校正記号:センター(センタリング・センター揃え)の使い方

センター(センタリング・センター揃え)の使い方

揃えの指示として使用される「センター」には、同じような指示が多くどれを使えばいいか迷うことがあると思います。

・センタリング
・センター揃え
・センター合わせ
・中央揃え
・中央寄せ
など、色々と呼び方があります。

ほとんどの校正の現場では、どれも同じ意味として使われていると思います。

どれが正しいか、自分だけが言葉の意味を理解していても、相手(修正する側)に伝わらなければ意味がありません。そのため、どの言葉を選択して使うかより、相手にどう伝えるかに重点をおいて「センター」の使い方を紹介していきたいと思います。

ここでは、センターの指示を、簡潔に中央に配置する指示として使っています。

※校正記号表にならうなら、揃えの指示には「センター」や「中央」の指示が使われます。

1:センターの赤字の入れ方

天地左右センターに収まっている状態

「■■■■■」が、天地左右ともにセンターに配置されている状態です。
※「天地」は「上下」と置き換えても大丈夫です。

校正記号のセンタリング

■ 赤字の入れ方


1.左右センター(左右中央)にする

以下で説明する例は、既に天地センターで収まっている状態です。
センター」の赤字だけを入れても、左右センターのことだとわかります。ですが、赤字を入れるときは「センター」だけでなく「左右」も補足します。どの位置でセンターに収めるのかを常に明示するようにします。


・例1
校正記号のセンタリング

・例2
校正記号のセンタリング

・例3
校正記号のセンタリング
移動する位置が明確なので「センター」だけでも伝わります。「左右」を入れても問題ありません。

2.天地センター(上下センター = 上下中央)にする

赤字の入れ方は、左右センターと同様です。

・例1
校正記号のセンタリング

・例2

校正記号のセンタリング

・例3

校正記号のセンタリング

3.天地左右センター

・天地左右ともにセンターにしたい場合は、丸囲みで指示するのが一番わかりやすいです。

・例
校正記号のセンタリング

2:センターの指示で気を付けたいこと 1

画像のキャプションを左右センターにしたい場合

次のセンターの赤字は、画像2に対して左右センターに収めることだとわかります。
校正記号のセンタリング

仮に、次のような赤字を入れると、誤解される恐れがあります。校正記号のセンタリング

左右センター」の指示だけだと、両方の画像に掛かるようにキャプションを移動させるとも考えられます。
校正記号のセンタリング

移動の指示を使わなければ、どこに対して左右センターにするのかを伝えなければいけません。校正記号のセンタリング
※画像2としていますが、実際には「上の画像」「右側の画像」などに置き換えてください。

センターの指示だけではありませんが、何かを移動させる場合は、移動量を指定するか、どこまで移動するかを明示しないといけません。そうでないと、修正側が迷うことになり、意図と違う修正をされる可能性があります。

3:センターの指示で気を付けたいこと 2

【例文】を【結果1】もしくは【結果2】にしたい場合の赤字の使い分け例です。

【例 文】
校正記号のセンタリング

【結果1】校正記号のセンタリング

【結果2】校正記号のセンタリング

【結果1】にする赤字の入れ方

例1
校正記号のセンタリング

・例2

校正記号のセンタリング
 ※「左ソロエのママ」と付け加えます。

【結果2】にする赤字の入れ方

・例1
校正記号のセンタリング
※「各行」と付け加えます。また、修正側が丸囲みの指示につられて、そのままの状態で移動してしまうことも考えられます。そのため、あえて「各行」の下に鉛筆で波線を入れて指示を強調しています。


・例2
少しくどいですが、確実なのはこの指示です。
校正記号のセンタリング

4:指定の行内でセンターにする

本文の見出しなどでよく使われる指示として「○行ドリ中央」という指示があります。
これは、指定した行内で文をセンターに収めるという指示です。

誌面のフォーマットが決められている媒体などでは有効な指示の入れ方です。

・2行ドリ中央
校正記号のセンタリング


3
行ドリ中央
校正記号のセンタリング

おわりに

「センター揃え」や「センター合わせ」など、微妙な表現の違いで仕上がりを区別している校正の現場も少ないと思います。

そのため、「センター」でも「中央」でも「センタリング」でも、指示を入れるときは、修正側に仕上がりのイメージが明確に伝わるように赤字を入れる必要があります。文字で伝えきれない場合は、仕上がりのイメージを図で書いて伝えることも効果的な手段です。

単に「センター」だけの指示だと、「3」の項目の【結果1】【結果2】のように2パターンの解釈ができます。

仮に、校正者が【結果1】をイメージして「センター」の赤字だけを入れて、その赤字を見た修正側が【結果2】で仕上げてきた場合は、校正者の指示不足になります。

そのため、センターを使う場合は、どの範囲でセンターにするのかをちゃんと指示する必要があります。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索