校正記号の行間をツメルアケル

行間をツメル・アケル(詰める・空ける)

行間とは?

行間は、行と行の間のアキのことです。行送りと混同されがちですが、計測する基準点が違います。

校正記号の行間

行間は、字間と違い基本は適度にアキのある状態が望ましいです。行間にアキがない状態では、可読性が悪くなり文章が読みづらくなります。


行間にアキのある状態

校正のベタ   

行間にアキがない状態

校正のベタ

1.行間をツメル(1行詰める・数行詰める)

行間をツメル指示

⇒行間をツメる場合は「ツメ」の指示を使います。
※「ツメ」の指示だけで、何行分のアキがあっても詰まります。


■ 1行分のアキをツメル
・「ツメ

校正記号の行間


■ 2行分のアキをツメル
・「ツメ

校正記号の行間


【結果】
校正記号の行間

2.行間をアケル(1行あける・数行あける)

行間をアケル指示

⇒行間をアケル場合は「○行アキ」「○行アケル」の指示を使います。「」に空けたい行数を入れます。


■ 1行分のアキを入れる
・「1行アキ」「1行アケル

校正記号の行間


校正記号の行間


【結果】
校正記号の行間

3.行間のアキを調整する

行間のアキを調整する指示

既にあるアキを調整するには「○行アキニ」の指示を使います。「」に空けたい行数を入れます。


■ 2行アキを1行アキにする
・「1行アキニ

校正記号の行間

【結果】
校正記号の行間


■ 3行アキを2行アキにする
・「2行アキニ

校正記号の行間

【結果】
校正記号の行間


他に行をツメル指示としては、「〇行ツメ」があります。
・「1行ツメ

校正記号の行間

この指示は、1行分ツメルという指示になります。「2行ツメ」なら、2行分ツメルという意味になります。ただ、この「○行ツメ」の指示よりも、修正結果を伝える「〇行アキニ」の方が明確でわかりやすいです。

4.行間の不揃いを正す

行間の不揃いを正す場合

⇒ツメル場合も、アケル場合も「行間正シク」を使います。


■ 行間の不揃いを正す

校正記号の行間


【結果】
校正記号の行間

まとめ

・行間をツメル
 ⇒ ツメ

・行間をアケル
 ⇒ ○行アキ ○行アケル

・行間のアキを調整する
 ⇒ ○行アキニ

・行間の不揃いを正す
 ⇒ 行間正シク


※文章中の校正記号は『JIS Z 8208:2007(印刷校正記号)』を参考にしています。
※一部例文は、Wikipedia「スヌーピー」から引用。


校正記号一覧 こちら

【関連記事】
 ≫ 校正の基礎から勉強:クイズで学ぶ校正記号‼
 ≫ 校正記号:よく使う基本的なもの