校正記号:句読点(句点・読点)と中黒の赤字の入れ方

「句読点」と「中黒」の赤字の入れ方

1:句読点と中黒の基本形

句読点(くとうてん)など文字の小さなものは、目立たせるために赤字や鉛筆で「」の記号を補足します。中黒は全角スペースを表す四角の記号「」を補足します。スラッシュなどと同様です。


赤字で補足


 

鉛筆書きで補足

赤字、鉛筆どちらで補足しても大丈夫ですが、混在するのは避けたほうがよいです。赤字が多く入るようであれば、鉛筆書きのほうがすっきりして見やすくなります。

2:間違えやすい句読点

横組みの文章の場合、句点(くてん)・読点(とうてん)が複数混在することがあります。赤入れの際は、やや大きめに書くようにして違いをはっきりさせます。

句点「  」 ⇔ 「 .
読点「  」 ⇔ 「 ,

特に、ピリオド( . )とカンマ( , )は見間違えやすいので注意が必要です。
カンマの下に払う線は強調して書きます。


3:句読点と中黒の赤字の入れ方

1.赤字で補足

・読点に訂正、中黒を挿入の例


【例】

2.鉛筆書きで補足

・読点に訂正、中黒を挿入の例


【例】

 3.引き出し線を使わない例

・読点に訂正、句点を挿入の例


【例】



※この赤字の入れ方は、行間が狭い場合や赤字や疑問出しが他にある場合では、目立たなくなるので注意が必要です。

1~3の修正結果

3のパターンで間違った指示の入れ方

【例】


赤字を入れるのに鉛筆書きは使用しません。うっかり鉛筆で書かないようにしましょう。

※校正記号の例文は、青空文庫:谷崎潤一郎の『細雪』の一文を使用いたしました。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索