校正記号:イタリック(≒斜体)と立体(=ローマン)

イタリック(≒斜体)と立体(=ローマン)

※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。

1:イタリック体と斜体

「イタリック体」は、「斜体」と同じものと思われがちですが実際には違うものになります。イタリック体は、手書き風の斜めにした専用の文字のことです。日本語にはありません。


校正記号のイタリック ← では、この状態は?

これは正体の文字を単に斜めにしただけのもので、これが「斜体」です。
オブリーク体とも言われます。

ほとんどのソフトで、「 Italic 」の頭文字である「 I 」の文字が、斜体にするボタンになっているので、「斜体=Italic(イタリック)」と混同するのも当然です。

> さらに詳しく知りたい方は、Wikipediaのイタリック体を参照ください

イタリック体と斜体は違うものになりますが、一般的には「イタリック=斜体」が浸透しているので、両者を厳密に使い分ける必要もなく、校正時に特に気にする必要はありせん。

校正をするにあたっては、イタリック体も斜体も同じ意味として、文字を斜めにする指示と覚えておいて支障はないです。

2:イタリック体(≒斜体)の校正記号

イタリック体(≒斜体)にしたい場合


本則
⇒ 修正したい文字に、一重の下線を入れます。


【使用例】


校正記号のイタリック

許容
⇒ 文字で指示すると次のようになります。

校正記号のイタリック
※「イタリック」の略

【使用例】

[1]  校正記号のイタリック



[2]  校正記号のイタリック


[3]  校正記号のイタリック


[4]  校正記号のイタリック


[5]  校正記号のイタリック

3:立体(=ローマン)の校正記号

普通の文字にする


本則
⇒ 修正したい文字の、上部を線で囲みます。


【使用例】

校正記号の立体
※記号を文字の下に付けて指示することも可能ですが、イタリックの指示と見間違う恐れがあるので使用は避けたほうがいいです。

許容
⇒ 文字で指示すると次のようになります。

校正記号の立体

【使用例】

[1] 校正記号の立体


[2] 校正記号の立体


[3] 校正記号の立体


[4] 校正記号の立体


[5] 校正記号の立体

4:イタリック・立体の指示での注意点

イタリックや立体にする指示を入れるとき、校正記号だけで表すと、他の赤字や疑問出しに埋もれてしまい見逃される可能性が高くなります。

そのため、目立たない校正記号の使用は避けるほうが適切です。
線を使って表す校正記号より、次の指示のほうが目立ちます

 校正記号のイタリック or  校正記号の立体

5:イタリック・立体を伝わりやすく変換

校正記号は、修正指示を相手に伝える一つの手段です。相手に意味が伝わらなけば、意味不明な単なる記号でしかありません。

また、誰もが校正記号に詳しいわけではありません。むしろ、校正記号に詳しくない方のほうが圧倒的に多いです。

そのため、「イタリック」と「立体」の指示は、以下のように言い換えればわかりやすくなります。そうすれば、校正記号を全く知らない方、他の業界の方、新人のオペレーターやデザイナー関係なく誰にでも伝わります。

「イタリック体の指示」を変換

 校正記号のイタリック


イタ」と略さず、「イタリック」と正式に表記したほうが伝わりやすくなります。また、前述したように「斜体」でも意味は通じます。
※赤字の後に「にスル」や「ニ(に)」などを付け加えると、より親切な指示になります。

・赤字例

校正記号のイタリック


校正記号のイタリック

「普通の文字にする指示」を変換

 校正記号の立体


ローマン」は意味を知らない人が多いので、なるべく使用は避けたほうがいいです。
付きの」も「立体」と正式に表記したほうが伝わりやすいです。

また、「正体」も「立体」と同じ意味で使われるので、「立体」が通じないようであれば、「正体」にしてもわかりやすいです。※上と同様に、これも赤字の後に「にスル」や「ニ(に)」などを付け加えると、より親切になります。

・赤字例

 校正記号のイタリック


校正記号のイタリック

以上になります。

赤字の入れ方は何通りもありますが、ご自身の制作環境に適したものを選択するのが一番です。その際には、周りの関与者と使用する校正記号を統一しておきましょう。

校正記号一覧 > 使いたい赤字を五十音検索