点リーダーの記号
校正の2点リーダー


【補足2】
・リーダーを2文字分入れたい指示はこのようになります。
▼ 三点の二倍リーダー
校正の三点リーダー
▼ 二点の二倍リーダー
校正の2点リーダー

【関連記事】≫ 校正記号:リーダー(三点・二点)の使い方

8.全角の横線 ⇒ 全角ダーシ(ダッシュ)

全角の横線は、ダーシ(ダッシュ)のこと


全角ダーシの記号
校正のダーシ

【補足1】
以下のように、全角記号の下にダーシを書いてもよいです。
校正のダーシ

【補足2】
・ダーシを2文字分入れたい指示はこのようになります。
▼ 二倍ダーシ
校正のダーシ


ダーシ(ダッシュ)と混同されやすい文字


マイナス(全角)
校正のマイナス
音引き
※「伸ばし棒」「長音」とも言われたりします。
校正の音引き
漢数字のいち
校正の漢数字

【関連記事】≫ 校正記号:ダーシ(ダッシュ)の使い方

9.半角の横線 ⇒ 二分ダーシ

半角の横線は、二分ダーシのこと


二分ダーシの記号
校正の半角ダーシ

【補足】
以下のように、二分ダーシの下に文字で「二分」と補足してもよいです。
校正のハイフン


二分ダーシ(ダッシュ)と混同されやすい文字


ハイフン
校正のハイフン

10.斜線 ⇒ スラッシュ

斜線は、スラッシュのこと


 スラッシュ
の記号
校正のスラッシュ
※半角スラッシュの場合は、文字で「二分」と添えておく方が無難です。

【関連記事】≫ 校正記号:スラッシュ(斜線)の使い方

11.ケイ線(罫線)

ケイ線(罫線)」について

「表罫(オモテケイ)」…実線の細いもの。
「裏罫(ウラケイ)」……表罫に比べて太い。太罫(ふとけい)。
【出典:三省堂 大辞林 第三版】


 「オモテケイ」と「ウラケイ」について
校正の罫線


 赤字の入れ方
※数値で指示することもできます。
 校正の罫線                                  



【補足】
実際は「オモテケイ」と「ウラケイ」を使い分けなくてもよい場面が多いです。

(例1)赤字の入れ方
・ケイ線の太さをどこに合わせるのか明確な場合は「ケイの太さ正ス」で通じます。
校正の罫線

(例2)赤字の入れ方
・ケイの種類や太さが複数ある場合は、どこと合わせるのかを鉛筆で補足して指示します。
校正の罫線

おわりに

校正記号自体が目立たないもの、他の記号と誤解されそうなものは、校正記号単体で指示するよりも文字も補足しておくことが望ましいです。

校正記号表でも、文字で補足することは推奨されています。

[補足1~6の赤字の入れ方

[1~6の項目について]
赤字を書くスペースがない指示範囲を明確にしたいときは、赤字の入れ方を少し工夫しましょう。


■ 基本形
校正の赤字の入れ方


書くスペースがない場合は、引き出し線を入れて余白に引き出します。
 ※引き出し線は長くなり過ぎないように注意しましょう。
校正の赤字の入れ方

文字が小さく、指示範囲が曖昧になりそうな場合は、丸で囲むとわかりやすいです。
校正の赤字の入れ方


一文字なら丸で囲む方が簡潔・明瞭です。
校正の赤字の入れ方   


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの