校正記号の行挿入

行挿入(行追加)のピンポイント解説

行の挿入(行の追加)の指示で、数行分のアキを挿入(追加)したいのであれば、下記の記事を参照ください。
【関連記事】校正記号:1行あけるのピンポイント解説

この記事は、段落内に「一行挿入」「数行分の文を挿入(追加)」するときの校正指示の解説になります。

1.行の挿入(追加)の校正指示[基本形]

行の挿入(追加)をしたい場合

・一行分の文章を挿入する

【例】1行目と2行目の間に一行分の文章を挿入

赤字例
行挿入


結果
行挿入

【補足】
行挿入

両端の丸の部分は、挿入の指示であることを明確に示す記号です。この部分はあってもなくても大丈夫ですが、線だけだと挿入位置を見誤る可能性があるため、入れておく方が無難です。

また、線だけだと「ルビを入れる指示」と同じになります。混同する可能性は非常に低いですが、誌面内の他でルビを入れる赤字が入っているのであれば、区別するために丸の部分は付けておいた方がよいです。

2.赤字を書くスペースがない場合

文字数が多くなると、赤字を書くスペースがないことはよくあります。

赤字を入れたい付近に余白がなく書くスペースがない場合は、「※入ル」として、スペースがある箇所に「」の内容を書きます(極力、近くの余白に書きます)。


赤字例
行挿入


【補足1】

※入ル」を何度も使うなら、「※1入ル」「※2入ル」などとして工夫しましょう。

行挿入

【補足2】

ここで注意しておきたい点は、「※」が注釈文の文頭などにつく「※」の文字と混同されることです。もし、その可能性があるなら、丸付きのAやBなどで代用します。

行挿入

3.行の挿入(追加)の校正指示と注意点

上で説明した校正指示は、意図した仕上がりと異なってくる可能性があります。

1行目と2行目の間に文章を挿入したい場合

行挿入

意図せぬ結果

・三行目が追い込まれてくる
行挿入

このように、次の行が追い込まれるのを防ぐためには「改行の指示」を付け加えます。

・赤字例

行挿入
・文章を一行挿入(追加)したい指示は、この形が相応しいといえます。

さらに、ここで文頭を一字下げにしたい場合

字下げの指示行挿入を使うことも可能ですが、校正記号ばかりで赤字がごちゃごちゃしてわかりづらくなる場合があります。そういうときは、「1字下ゲニ」「文頭1字下ゲル」などの文字で指示をした方がわかりやすいです。

赤字例
行挿入

4.複数行の文章を挿入(追加)する校正指示

複数行の文章を挿入(追加)する場合

基本的には上で説明した赤字の入れ方と同様ですが、注意しておきたいのは「改行位置」です。

(1)改行位置がどこでもいい場合
一行挿入する赤字と同じです。

行挿入

(2)可能であれば、この位置で改行して欲しいという場合
鉛筆で「字送りの指示」を入れます。鉛筆書きは、補足的な意味合いが強い指示になります。この場合、「できればここで収める」といった具合に文字で補足しておく方がよいです。
実際に文字を入れてみたバランスを見て、修正側に改行位置の判断を任せるといったニュアンスの指示になります。

行挿入

(3)絶対に、この位置で改行して欲しいという場合
赤字で「字送りの指示」を入れます。泣き別れて欲しくない文字などがある場合です。この場合は、「ここで改行スル」など、必ず文字でその旨を補足しておく必要があります。

行挿入


【補足】

特に改行位置にこだわりはないが、文章中にどうしても2行にまたがって欲しくない文言があれば、その文字を丸で囲んで「この文字、泣き別れないように」と指示を入れても大丈夫です。
そうすれば、その指定された文字が泣き別れないように、修正側が改行位置を調整してくれます。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの