校正記号の入れ替え

入れ替えの使い方色々

文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1.文字の入れ替え【隣り合う文字横書き/縦書き

隣り合う文字の入れ替え


本則_横書き
※入れ替えの校正記号の向きは特に決まりはありません。

【例1】
校正記号の入れ替え



【例2】
校正記号の入れ替え




本則_縦書き

【例1】
校正記号の入れ替え



【例2】
校正記号の入れ替え




許容

S字の校正記号でなくても、直線で書いても大丈夫です。
文字の級数が小さいときは、この記号の方が入れ替える範囲がわかりやすいです。

【例】
校正記号の入れ替え 

2.文字の入れ替え【離れた文字横書き/縦書き

離れた文字の入れ替え


本則_横書き

【例】
校正記号の入れ替え
※一本線の矢印の方が、シンプルで見やすいです。




本則_縦書き

【例】
校正記号の入れ替え

3.行・文章の入れ替え【隣り合う行・文章横書き/縦書き

隣り合う・文章の入れ替え


本則_横書き

【例】

校正記号の入れ替え




本則_縦書き

【例】

校正記号の入れ替え

4.行・文章の入れ替え離れた行・文章横書き/縦書き

離れた・文章入れ替え


本則_横書き

【例】
校正記号の入れ替え




本則_縦書き

【例】

校正記号の入れ替え 

5.上下左右の入れ替えと注意点

部分的な入れ替え


【例】
入れ替えたい範囲を囲むことで、入れ替え部分が明確になりわかりやすくなります。

校正記号の入れ替え



【注意点】
一番下の注釈を入れ替えたくない場合。
囲む指示だけだと修正する側が見間違って、下の注釈も入れ替えてしまう場合があります。

【例1】
校正記号の入れ替え
 
このような場合、入れ替えしない場所を鉛筆で記入しておくと、修正の間違いも少なくなります。

【例2】
校正記号の入れ替え




部分的な入れ替えのパターン


【例1】
校正記号の入れ替え


【例2】
校正記号の入れ替え


【例3】
校正記号の入れ替え

入れ替えパターンは複数ありますが、【例1】の指示が一番範囲がわかりやすいと思われます。

6.順序の入れ替えでの注意点

※画像は、宝島社 InRed(インレッド)3月号_P.31の一部を引用

作業手順を説明するための画像

この画像は、スタイリングの手順を説明したものです。
(1)水スプレーをしてブラシでとかす。
(2)ドライの仕方。
(3)ワックスの付け方。
(4)全体的にワックスをもみ込む。
校正記号の入れ替え


画像の順序が間違っている場合
1つの赤字だけですむなら何も問題ありません。

校正記号の入れ替え



複数の画像の順序が間違っている場合

下の【例】のように、入れ替えの指示を入れて、さらに入れ替えの指示を入れるというやり方も考えられます。

ここでは、4つの画像の順序だけなので複雑ではありませんが、それ以上になってくると赤字を入れる方も、赤字を読み取る方も大変になってきます。

【例】
校正記号の入れ替え



順序を入れ替える別の指示

【例】
※番号は補足的な指示なので、鉛筆で書くことが望ましいです

校正記号の入れ替え


この例以外にも、入れ替えの指示は、他の指示で代用できることが多いです。入れ替えの指示を多用するよりも、少ない赤字ですむように工夫したほうが、修正する側に対しても親切です。

※校正記号の例文は、青空文庫:谷崎潤一郎の『細雪』の一文を使用させていただきました。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの